MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2019/01/27
  • 青木タカオ

原付免許で乗れるのか……? ハーレーダビッドソンの電動バイク界隈がなんだか楽しげな予感。

ミニマムなセグメントにビッグバイクの代名詞ハーレーダビッドソンが切り込む!!

このエントリーをはてなブックマークに追加
CESで発表された電動コンセプトバイク「ENGINEERED FOR THE CITY」。
ハーレーダビッドソンがラインナップ拡大のために、電動モデルにも積極的な姿勢を示しています。今秋、全米で同社初の電動モーターサイクル「LiveWire」を2万9799USドル(約326万円)で発売するばかりか、ネバダ州ラスべガスにて2019年1月8~11日(米国時間)に開催された世界最大級の家電見本市「コンシューマー・エレクトロニクス・ショー(ConsumerElectronicsShow,CES)」では、新たに2つのコンセプトモデルを発表しました。

REPORT●青木タカオ(AOKI Takao)

 これまでも電動モデルのスケッチを公開しており、同社のeモビリティへのあふれんばかりの意欲を感じずにはいられません。ジャンルレスで既存のセグメントにはこだわっていないことがわかります。

今後10年で100機種のニューモデルをリリース!

CESにて全米での発売が発表された「LIVEWIRE」。日本導入未定。

 2018年7月に発表したハーレーダビッドソンの中期経営計画「More Roads to Harley-Davidson」では、これまでのような大排気量クルーザーやツアラーばかりではなく、総合的なラインナップを構築していく方針を明かしました。なんと今後10年間に、100機種ものニューモデルを投入するというから驚きです。

 エレクトリック・ロードスポーツ「LiveWire」の他にも、新たな電動バイクが登場するのは想像に容易く、可能性は無限大と言えるでしょう。ドイツは2030年までに、イギリスやフランスも2040年にはガソリンエンジン車の販売を禁止する方針を打ち出し、モーターサイクルもまた四輪車同様の道を辿っていくはずですからバイクメーカーとしてはEVの開発は避けては通れません。

2020年に登場予定のアドベンチャーツーリング「Pan America 1250」は、水冷60度Vツインを心臓部に持つ。画像はプロトタイプモデルです。

 もちろん現状、EVへの急な転換はいろいろと課題が残り難しいでしょうし、ハーレーダビッドソンの主軸はなんと言ってもビッグクルーザーです。これまで通り大排気量Vツインエンジンを積むツーリングモデルやスポーツクルーザーがメインとなるのは、しばらく変わらないはずです。

 500〜1250ccの中排気量クラスも充実していくと明かし、アドベンチャーモデルの「Pan America 1250」をはじめ、975ccのストリートファイターや1250ccのカスタムモデルを2020年以降に順次市場へ導入。成長著しいアジア市場に向けては、250〜500ccの小排気量モデルを開発していることも発表しました。販売網を拡大し、インドやアセアンにブランドを浸透させていく方針です。

2020年にデビュー予定の975cc水冷Vツイン搭載の新ストリートファイターモデル。画像はプロトタイプモデルです。
2021年にデビュー見込みの1250ccカスタムモデル。画像はプロトタイプモデルです。

自動車業界の最新情報をお届けします!


自動車業界 特選求人情報|MotorFanTechキャリア

自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
ロッカーアーム
支点を中心として揺動し、一端もしくは中間をカムで押され、他端でバルブを開閉す...
インターセプトポイント
ターボエンジンで、アクチュエーターやウエイストゲートバルブが開きはじめる回転...
電動チルトテレスコピックステアリング
スイッチを押すだけで、モーターによってステアリングコラムを上下(チルト)および...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る