【NISSAN・新型C28セレナ試乗CHECK 内装編】メーターパネルのフードがなくなり前方視界が良好に! 新型セレナの内装は、より快適にアップデートされていた!

新型日産セレナ、最上級グレード「ルキシオン」の7人乗りは、後席がキャプテンシート! 超ロングスライドでだけでなく、横スライドも可能!|新車レビュー|試乗インプレッション

Mクラスミニバン最後の刺客として、大本命の日産セレナがフルモデルチェンジされた。ミニバン初となる「プロパイロット2.0」を標準装備するなど、話題満載! そんな新型セレナを様々な角度からチェックしていきます!

3列目シートの前後スライドはクラス唯一!

内装はインパネの変化が最も大きい。フードレスのメーターパネルにより前方視界がさらに向上し、センターディスプレイと連続感のある意匠が先進性を演出する。さらに、ピアノブラック調加飾が際立つセンタークラスターに、シフトバイワイヤ化による電制シフトを配置。シフトはスイッチを押すだけなので、迷わず容易に操作できる。

1列目と2列目には、新ゼログラビティシートを備え、腰をしっかり支えることで適度なホールド性を確保し、頭の揺れも抑制する。さらに、2列目からの前方視界を広げ、天井のリアモニターの見え方も工夫したことで酔いにくさを実現した。また、シート配列では「ルキシオン」をのぞき、e-POWERの8人乗り化を達成している。 

7人乗りのシートレイアウト

実用性の高いシートアレンジ

新型セレナ試乗CHECK まとめはこちら

[スタイルワゴン・ドレスアップナビ編集部]

著者プロフィール

stylewagon 近影

stylewagon