アウディ、150kWの急速充電ネットワークを年内で102店舗に拡大し2023年をAudi急速充電ネットワーク拡充の年に

新型アウディQ4とアウディブランド・ディレクター マティアス・シェーパース氏
アウディ ジャパンは年頭記者会見「Audi New Year Press Conference 2023」を東京都内で開催し2022年度の業績を振り返るとともに、2023年度に更なる急速充電ネットワークの拡充を主軸とした電動化戦略に注力することを発表した。アウディは、欧州以外で世界初となる「アウディ・チャージング・ハブ」を東京に設置する計画を示し、2023年内で150kWによる急速充電スポットを国内102店舗に拡大することを併せて発表している。

充電ネットワーク環境の拡大

電動化を進めるための重要な環境作り:
2022年度、アウディジャパンは、社内に部署や役職にとらわれないクロスファンクションチームを発足し、ディーラーとの更なる連携強化、そして、社内における意識改革を進めてきた。その結果として、アウディe-tron店に150kW急速充電器を2022年度内に52基設置、セールススタッフが電気自動車販売に必要な知識を身に着けることを目的とする「e-tron資格認定制度」の導入、そして持続可能な社会の実現の重要性について、一人ひとりが考えるきっかけの場を作ることを目的とする「Audi Sustainable Future Tour」の開催などの、日本におけるe-tron戦略は着実に遂行されてきている。また、フォルクスワーゲン ジャパン、ポルシェジャパンと展開する急速充電ネットワーク「プレミアム チャージング アライアンス」により、ドイツ輸入車3ブランド総合計約210拠点222基の90-150kW急速充電器を段階的に使用可能とすることで、3ブランドのオーナーの利便性が高まる日本最大級の急速充電ネットワークが構築された。

アウディ Q4 e-tron の市場導入に成功

アウディの電気自動車e-tronファミリー初のプレミアムコンパクトSUVとなったQ4 e-tronの市場導入を成功させるために、発売前の半年間に全国アウディ販売店ディーラーで特別プレビューイベント「Audi Q4 e-tron Roadshow」が開催された。昨年1月の発表より、顧客からの電気自動車に対する質問に答え不安を解消することにより、発売前に2,000台以上の受注獲得という大きな成果を挙げた。

急速充電ネットワークの更なる拡大

昨年2022年の年頭記者会見で、アウディジャパンは急速充電ネットワークの独自拡大により推進する電動化戦略を発表した。そこで発表された全国に52か所52基の150kWの急速充電器を設置を行う計画は、予定通り昨年度内に完了している。これにより築いた充電ネットワークの基礎を更に強化すべく、2023年は全国のアウディe-tron店に既に設置されている50基の50kW-90kW急速充電器を150kW急速充電器に置き換え、150kW急速充電器を全国合計で102基にすることで急速充電ネットワークを更に拡大するとしている。

また、本日の年頭会見では、ドイツ・ニュルンベルク、スイス・チューリッヒに設置されているアウディの都市型充電コンセプトであるアウディ・チャージング・ハブを、欧州以外で世界初となる東京に設置する計画を発表した。これにより、主に自宅で充電できない都市部に居住のオーナーに対しても利便性を大きく広げ、新たなライフスタイルの提供を実現する。

左:パワーエックス社 CEO 伊藤 正裕氏
右:アウディブランド ディレクター マティアス・シェーパース氏

著者プロフィール

Motor Fan illustrated編集部 近影

Motor Fan illustrated編集部