カスタムトレンドの文化を創り続けたニューズ! ブランドの魅力と歴史を知れば、カスタムの奥深さもきっとわかる!(6)

トップブランドとの企業形態の垣根を超えた画期的なブレイクスルー! 〜ニューズ×アルパイン=アルパインスタイル編〜 誕生から28年、生粋の提案型ブランド「ニューズ」とカスタムの歩みをプレイバック【NEW’S HISTORY 】

ハリアー(80系)
日本発のワゴン車専門カー用品店としてスタートしたニューズ。その歴史は、ワゴン・SUVカスタムの歴史といっても過言ではない。カスタム文化を創り続けたニューズとカスタムトレンドの歴史を振り返る。

カーAV“アルパイン”との協業、コンプリートカーを軸とした新たな挑戦

▶▶▶NEW’S HISTORYまとめはこちら

カスタム&ドレスアップの分野において数々の実績を築き上げたニューズと、カーAVのトップブランド、アルパインとの合同プロジェクトとしてスタートしたアルパインスタイル。

この企業形態の垣根を超えた画期的なブレイクスルーとも言える試みはたちまち話題を集め、2017年の東京オートサロン会場、北館エリアで行われたプレゼンテーションの場には自動車専門誌の他、経済関連媒体のプレスの姿も多く見受けられた。

モノトーンで統一されたブースではヴェルファイア、ハリアー、ヴェゼル、CX-3など4台ものコンプリートカーが一挙にデビュー。薄型ダクトがアクセントとなったハーフタイプのエアロパーツやBIG-Xを核とした車種専用のオーディオシステム、上質なインテリアなど、オーナーの所有満足度をくすぐる個性豊かなアイテム構成はスポーツ、スパルタン、シャープ、シンプル、スマートという「5Sコンセプト」に基づいたもの。

ファッション指向だけに留まらず、翌年からは、セーフティを意味する6番目の「S」として、コーナーカメラなど安全装備への追求も加わった。

さらに注目されたのが、その販売方法。購入後のアフターフォローやアルパインスタイルとしてのクオリティを厳格に維持すべく、取り扱いは認定オーソライズドディーラーに限定。

1号店として選ばれたのは、ニューズカスタムモール内の「アルパインスタイル福岡R3」。以後、横浜、大阪、名古屋と全国で4店舗が展開中。2022年1月には埼玉へも出店する。

互いをリスペクトし、得意とするフィールドにおけるパフォーマンスを存分に発揮させながらも、改善が必要とされる課題には両者が協力態勢で臨むことで解決への道筋を模索。

業態、地域など旧来のセオリーを度外視した両者による大胆な取り組みは、極めて理想的なシナジーをもたらしている。

内外装+AVの理想的コンプリートカー

2017年4月 NEW’S内にALPINE STYLE第1号店

[スタイルワゴン・ドレスアップナビ編集部]

著者プロフィール

stylewagon 近影

stylewagon