MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2019/02/07
  • MotorFan編集部

”赤”と”青”どっちのホイールがお好み? 「MT-03」 「MT-25」 2019年カラー発売【ヤマハ】

このエントリーをはてなブックマークに追加

ヤマハ・MT-03……567,000円

ヤマハ・MT-25……534,600円

 ヤマハ発動機株式会社は、水冷・直列2気筒320cm 3エンジンを搭載する「MT-03」および、水冷・直列2気筒249cm3エンジンを搭載する「MT-25」のカラーリングとグラフィックを変更し、2019年カラーとして3月1日より発売する。

 「MT-03」「MT-25」は、シャープで躍動感あるスタイリングと軽快な走りを兼ね備えた“MTシリーズ”のエントリーモデルとして、若年層を中心に高い人気を得ている。
 「MT-03」「MT-25」は2色の新色を含む、それぞれ共通の3色を設定。「マットライトグレーメタリック4」は機能性を強調するマットライトグレーを採用。さらにアクセントとしてホイールとグラフィックに鮮やかなバーミリオン(朱色)を配し、アグレッシブさを強調している。「ディープパープリッシュブルーメタリックC」はホイールやタンクカバーにブルーを配し、ブラックとの組み合わせによりスポーティでクールなスタイルを表現。また、従来カラー「マットブラック2」のモデルは継続して販売する。

 ※製造はPT. Yamaha Indonesia Motor Manufacturing (YIMM)が行います。

MT-03(マットライトグレーメタリック4)
MT-03(ディープパープリッシュブルーメタリックC)
MT-25(マットライトグレーメタリック4)
MT-25(ディープパープリッシュブルーメタリックC)

自動車業界の最新情報をお届けします!

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
粒界酸化
炭素鋼、低合金鋼、ステンレス、ニッケル合金などの熱処理工程において、金属製品...
バキュームプレーティング
真空蒸着。真空状態下で金属(通常はアルミニウム)を蒸発させて、ベースコートを塗...
メインシャフト
FR用MTにおいて、アウトプットシャフト(出力軸)をメインシャフト(主軸)と呼んでい...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る