MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

トヨタ カムリ新型自動車カタログ[価格/試乗インプレ/技術開発など]

このエントリーをはてなブックマークに追加
カムリ(CAMRY)

トヨタの最重要マーケットであるアメリカにおいて、乗用車セグメントの販売台数15年連続トップの実績を誇るミッドサイズセダン。ケンタッキー工場で年間40万台近くが生産されるのを筆頭に、世界10ヵ所の工場で生産され、100以上の国と地域で販売されている。

カムリ(CAMRY)

2017年1月のデトロイトショーで八代目となる新型が披露され、日本でも夏頃の発売を予定。TNGAに基づくGA-Kプラットフォームを採用するほか、パワートレインも一体的に開発。新型の2.5ℓ直噴直4エンジンに新型8速ATの組み合わせを設定するほか、3.5ℓのV6もラインナップ。また、2.5ℓ用ハイブリッドシステム(THS-Ⅱ)を一新したハイブリッド車も設定する。

カムリ(CAMRY)の内装1
カムリ(CAMRY)の内装2
カムリ(CAMRY)の内装3

急いでいないなら、 次期型を待つが吉 総合評価:6点

カムリと言えば北米に於けるトヨタの、いやそれどころかすべてのクルマの中でのベストセラーだけに、開発は完全にそちらの市場の要求に合わせて行なわれている。北米ではど真ん中のサイズも、日本では大柄な部類に入り、室内も余裕を感じさせる。セダンが欲しい、しかもあらゆる面でゆとりのあるものが、というニーズにもっとも忠実に応えるトヨタ車は、実はこのクルマなのだ。そんなカムリも、そろそろフルモデルチェンジ。購入を検討しているなら、進化の幅は大きいに違いないだけに、現行型を無理して手に入れる必要はないだろう。
(島下泰久著『2017年版間違いだらけのクルマ選び』〔草思社刊〕より)

トヨタカムリ 2017年7月発売モデル

Gレザーパッケージ


価格 420万円
排気量 2500cc
駆動方式 FF
最高出力 178ps(131kW)/5700rpm
最大トルク 22.5kg・m(221Nm)/3600〜5200rpm
乗員 5名
燃費 -


価格 350万円
排気量 2500cc
駆動方式 FF
最高出力 178ps(131kW)/5700rpm
最大トルク 22.5kg・m(221Nm)/3600〜5200rpm
乗員 5名
燃費 -


価格 329万円
排気量 2500cc
駆動方式 FF
最高出力 178ps(131kW)/5700rpm
最大トルク 22.5kg・m(221Nm)/3600〜5200rpm
乗員 5名
燃費 -

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
メインシャフト
FR用MTにおいて、アウトプットシャフト(出力軸)をメインシャフト(主軸)と呼んでい...
アンダーフロアエンジン
エンジンを床下に搭載する方式のこと。客室の床面積を広げる利点があるため、大型...
FIA
国際自動車連盟。JAFやADACなど各国の自動車協会が加盟する国際連盟で、いわば自動...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る