トヨタ紡織が開発したシート、内装品などが、新型トヨタ・プリウスで採用

トヨタ紡織は、同社が開発するシート、内装品などが昨年11月にワールドプレミアされた新型プリウスに採用されていることを発表した。

新型プリウスに採用されるスポーティーシート

乗り心地性能をさらに向上し※1、肩をそぎ落したシンプルな形状のエントリーシートに加えて、スポーティーシートが新たに開発され、採用されている。新型プリウスの低車高スタイルでスポーティーな車両コンセプトを実現するために、フレーム構造を変更。低ヒップポイント(現行比-30mm)のシートとなっている。
※1 深吊り構造やクッションサイドのフラット化によりクッション性、フィット感を向上

スポーティシートは、ショルダー部を張り出し、スリムなシルエットのシート形状にすることでスポーティーなキャラクターが表現されている。ショルダー部には光輝剤入りの表皮材で、ライン状の新たな加飾(通称:ステップライン)があしらわれている。これを、ライン状にあしらうことでシャープで先進的なイメージが表現され、窓越しにも目を引くアクセントとして映えるように設計・デザインされている。
※2 上級ファブリック:「G」、合成皮革:「Z」 グレードに搭載

新型プリウスに採用される内装品

ドアトリムのアッパー部に表皮を貼り合わせるために使用する接着剤において、新たに環境に優しい有機溶剤を含まない接着剤が採用されている。この接着剤の採用は、トヨタ車初となる。また、接着剤の材質をドアトリムの構成材料と統一することにより、従来はリサイクルできずに廃棄処理されていたアッパー部のマテリアルリサイクルが可能となり、サーキュラーエコノミー(材料を循環して利用)に貢献している。

その他、トヨタ紡織の製造するキャビンエアフィルター、オイルフィルター、エアクリーナー、モーターコアなどが、新型プリウスに採用されている。

著者プロフィール

Motor Fan illustrated編集部 近影

Motor Fan illustrated編集部