ステランティスの正規ディーラー59店舗でEV充電サービス「エネオス・チャージプラス」が利用可能に

ステランティスジャパンはこのほど、ENEOSが11月21日よりサービスを開始するEV経路充電における急速充電サービス「エネオス・チャージプラス」を、2022年度中にステランティスジャパンの正規ディーラー59店舗にて提供開始すると発表した。

クレジットカード、WAON、nanacoなどで決済可能

ステランティスジャパンはこのほど、ENEOSが11月21日よりサービスを開始するEV経路充電(※)における急速充電サービス「エネオス・チャージプラス」を、2022年度中にステランティスジャパンの正規ディーラー59店舗にて提供開始すると発表した。
※目的地に到着するまでに足りない分を充電すること

このたびサービスが始まった会員制充電サービスの「エネオス・チャージプラス」は、基本料金が無料で、クレジットカード、WAON、nanacoなどから決済手段が選択できる。また、2023年2月からはEneKey決済も利用可能になる。

11月21日からは2カ所(※)のサービスステーション(SS)に急速充電器を設置。ENEOSでは、2022年度中の約170基の急速充電器設置を皮切りに、全国1万2000カ所超のSSネットワークを活かしてEV急速充電器の設置拡大に取り組む。さらにはSSだけでなく、ステランティスジャパンの正規ディーラー、商業施設、コンビニエンスストア等への設置も積極的に展開する予定だ。
※埼玉県さいたま市岩槻区の「浦和美園SS」と東京都日野市の「Dr.Driveセルフ日野店」

エネオスチャージプラス」のスポット検索

ステランティスジャパンでは2022年、新たにPHEVとBEVのモデルをプジョー、シトロエン、DSオートモビル、フィアット、ジープの各ブランドで導入し、電動車としてのラインナップが揃いつつある。今後、同社は電動モビリティの分野でリーダーシップをとることを目指し、積極的に電動化戦略を推進する方針で、様々なモビリティを投入していく予定だ。

著者プロフィール

MotorFan編集部 近影

MotorFan編集部