MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2019/03/18
  • MotorFan編集部

【デジケースマウントAC】振動に強い&熱対策もバッチリ! バイク用スマホホルダーはやっぱり最新モノを選びたい!/大阪モーターサイクルショー/タナックス

通風クッションスポンジで精密機器をソフトにホールド

このエントリーをはてなブックマークに追加
3月15日(金)から17日(日)までインテックス大阪にて開催された大阪モーターサイクルショー2019。ショー会場で見つけた、とびっきりのバイクネタをどーぞ!

PHOTO&REPORT●川島秀俊

 今やすっかり見慣れたバイク用のスマホホルダー。おもにカーナビアプリを利用するため、見やすいハンドル周辺にマウントするキットが主流となっている。一度使うともう手放せないという人もいれば、車種によっては激しい振動で見えづらい!という声もチラホラ……。ホルダーに密着させての長時間稼働は過熱によるシャットダウンを招くこともあり、精密機器のスマホにとっては過酷な使用環境といえるだろう。

 そんなバイクという厳しい環境下にもしっかり対応してくれるスマホホルダーが、ツーリング用品大手のタナックスから登場、大阪モーターサイクルショー2019にて実物が一般公開された。それが新型スマホホルダー「デジケースマウントAC」シリーズである。

 このスマホホルダーの特徴は、ホルダー部がポーチ型になっていること。通風構造のホルダー内にはパンチング加工されたスポンジがセットされ、自由に脱着できるガイド用ストッパーによってスマホを見やすい中心に固定することができる。走行風を使った冷却機能は「エアクールシステム」とネーミングされ、スポンジによる制振構造も精密機器には嬉しい設計だ。ポーチ形状のホルダー部は、そのままワンタッチで取り外すことも可能。バイクを離れる際には素早く取り外して移動ができる。雨天時用のレインカバーが付属しているが、防水スマホなら気にせず使用してもいいだろう。

 製品サイズは3タイプが用意され、最大のものは8インチタブレットにも対応。ツーリングマップルも入るサイズなので、アナログマップ派も要チェックだ。固定方法はハンドルマウントとミラーマウントの2種類があるので、車種に応じて選択してもらいたい。

デジケースマウントAC-M

5インチサイズのスマホに対応した、ポーチ型スマホホルダー。ステーはダブルボールジョイントで、自由に角度調整ができる。
価格:5832円

デジケースマウントAC-L

6インチサイズのスマホに対応した、ポーチ型スマホホルダー。ステーはダブルボールジョイントを採用。小型のポータブルナビを入れて使用することももできる。
価格:6372円

デジケースマウントAC-XL

8インチタブレットや7インチポータブルナビに対応した、ポーチ型スマホホルダー。ステーはダブルボールジョイントを採用。ツーリングマップルも入るサイズだ。
価格:7236円

マルチマウントステー(ハンドルタイプ)

ETC車載器やデジカメ、アクションカメラなど、さまざまなデジタル機器をハンドルにマウントできる汎用ステー。スマホホルダーのステーと同形状で、アダプタを交換することで各種の機器に対応する。
価格:4212円

自動車業界の最新情報をお届けします!

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
FISA
FIAのモータースポーツ部門。一時期は国際自動車スポーツ連盟(FISA)と呼ばれていた...
トラクション
駆動輪と路面間で生じる駆動力をいう。この力は駆動輪軸重、トルクとタイヤと、路...
2連キャブレーター
まったく同一形状のベンチュリーおよびスロットル弁を2つずつ備え、フロートチャン...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る