「戸田レーシングのF20Cコンプリートエンジンが凄まじすぎる!」S2000乗り必見のレーシングスペック

中古エンジンベースの製作にも対応

NAハイメカチューンエンジンを堪能せよ!

レースシーンで鍛え上げられた高性能チューニングパーツを開発・販売する“戸田レーシング”から、F20Cエンジンベースのコンプリートユニット「F20C/2350仕様コンプリートエンジン」が発売された。

腰下には同社のハイコンプ鍛造ピストン(87φor87.5φ)とI断面コンロッド、そして99mmストロークのクランクシャフトからなる2350キットを組み込んでスープアップ。もちろん、組み付けにはこれまで戸田レーシングで培ってきたノウハウがふんだんに盛り込まれ、各部の寸法&重量合わせやクリアランス管理などがシビアに行われる。

一方、ヘッド周りはポート研磨や燃焼室加工などくまなく手が加えられ、A2タイプのハイカムで高回転域のパワー追従性を向上。さらにビッグバルブ化した上で、レース用のシートカットも施すことで排気量アップの恩恵を最大限まで引き出す策が講じられているのだ。

ターゲット出力は補機類の構成で大きく変わるものの、エンジン自体のポテンシャルはノーマルから約40ps&4kgmのエクストラパワーを約束。レブリミットは8000rpm、圧縮比は12.3:1を基準に変更可能とのことだ。

気になるプライスは新品エンジンベースが253万円、中古エンジンベース(持ち込み)が192万5000円となる。

無論、簡単に手が届く金額ではない。しかし、この時代にF20Cエンジンチューンの最強スペックが誕生し、それが一般販売されるというのは、実に夢のある話だと思う。「いつかはあのエンジンを…」と、妄想するだけでも胸が高まるというものだ。

●問い合わせ:戸田レーシング 岡山県小田郡矢掛町中640-1 TEL:0866-83-1202

【関連リンク】
戸田レーシング
https://www.toda-racing.co.jp/index.html

著者プロフィール

weboption 近影

weboption