ただいま使えるキャンプギアを選別中!? キャンプビギナーが、買って満足したアイテムは?

買って良かった! 買って失敗!? キャンプギア、初心者が実際に使ってみたリアルレビュー【愛車と一緒に! #キャンプライフのはじめ方】

TC素材だから、前室の近くでたき火もできる。もう少し経験を積み、秘密基地のようなレイアウトを組めるようになりたい!
実際に使ってみないと、本当に必要なのか分からないこともあるキャンプギア。キャンプ歴半年のビギナーが、実際に使ってみて良かったキャンプギアをご紹介します。

【テント】

①ドーム型+ヘキサタープ
ドームテント、ヘキサタープ、追加の長いポール、この3つで約1万5000円。ソロでは充分快適なレイアウトでコストパフォーマンスも良い組み合わせ。たき火がタープ内でできないものの、過ごしやすいスペースを構築できる。「愛車でキャンプ」というテーマだったので、このカラーコーディネイトはかなりお気に入り。

▶▶▶愛車と一緒に! キャンプライフのはじめ方まとめはこちら

②前室が大きいティピーテント
何度かドームテントとタープで過ごした結果、ソロでタープの設営がかなり手間になってきてしまい、さらにキャンプといえばやはりとんがりテントが定番かなと思い始めたところで、ティピーテントを購入。さすがに愛車の色と合うような鮮やかなブルー系の設定がなかったのでそこは断念。冬キャン想定で、ゆくゆくは薪ストーブの使用、さらには大きめの前室が作れること、などを考慮して、少し値ははるがTC素材を選択した。●フィールドア・フォークテント280プラスT/C 2万3100円(楽天)

1 / 4

「買って良かった! 買って失敗!? キャンプギア、初心者が実際に使ってみたリアルレビュー【愛車と一緒に! #キャンプライフのはじめ方】」の1枚めの画像
このテントは最近話題の二股ポールが標準仕様なので、中央にポールがなく280×280cmのスペースを無駄なく使える。今回は使用しなかったが、インナーテントも標準で付属している。大人ふたりでも寝ることができる。

2 / 4

「買って良かった! 買って失敗!? キャンプギア、初心者が実際に使ってみたリアルレビュー【愛車と一緒に! #キャンプライフのはじめ方】」の2枚めの画像
ティピーテントの場合グランドシートを使わないケースも多いが、お座敷スタイルも楽しみたいので、270×270cmのシートも購入(2480円)。

3 / 4

「買って良かった! 買って失敗!? キャンプギア、初心者が実際に使ってみたリアルレビュー【愛車と一緒に! #キャンプライフのはじめ方】」の3枚めの画像
このテントの特徴でもある二股ポール。幕内のスペースを有効活用できるのでおすすめ。グランドシートの上には、コーナンで購入した200×200cmのラグマット(特価で3000円)を敷いて土禁仕様。

4 / 4

「買って良かった! 買って失敗!? キャンプギア、初心者が実際に使ってみたリアルレビュー【愛車と一緒に! #キャンプライフのはじめ方】」の4枚めの画像
TC素材だから、前室の近くでたき火もできる。もう少し経験を積み、秘密基地のようなレイアウトを組めるようになりたい!

【クッカーセット】

【スキレット】

【マグカップ】

【シェラカップ】

【たきび台】

【テーブル&チェア】

【クーラーボックス】

【ガスコンロ】

【寝床】

【ナイフ】

【ハンギングラック】

【メスティン】

キャンプ初心者も安心なOcean’s Camp TORAMII(オーシャンズキャンプトラミ)

千葉県の九十九里浜沿いにあるオーシャンズキャンプトラミ。南国の雰囲気漂う敷地内には充実の設備で家族や仲間で楽しめるキャンプ場だ。最悪道具がほとんど無くても、レンタル用品なども充実していて、宿泊はグランピングで、という使い方もできる。これからのシーズンは、海風も爽やかにうけながら、楽しいアウトドアライフを過ごせるハズ。九十九里浜もすぐそこなので、海にBBQにイロイロ楽しめる!

1 / 5

「買って良かった! 買って失敗!? キャンプギア、初心者が実際に使ってみたリアルレビュー【愛車と一緒に! #キャンプライフのはじめ方】」の1枚めの画像
1区画20m四方スペースの広いキャンプフィールド。サイト内にクルマ2台が駐車可能で、2家族、3家族でも充分楽しめる。サイトごとに専用トイレが設置されているのもポイント。ソロで使うと持て余す広さ(笑)。価格は高めだけど複数人で割り勘して使えば、意外とお得に楽しめる。

2 / 5

「買って良かった! 買って失敗!? キャンプギア、初心者が実際に使ってみたリアルレビュー【愛車と一緒に! #キャンプライフのはじめ方】」の2枚めの画像
ノルディスクの幕内に高級ダブルベッド、冷蔵庫などを完備したミニグランピングエリア。テントや寝る道具がなくてもキャンプを楽しめる。ビギナーはもちろん、子供連れ家族などにもおすすめ。空いているスペースに駐車(最大2台)できるし持ち込みテントの設営もOKだ。

3 / 5

「買って良かった! 買って失敗!? キャンプギア、初心者が実際に使ってみたリアルレビュー【愛車と一緒に! #キャンプライフのはじめ方】」の3枚めの画像
最大20名までで収容できるグランピングエリア。ちょっと離れになっていてプライベートパーティなどにも最適。ノルディスクのテントの他、ドームテントも完備。専用のトイレはもちろん、温水シャワーやシンク、キッチンコンテナなども完備。極論だが、食材だけ持ち込んでも充分楽しめる

4 / 5

「買って良かった! 買って失敗!? キャンプギア、初心者が実際に使ってみたリアルレビュー【愛車と一緒に! #キャンプライフのはじめ方】」の4枚めの画像
天気が良ければ満点の星空をおがめる。都内から約1時間半で来れちゃうアクセスの良さもポイント。

5 / 5

「買って良かった! 買って失敗!? キャンプギア、初心者が実際に使ってみたリアルレビュー【愛車と一緒に! #キャンプライフのはじめ方】」の5枚めの画像
敷地内には売店も完備。キャンプ用品のレンタルやレンタルサイクリングもOK。

PRICE
キャンプフィールド(1区画) 1万6500円~(※1万1000円~)
ミニグランピング(定員8名) 3万3000円~
グランピング(最大20名) 5万5000円~
※レギュラーシーズン(11月~2月)

オーシャンズキャンプ・トラミ
■住所 千葉県長生郡一宮町一宮100-1
■電話 050-3550-1129
https://toramii.jp/camp-toramii/

※記載の価格は購入時のものとなります。

▶▶▶愛車と一緒に! キャンプライフのはじめ方まとめはこちら

[スタイルワゴン・ドレスアップナビ編集部]

著者プロフィール

stylewagon 近影

stylewagon