MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2018/10/24
  • MotorFan編集部

【ホンダ・スーパーカブC125試乗】高い、けどそれでいい。 乗って納得した”C125の魅力”

HONDA・SUPERCUB C125

このエントリーをはてなブックマークに追加
OHV時代から、ほぼすべてのカブに乗った経験のある筆者のスーパーカブC 125に対するファーストインプレッションが、「僕の知っているスーパーカブじゃない」だった。2018年に発売された高級路線のカブは既存のモデルと何が異なるのか、紐を解いていく。

REPORT●近田 茂(CHIKATA Shigeru)
PHOTO●山田俊輔(YAMADA Shunsuke)

自動車業界の求人を今すぐ探す!<二輪車の求人>

ホンダ・スーパーカブC125……399,600円

ディスクブレーキもキャストホイールも、カブに欲しかった装備がふんだんに!

 これは“僕の知っているスーパーカブじゃない”。試乗車を目前にした時、思わずそう叫んでしまった。外観デザインは紛れもなくスーパーカブそのもの。しかし漂ってくる上質なクォリティと細部の仕上げは、高級車そのものである。

 カブはOHVの初代から良く知っている。OHCモデルでは50を始め、特に90は四半世紀以上も愛用した。まさにバイク史に輝く傑作車のひとつと認められる大好きなバイクだ。しかしそれはあくまで商用車としての実用性に徹した機能的な魅力であり、質実剛健な完成度の高さに敬意を表しての事。少なくとも僕の頭の中でスーパーカブはそういう存在だった。

 のっけから誤解を招く書き出しをしてしまったが、C125がカブにあらずと書いたのは、ゴージャスなカブの存在なんて想像すらしていなかったからだ。冷静に考えて見れば、軽自動車で人気上位のホンダN-BOXがベースとなって機能性抜群の商用車を開発しN-VANとして投入し大きな注目を集めた様に、逆転の発想はあって良い。いわば商用車として既に揺るぎない地位にあるスーパーカブもワゴン(乗用)!?タイプのモデルが派生しても不思議ではないわけだ。

 それにしてもC125の佇まいはスーパーカブ110とまるで異なっている。専用のアルミキャストホイール&チューブレスタイヤを始め、フロント油圧ディスクブレーキ。スマートキーの採用、メーターデザインや艶があり色あいの深い塗装、輝くクロームパーツの多用に至るまで全てが上質。シートロックは燃料タンク脇の小さなプッシュスイッチで解錠でき、ステップも贅沢で美しい造り。車体と同色塗装されたリヤキャリアもデザインがスマート。むしろタンデムシートを標準装備化した方が相応しいのではないかと思わせるほど乗用車的でモダンな仕上がり。どこかノスタルジーを感じさせる弧を描いたリヤフェンダーデザインも印象深い。カブであってカブにあらず、まさに別格の仕上がりが誇らしい。

 価格は12万円程高く40万円に迫るが、ここまで明確に差別化されたプレミアム商品ならそれも納得できる。カブに対する想いは人それぞれ。ユーザーの多彩なニーズを満足させられる選択肢の広がりは大歓迎である。

スーパーカブ110比11kg増のハンデはナシ

 早速都内市街地で試乗。スーパーカブ110との比較で車重は11kg増の110kg。とは言え片手をハンドルに添えてバイクを取り回す時、前周りの操舵系に若干の重みを覚えた程度。扱いは軽く何不自由のないフィーリングだ。走り始めるとむしろこの重みが程良く安定性に貢献してくれる。110 よりも落ち着きの増した優雅な乗り味を覚える。少し腰高に感じられた乗車姿勢や、優れたシートの座り心地も相まってとても快適に走れた。

 エンジンのパワーフィールも流石に125ccならではの逞しさに自然と頬が緩む。スーパーカブ110との排気量差は、わずか15ccとは言えぬほど、数値以上のゆとりをもたらしてくれる。平坦路でも登坂路でもグイグイと不足のない加速性を発揮するのだ。C125に乗るまでは、街中を走る分には110のパフォーマンスで十分だと思っていた。だけどさらにその上を行く出力特性を満喫しC125の走りを楽しんでしまうと、その常識が覆されるほど、C125のポテンシャルが魅力的に思えてくる。
メーターをチェックするとローギヤで40km/h程度まで無理なく引っ張れる。セカンドでは60km/hをオーバーするだろう。110よりも各ギヤでの守備範囲は広く、エンジン回転数も控えめに走れる点も見逃せない。

 コミューターでありながら、クルージング時の快適性と所有する喜びでプレミアムな仕上がりを誇っていることは間違いない。カブの購入を検討する時に少しの贅沢が許されるのならば、このスーパーカブC125は最良のパートナーとなってくれるだろう。

足つきチェック(ライダー身長170cm)

シート高は780mm。スーパーカブ110は735mmだからC125は45mmも高い。しかしご覧の通り足つき性はまるで問題無し。両足共地面にベッタリ。膝にも十分な余裕がある。むしろ高い分だけ前方の見晴らしが良く快適だ。


自動車業界の求人を今すぐ探す!<二輪車エンジン開発>

自動車業界の最新情報をお届けします!


自動車業界 特選求人情報|MotorFanTechキャリア

自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
半球形燃焼室
球殻の一部を壁面とした燃焼室。一般に2バルブエンジンに用いられ、球殻に吸排気バ...
FISA
FIAのモータースポーツ部門。一時期は国際自動車スポーツ連盟(FISA)と呼ばれていた...
スロットルチャンバー
電子制御式燃料噴射装置において、吸気マニホールドのコレクターに取り付けられ、...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る