魅せる、乗る、寝る、三拍子揃ったギブソンのエブリイは、アウトドア遊びの理想形です!

アレ? カマロ!? ギブソンのエブリイMAX、見た目も使い勝手も最高。レトロな装いで車中泊旅へ出かけよう!| #軽バンこそ最強です!

【アウトドア遊びのベース基地、 #軽バンこそ最強です! #003】
今や空前のアウトドアブーム。休日になればオートキャンプ場は各地から訪れるキャンパーでにぎわい、自然がある場所には必ずオフロード車を見かけるようになった。クルマのカスタマイズにおいても、大自然が絵になるオフロード仕様が大ブーム。本格派四駆だけに限らず他の車種にも波及し、軽バン界でも盛り上がっている。車内が広く、大量の荷物を積めて車中泊も楽しめる軽バン。さらにカスタマイズで快適なアウトドアライフを楽しもう。

往年のカマロ風スタイリングと上質な室内、就寝空間を全部載せ!【GIBSON/ギブソン】

アウトドア遊びのベース基地、軽バンこそ最強です!まとめはこちら

いよいよ到来の本格的なアウトドアシーズン。軽バンはそのボディ形状から、手軽かつ快適に乗れるプチキャンパーや車中泊車のベースとしても最適なだけに、これからのシーズンを心待ちにしていた人も少なくないハズだ。

けれどもキャンプに、外遊びに出かけるのなら、アウトドアブームの今なら当然、人に見られる機会も多いワケで。せっかくなら出かけた先のベース地点で、オッと振り返られるようなオシャレで映え度の高いスタイルにもこだわるべきだ。

そこでオススメしたいのがギブソンの新しいフェイスキット、エブリイMAX。実はこれ、初代シボレー・カマロの1969年型、通称69カマロのフェイスデザインをオマージュしたキット。ギブソンの小西代表が「自分が乗りたいと思っているクルマだけど、今では手が出ないほどに高額。だったらそのスタイルを、エブリイで再現してみよう」とこだわりと情熱を詰め込んで製作されたものなのだ。

ロングノーズなボディにバルジを添えたボンネット、フィンが刻まれたグリルに丸目のヘッドライト、限りなく薄く細くデザインされたヘッドライトベゼルなどその再現度はバツグンにハイレベルだ。

1969年と言えばアメ車が元気いっぱいだった時代で、その往年の雰囲気や世界観、懐かしさをガッツリと堪能できるのがこのキットの魅力。こんな旧車ちっくなエブリイがキャンプ地に颯爽と現われたら、注目の的になること必至だ。

ラフに使えてワイルドさも薫る、高級だけどアウトドア系なシートカバー、就寝できるルーフテントと、ぜひ合わせて。

1 / 3

「アレ? カマロ!? ギブソンのエブリイMAX、見た目も使い勝手も最高。レトロな装いで車中泊旅へ出かけよう!| #軽バンこそ最強です!」の1枚めの画像
ロングノーズのボディにフィンを刻んだグリル、丸目ヘッドを組み合わせたアメリカンな出で立ち。ボンネットバルジも迫力満点。

2 / 3

「アレ? カマロ!? ギブソンのエブリイMAX、見た目も使い勝手も最高。レトロな装いで車中泊旅へ出かけよう!| #軽バンこそ最強です!」の2枚めの画像

3 / 3

「アレ? カマロ!? ギブソンのエブリイMAX、見た目も使い勝手も最高。レトロな装いで車中泊旅へ出かけよう!| #軽バンこそ最強です!」の3枚めの画像
タフさを盛り上げるサイドバーもラインアップ。40㎜のリフトアップキットも設定されており、アウトドアな装いも満喫可。

Specification
エブリイMAXフェイスキット 33万円
(フロントバンパー、フロントフェンダー、ボンネット、ヘッドライト、ウインカー、グリル)
MAXバンパーガード&スキッドプレート 4万4000円
スキッドプレート(ステンレス製) 2万7500円
サイドバー(ブラック) 6万6000円
40㎜リフトアップブロックキット 4万1800円

高級感とヴィンテージ感とを絶妙に融合したインテリア

ギブソンの大人気シートカバー、グラファムからクオリティとラグジュアリーテイストを受け継ぎつつ、アウトドアでもラフに使えてワイルドさも薫る仕様へと仕立て上げたのがこのグラヴィス。シンプルでレトロな縦ストライプデザインに、アンティーク感が薫るオールド系レザーを組み合わせたのが特徴で、立体的なパイピング、艶やかな質感を味わえるのが魅力的。カラーはブラック、ブラウンの2色。フィッティングの良さもハイレベル。

1 / 3

「アレ? カマロ!? ギブソンのエブリイMAX、見た目も使い勝手も最高。レトロな装いで車中泊旅へ出かけよう!| #軽バンこそ最強です!」の1枚めの画像
ダッシュボードマットは紫外線からパネルを保護するのにも効果的。カラーはブラックとブラウンの2色が設定される。

2 / 3

「アレ? カマロ!? ギブソンのエブリイMAX、見た目も使い勝手も最高。レトロな装いで車中泊旅へ出かけよう!| #軽バンこそ最強です!」の2枚めの画像
シートカバーだけでなく、それと質感、デザインを合わせたサブアイテムも豊富にそろう。サンバイザーカバーも設定あり。

3 / 3

「アレ? カマロ!? ギブソンのエブリイMAX、見た目も使い勝手も最高。レトロな装いで車中泊旅へ出かけよう!| #軽バンこそ最強です!」の3枚めの画像
こちらはエブリイバン用のグラヴィス。シンプルながらも手の込んだ縦ストライプデザインがヴィンテージ感たっぷりだ。

Specification
グラヴィスシートカバー(前後セット) 6万3800円
グラヴィスシートカバー(フロント用) 3万5200円
グラヴィスシートカバー(リア用) 3万3000円
グラヴィスリアハイバックカバー 2万7500円
グラヴィスネックパッド(1個) 7480円
グラヴィスサンバイザー 1万1000円
グラヴィスダッシュボードマット 1万6500円
グラヴィスベッドキット 20万9000円

外遊びがもっと快適&楽しくなるルーフテント

外遊びを満喫するために荷物スペースはたっぷりと確保しておきたい、家族で出かけるからエブリイの車内空間だけではちょっと手狭…そんな悩みを解消してくれるのが、このグラヴィスルーフテント。ルーフキャリアやラックを載せる3~4本のバーを持つベースがあれば積載可能で、広々ゆったりな車中泊旅を楽しめる必須なアイテム。一般的なルーフテントは海外製が多く40万円台が相場。しかしこれは国産で27万5000円と超良心的だ。

Specification
グラヴィスルーフテント 27万5000円

アウトドア遊びのベース基地、軽バンこそ最強です!まとめはこちら

[スタイルワゴン・ドレスアップナビ編集部]

著者プロフィール

stylewagon 近影

stylewagon