MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2017/04/26
  • モト・チャンプ編集部

新型レブル250に乗ると、もっとバイクが好きになる!

想像以上の一体感。その進化を味わう!

このエントリーをはてなブックマークに追加
PHOTO:渡辺昌彦
生産終了から19年、レブルがフルモデルチェンジして復活した。その魅力は秀逸なデザインだけでなく、乗ってみて驚く一体感。クルーザーらしい安定感と、ヒラヒラと走れる軽快さを併せ持ち、誰もが背伸びしないで楽しめる扱いやすさがあふれていた。

1986年の初代登場以来、ロー&ロングな生粋のアメリカンスタイルで世の中に「ファンキーな兄ちゃん」を大量発生させたレブル。国内仕様は1998年に排ガス規制の影響により生産終了となってしまったが、北米での人気は続き、なんと2016年までそのまま継続販売されてきた驚きのモデルだ。

そんなレブルが31年ぶりとなるフルモデルチェンジを迎えた。

そのコンセプトは初代から続く「いつでも気軽に楽しめるちょうど良さ」。つまり、レブル本来の良さを踏襲しつつ、モダナイズされたのが新型というわけだ。

実車を目の前にしてまず驚くのが洗練されたスタイリングだろう。「SIMPLE」「RAW(未加工の素材)」というデザインコンセプトを象徴する美しい造形のタンクを、セクシーにくびれたナロースタイルのトラスフレームが支え、ファットな16インチの前後タイヤが迫力を演出。

さらにスイングアームにはφ45mmの丸パイプを採用するなど、「ここまでやるか」とついニンマリしてしまうほどディテールは凝りに凝っている。クルーザーらしい優雅さと、どことなく薫るスポーティさ。「カッコイイ」だけでなく、「これで走りたい」と思わせる親しみやすさが新型レブルにはある。

そしてそのイメージは跨った瞬間に確信へと変わる。690mmと低く設定されたシート高と絞り込まれたボディ形状により、足着き性が良いのは想像通りだが、スッと伸ばした手の先にハンドルがあり、自然な足さばきのところにステップがくる。

気軽さを追求したというディメンションによる心地良い一体感を生んでいる。キャスター角がどうとか、フォーク角がどうとか、細かいことはさておき、とにかく「しっくり」とくるのだ(ちなみに筆者は、身長175cm、イケメン)。これなら、久しぶりにバイクに乗るようなリターンライダーでも気兼ねなく楽しめるだろう。

セルが回りエンジンを始動する。期待通りの鼓動が心地よく体に響く。エンジンはCBR250Rをベースとする単気筒249㏄だが、インジェクションのセッティングを最適化することで、クルーザーらしい低回転域での力強さを際立たせている。

ゆっくりとアクセルを開けていくとトルクフルに加速。そこから気持ち良くエンジンが回り、スピードが乗っていく。トルクによる扱いやすさだけでなく、ガバっと開けていけばスポーティさが顔をのぞかせる。

また、ハンドリングが軽快で見た目以上にヒラヒラと走ることができるのも特筆したいポイントだ。しなやか足周りはファットタイヤの恩恵もあり、乗り心地がすこぶる良い。走りの爽快さは想像を遥かに超えていた。

さて、そのままでも十分過ぎる魅力を持つレブルだが、タンデムシートやリヤフェンダーを簡単に取り外すことができ、カスタムへの適応力が高められているのも見逃せない。自分色に染め上げて楽しむことも容易にできるのだ。

編集部のお気に入りはレモンアイスイエロー。このカラーをカッコ良く乗りこなせる男になりたい!

美しいスタイリングと、一体となって走る気持ち良さを携えストリートに帰ってきたレブル。ついつい色々と書きすぎてしまったが、「バイクってカッコイイ、そしてキモチイイ」そんな単純明快な魅力が凝縮されている。その魅力をぜひ体感してみてほしい。きっと、もっとバイクが好きになる!

自動車業界の最新情報をお届けします!


自動車業界 特選求人情報|MotorFanTechキャリア

自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
ドライブピニオンベアリング
ドライブピニオンをデフキャリアに回転支持する2個のベアリングのことを指す。ドラ...
振動減衰
摩擦や粘性などの抵抗力により、失われる振動のエネルギー消費のこと。純粋にばね...
電動チルトテレスコピックステアリング
スイッチを押すだけで、モーターによってステアリングコラムを上下(チルト)および...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る