日産のフルサイズSUV「アルマダ」2023年モデルがAmazonアレクサをはじめコネクト装備を充実して登場!5.8リッターV8エンジンによる強力なパワートルクにも注目!

「アルマダ」は、日産が米国向けに展開しているフルサイズSUVだ。2003年に発売された初代モデルが2016年にモデルチェンジし、現行モデルで2代目。長年に渡ってアメリカ住まいの家族を支えている。2021年モデルではエクステリア/インテリアのデザインを一新し、スタイリッシュになって再登場した。そして、今回の2023年モデルでは搭載システムにAmazon Alexa(アマゾン・アレクサ)を新搭載!優れたコネクテッドサービスに加え、パワーを好むアメリカ市場にうってつけの5.8リッターV8エンジンを搭載して50,800ドル(≒705万円)から販売される。

日産の米国向けSUVアルマダは、2021年にエクステリア/インテリアのリフレッシュを行っており、2023年モデルでは「SV」、「SL」、「プラチナム」グレードに、Amazon Alexa Build-in(アマゾン・アレクサ・ビルドイン)が導入され、車両オーナーの快適な生活と円滑な情報提供をサポートする。車両搭載のソフトウェアにアレクサが導入されたことで、音声コマンドだけで音楽の再生、電話の発信、スマートホーム機器の制御などを行うことができる。また、2023型アルマダは、リモートエンジンスタート、LEDフロントフォグランプ、ユニバーサルガレージドアオープナー付きオートディミングリアビューミラーを標準装備。「SL」グレードには、ステアリングヒーターが標準装備されている。

インテリアには、クラス最大となる12.3インチタッチスクリーンを装備。ワイヤレスのApple CarPlay/Android Autoに加え、ワイヤレス充電ポートにも対応しコネクテッドサービスが充実している。安全装備には、全グレードに「Nissanセーフティシールド360」とクラス唯一となる前方衝突アラートが標準装備されている。

グレードは「S」、「SV」、「SL」、「プラチナム」の4トリムレベルが展開。パワートレインには、最高出力400ps、最大トルク559Nmを発揮する強力な5.8リッターV8エンジンを搭載。後輪駆動と先進的なオート4WDシステムが展開され、フルサイズSUVに求められるパワートルクを存分に発揮する。

著者プロフィール

MotorFan編集部 近影

MotorFan編集部