MotorFan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • MotorFan[モーターファン]
  • モーターファンテック
  1. TOP
  2. モーターサイクル
  3. ニュース・トピック

1962年に登場のホンダが“世界の港に向けた”モデル 【懐かしカブ・インプレ♯1】欧州市場にも輸出「ポートカブC240」はスーパーカブの廉価版! 【ホンダ】

  • 2018/12/06
  • MotorFan編集部
このエントリーをはてなブックマークに追加

1958年(昭和33年)、初代スーパーカブC100が発売。その4年後の1962年(昭和37年)、バーハンドルや前後15インチホイールにサイズダウンした「ポートカブC240」が登場。5万5000円で発売されたC100に比べ、1万2000円安い4万3000円の低価格で発売された。

REPORT●北 秀昭(KITA Hideaki)
RIDING IMPRESSION●近田 茂(CHIKATA Shigeru)
撮影協力●ホンダコレクションホール/ホンダモーターサイクルジャパン
PHOTO●ホンダモーターサイクルジャパン/近田 茂

パイプハンドルやシンプルな外装等でコストダウン

 ポートカブC240は、スーパーカブC100をさらにコストダウンし、リーズナブルな価格を実現したモデル。スーパーカブC100は5万5000円だが、ポートカブC240は4万3000円という価格に抑えられているのがポイントだ。

 ポートカブC240 の“ポート(port)=港”は、「世界中のすべての港に溶け込むようなモデル」という思いで命名。

 新開発の鋼板プレスフレームに、スーパーカブC100にも搭載の空冷4ストロークOHV単気筒49ccエンジンをチョイス。前後ホイールは、スーパーカブC100の17インチから、15インチにサイズダウンされ、取り回し性や足着き性を向上させているのがポイントだ。

 レッグシールドはスーパーカブC100よりも簡素化されたスタイルに設計。1962年当時、道交法で装着が義務付けられていなかったウインカーやテールランプは省略されている(テール部は反射板のみ装着)。

 ポートカブC240は徹底したコストダウンのため、簡素な外観に加え、スプリングのみのフロントフォーク、パイプハンドル、2速ミッション等を採用。バッテリーも搭載されていない。

 キックスターターはエンジン右側から左側に位置変更し、女性でも始動しやすいよう配慮。エンジンの最高出力は2.3ps、リミッター機構を組み込んで最高速度は50km/h(ともにカタログ値)に抑制。バイクビギナーや女性にも優しい仕様に設定されている。

 名前やスタイリングからも想像できるが、元々ポートカブC240は、ヨーロッパへの輸出を目的に開発されたモデル。しかし自転車で通勤・通学するユーザーや女性ユーザーをターゲットに、国内でも販売された。

 ポートカブC240はスーパーカブC100よりも1万2000円低価格だったが、多くのユーザーは4.5psのパワフルなスーパーカブC100を選んだこと。また、日本ではまだまだ女性ユーザーが少なかった等の理由により、残念ながらブレイクすることはなかった。

フランクフルト・モーターショー2019

フランクフルト・モーターショー2019 一覧へ

マツダ3特集

マツダ3特集 一覧へ

ジムニー特集

ジムニー特集 一覧へ

オービス対策‼ 交通取締情報局

オービス対策‼ 交通取締情報局 一覧へ