MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2018/04/03
  • MotorFan編集部

遂に! 話題の「スーパーカブC125」、タイで予約開始!

【バンコクモーターショー2018レポート】

このエントリーをはてなブックマークに追加
バンコクモーターショーは、タイの首都バンコク近郊で毎年3月末に開幕する。このショーの特徴は、モーターサイクルの存在感が大きいということ。それだけに注目度も非常に高く、ホンダがモンキー125のコンセプトモデルを2年前のここで世界初公開したというのもうなずける話だ。そして今回は、C125とモンキー125が正式な市販モデルとして紹介され、価格も発表。さらにはカスタマイズモデルもディスプレイするという力の入れようだった。(PHOTO&REPORT:古庄速人)

発表と同時に予約受付もスタート

日本ではこれまで「発売を検討中のスーパーカブC125」として紹介されてきたモデルは、バンコクショーで正式な市販モデルの「C125」(名称に”スーパーカブ”は付かない)としてデビューした。その姿は東京モーターショーやモーターサイクルショーですでに見慣れたもので、タイでもスーパーカブC100をモチーフにしたことをアピール。「C125はスーパーカブC100のディテールと、デザインの神話を持っています」と紹介された。

同時に8万9000バーツ(およそ30万円)という車両価格も発表された。ちなみにモーターショー会場で予約する人には会場特別価格が適用され、8万4900バーツになるとのことだ。またタイホンダの純正カスタムブランド「H2C」や、バンコクのカスタムショップ「BIKERS」のアクセサリーを装着したカスタマイズ車両もブースに展示され、ノーマルモデルとともに脚光を浴びていた。
いずれもドレスアップ要素の強いカスタマイズだが、その表現は控えめで、どれも品よくまとめられているのが印象的。個人やショップで過激なカスタムを施すのがあたりまえのタイだからこそ、メーカーとしてはあえて車両本来の魅力を前面に出しているわけだ。

またプレスリリースでは、かつてスーパーカブC100がユーザーのライフスタイルを変革したことに触れていることが興味深い。「1960年代に、モーターサイクル産業を変革しました。コンパクトなデザインで、あらゆる世代の人が簡単に運転することができました」と記されている。

たしかにスーパーカブは、それまで野蛮な乗り物だったモーターサイクルを、家族の誰もが気軽に使える移動ツールへと変えた。C125でも、こうしたキャラクターを引き継ぎ、幅広い世代に親しんでもらいたいということなのだろう。それは今回のホンダブースの構成からもうかがえることができた。

ライフスタイル商品としてアピール

ホンダブース全体も、これまでにない新しい構成がなされていた。ここ数年のバンコクショーでは、ホンダはブースを2つのエリアに分けて展開。販売ボリュームの大きな小排気量モデルが並ぶエリアと、多くのタイ人にとって憧れの対象となる大排気量モデルを集めた「ビッグバイク」エリアという構成だ。しかし今回は、もうひとつ大きなエリアが設けられていたのだ。
それはモンキー125とC125だけを並べた「CUB HOUSE」エリア。ここでは車両とそのパーツだけでなく、アパレルブランドとコラボして、車両の世界観に合わせて作ったファッションもディスプレイ。またブースもカフェとガレージが一体になったようなデザインにされ、ちょっとだけオシャレな日常生活とモーターサイクルのある世界を融合させていた。

この演出の背景には、スーパーカブをはじめとしたアンダーボーンフレームモデルの位置づけの変化がある。タイをはじめとした東南アジア各国では、かつてアンダーボーンフレームを採用したモデルが市場の主流だった。

しかし現在はスクーターがすっかり浸透し、スポーツモデルの販売も少しずつ増加している。「生活の足」としての役割はスクーターが担うようになってきているわけだ。いまやアンダーボーンモデルは目新しさがなく、むしろ古臭くさえ思える存在になりつつある。だからこそホンダは、マイナーになりつつあるアンダーボーンモデルに「日常をちょっとオシャレに彩り、ライフスタイルを豊かにする」という価値を与えようとしているのだろう。

タイの有力ショップでは早速カスタムを展開!

BIKERS カスタマイズ01
BIKERS カスタマイズ02
H2C カスタマイズ01
H2C カスタマイズ02

自動車業界の最新情報をお届けします!


自動車業界 特選求人情報|MotorFanTechキャリア

自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
フリーホイールハブ
パートタイム4WD車において、前輪のホイールハブのところで動力軸を断続する装置。...
アーク溶接
相対する両極に電源をつなぐとアークが発生するが、このアークの熱エネルギーを利...
ホイールアライメント
車体に対して車輪の取付け方(角度)をいう。ステアリングの操作性や走行性を高める...

カーライフに関するサービス

オートモーティブジョブズ

ランキング

もっと見る