MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2018/11/08
  • MotorFan編集部

【ホンダ】世界初公開の「CB650R」! エンジンは直列4気筒、日本にも導入予定

【EICMA2018】

このエントリーをはてなブックマークに追加
イタリアのミラノで開催中のEICMA2018(ミラノショー)のホンダーブースでは、世界初公開となるモデルが多数登場。新たなネオ・スポーツ・カフェスタイルの個性派「CB650R」は、今最も注目されているモデルの一つだ。
REPORT●北 秀昭(KITA Hideaki)

 日本国内では、CB1000RやCB250Rを、CB125Rの3タイプをリリースし、ヨーロッパではCB1000Rを筆頭に、300、250、150、125の各排気量がラインナップされているCB-Rシリーズ。EICMA2018では、このネオ・スポーツ・カフェスタイルが特徴の同シリーズの650ccモデル「CB650R」が世界初公開された。

 CB650Rは、2018年10月3日に開催されたパリモーターショーで参考出品されたモデル。今回のEICMA2018では、サイレンサーの形状、シリンダーヘッドカバーや外装の一部のカラーを変更しての登場となった。

 CB650Rはカフェレーサーのデザインエッセンスと、凝縮した台形プロポーションを融合させた個性的なスタイリングを実現。大型ラジエターを装備した水冷直列4気筒エンジンは、より力強い出力特性を図るとともに、Hondaセレクタブルコントロールとアシストスリッパークラッチを採用することで操る楽しさと上質なライディングフィールを追求している。

 強靭な足周りは、ショーワ製φ41mmセパレートファンクションの倒立型フロントフォーク、ラジアルマウント型の4ピストンフロントブレーキキャリパーなどで強化。同じ650ccカテゴリーのCB650Fには採用されていない、“CB-Rシリーズならでは”のアイテムにも注目だ。

 また、CB650Rの最大のポイントは、既存のバイクにはない個性に満ち溢れたヘッドライト周り。ビキニカウルを装備した「CB650F」とも一味違う外観が見どころのひとつとなっている。CB650Rは日本でも発売を予定している。


おなじ650でも……今、国内で発売しているのは「CB650F」

 写真は国内でリリースされているネイキッドモデル「CB650F(92万3400円)」。エンジンの形状は似ているが、外装や足周りは一新されているのが分かる。

自動車業界の最新情報をお届けします!


自動車業界 特選求人情報|MotorFanTechキャリア

自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
カウル
ウインドシールド下部、エンジンフード後端部の車体前方パネル。カウルトップある...
FF
エンジンを前部へ車載して、前輪を駆動するクルマ。FF車はFR車に比べ、滑りやすい...
回頭性
クルマが車体の向きを変える速さや、そのコントロール性をいう。物理量としては、...

カーライフに関するサービス

オートモーティブジョブズ

ランキング

もっと見る