MotorFan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • MotorFan[モーターファン]
  • モーターファンテック
  1. TOP
  2. バイク
  3. ニューモデル

ちょいとお高い。でも走れば納得! 高くは無いカモ、と思わせる出来の良さに魅了されてしまった…… CBR250RRの贅沢な乗り味はライバル250ccスポーツを圧倒する【ホンダ試乗レポート】

このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年11月に新色が登場したCBR250RR。デビューは2017年5月だったが、今も同クラスの最高峰として君臨する贅沢な一台だ。試乗車はグランプリレッドのABS。その価格は税込みで806,760円。ライバルと比較すると20万円程高価なモデルである。果たしてその乗り味は?

REPORT⚫️近田 茂(CHIKATA Shigeru)
PHOTO⚫️山田俊輔(YAMADA Shunsuke)

低く身構えたフロントマスクが精悍。エンジン冷却も考慮して空力特性が追求されている。

ホンダ・CBR250RR・・・・・・756,000円〜

2017年5月の発表試乗会で披露されたストリップモデル。美しいフレームワークはカウルで覆ってしまうのが惜しい気もしてくる。
スピードシェイプとうたわれたダイナミックなデザイン。ほぼ最終段階に近いスケッチだ。
エンジン、フレーム、カウルを示す初期のラフスケッチ。余談だがこの絵のリヤサスペンションはプロリンク機構を備えていない。

 八ヶ岳のワインディングロードをメインステージに開催された2017年デビュー当初の試乗会では、アグレッシブで逞しいスタイリングを始め、実にスマートに決まるスポーティなライディングポジション。フットワークの良い前後サスペンションに元気の良いパワフルなエンジン等、上等な出来ばえに驚かされたのを、今でもハッキリと覚えている。
 ただしチョット本音を吐露すると、素直な気持ちとして「良くて当たり前」!と思えてしまったのも正直な感想だった。試乗後の高評価に間違いはないのだが、高価な価格設定故にそれも薄まって感じられてしまう。以前ヤマハがトレールモデルのWR250Rをリリースした時と全く同じ思いにかられた。評価は素晴らしい。本音で欲しい! でも価格がお高いのである。

 コストパフォーマンスについての価値観やお値段についての金銭感覚は人それぞれの事なので一概には明言できないが、あくまで私見を述べると高価な物は選択肢から外れ(外し)てしまう傾向がある。にも関わらず今回CBR250RRに乗ってみると、改めて「良い物は良いな」
という思いにかられたのも正直な感想だ。その乗り味からは高い金額を支払うだけの満足感が得られる事が再認識できたからである。

ハイパフォーマンスと洗練された操縦性

 筋肉質なフォルムは如何にも走ってくれそう。鋭い面構えからヒップアップでフィニッシュするウェッジシェイプに仕上げられた外観デザインは精悍な印象。ラジアルタイヤの標準装備を始め、最新技術が投入されたエンジン。上質な働きぶりを披露する前後サスペンションとブレーキ。跨がると実にスマートにフィットするライディングポジション等、格上の仕上がりが直感できる。

 ライダーの上体は軽い前傾姿勢。適度なバックステップと遠すぎないハンドル位置に無理はなく、下半身の筋力を生かしてごく自然な感じでスポーツする気分になれる。市街地やツーリングでもなかなか快適である。しかも峠道やサーキットでの積極的な体重移動等の操縦がしやすく、スポーツ走行が思いのままに楽しめた。
 ショートストロークのツインエンジンは実に軽やかな噴き上がりを発揮。3500rpmからモリモリとトルクを増す柔軟な出力特性は市街地でも扱いやすい。レッドゾーンは14,000rpmから。その気になれば回転計のグラフは一気にそこまで飛び込むが、REVインジケーターは10,500rpmから点灯を始めて適切なシフトアップを促してくれる。6000、そして8000rpmを超える当たりの小気味よさとパンチ力は侮れないものがあった。トップギヤ100㎞/hクルージング時のエンジン回転数は7000rpmだ。
 
 前後サスペンションは固くシッカリした剛性を確保しながらも決して乗り心地をスポイルしない巧みなフットワークを披露。操舵レスポンスも素直でとても扱いやすい。コーナリング中も旋回ラインがピタリときまる安定性を発揮。バイク自体がキチンと定状円旋回を保つかのような綺麗なラインを描いてくれる点にも感心させられた。

 ラップタイム計測もできるフルデジタルメーターは表示が4パターンから好みに設定できる。エンジンパフォーマンスは3モードの選択が可能で、スロットル操作に対するレスポンスがダイナミックにもなるし、優しく穏やかにもできる。この他ラジアルタイヤの装備も含めて、ライバルには無い自慢できる魅力的要素に溢れている。CBR250RRを構成する部品ひとつひとつとその働き具合に〝こだわり” を持つと、価格差も納得できるだけの価値ある魅力が理解できるだろう。
 
 例えば合理的設計でスリムさを極めたエンジン。ウォーターポンプ位置のカムシャフト直付け方式は、あのRC213Vと同じ。
 ライバルには無いスロットルバイワイヤシステムは、前述のようにライダーのスロットル操作に対するレスポンスが3モードから選べる。ごく自然なレスポンスを発揮するスポーツモードに対してスポーツ+ではよりダイナミックで俊敏なハイパフォーマンスを発揮。逆にコンフォートを選択すれば、穏やかなレスポンスとなり、丁寧で優しい走りを披露するのに良い。雨中走行やタンデムでは好都合である。

 前後サスペンションの仕事ぶりやブレーキタッチの良さもしかり。これまで自分の愛車のサスペンションに何らかの方法でチューニングを試みた経験のある人なら、CBR250RRに見られる作動性の良いサスペンションにも納得できることだろう。ラジアルタイヤもグリップが良いだけではなく、グリップを失った時とその回復具合の挙動にシットリとした落ち着きがある。
 いずれも僅かな違いなのだが、その細部へのこだわりの積み重ねこそ大きな性能差となり、満足のいく価値を感じ取れるのである。

⚫️足つきチェック(ライダー身長170cm)

シート高は790mm。ご覧の通り両足の踵は地面にべったりとつく。若干前傾姿勢となるライディングポジションは適度なバックステップと共に如何にもスポーツバイクらしい。ハンドル位置も低めだが、決して遠くは無く、市街地走行やロングツーリングでも快適だ。

おすすめのバックナンバー

バイク|令和元年(2019年)のトピックおさらい!

バイク|令和元年(2019年)のトピックおさらい! 一覧へ

解決します! 交通ルールの素朴なギモン

解決します! 交通ルールの素朴なギモン 一覧へ

3分でわかる! クルマとバイクのテクノロジー超簡単解説

3分でわかる! クルマとバイクのテクノロジー超簡単解説 一覧へ