MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

フィアット ティーポ最新情報[新型/旧型/中古車/価格/燃費/試乗]のカタログ比較

このエントリーをはてなブックマークに追加

ヨーロッパ市場の激戦区であるCセグメントに投入されたモデルであり、南米などの新興国市場も見据えた世界戦略車でもある。1988年にデビューした初代は一時期姿を消していたが、20年近くに及ぶブランクを経て2015年に復活を果たした。
 王道Cセグメントモデルの例に漏れずボディ形状は多彩で、4ドアサルーンをはじめ、5ドアハッチバック、ステーションワゴンを用意。実用車らしくシンプルでありながらスタイリッシュなデザインが採用されており、トルコの工場で製造されている。エンジンはガソリンが1.4ℓ(自然吸気とターボ)と1.6ℓ自然吸気、ディーゼルがいずれもターボの1.3ℓと1.6ℓを設定。

フィアットティーポ 1993年1月発売モデル

2.0 16V


価格 322万円
排気量 2000cc
駆動方式 FF
最高出力 145ps(107kW)/6250rpm
最大トルク 18.0kg・m(176.5Nm)/5000rpm
乗員 5名
燃費 -

2.0 GT


価格 270万円
排気量 2000cc
駆動方式 FF
最高出力 110ps(81kW)/5750rpm
最大トルク 16.2kg・m(158.9Nm)/3300rpm
乗員 5名
燃費 -

フィアットティーポの歴代モデル


大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
シーケンシャルターボ
複数の排気ターボを装着したエンジンシステムにおいて、運転状態に応じて段階的に...
アンダーフロアエンジン
エンジンを床下に搭載する方式のこと。客室の床面積を広げる利点があるため、大型...
スーパーチャージャー
新気を加圧して、周囲の大気圧力以上にしてエンジンに供給する給気装置。排気ター...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る