MotorFan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • MotorFan[モーターファン]
  • モーターファンテック
  1. TOP
  2. バイク
  3. ニュース・トピック

【これは便利!】SHOEIから専用インカムが内蔵可能な新フルフェイス「GT-AirⅡ」が登場

  • 2019/02/14
  • 阿部哲也
このエントリーをはてなブックマークに追加
SHOEI GT-AirⅡ マットブルーメタリック

SHOEI(ショウエイ)は、ツーリング向けフルフェイスヘルメット「GT-Air」の進化版「GT-AirⅡ」を4月に発売する。価格は5万1000円(税抜)。

SHOEI GT-AirⅡ……5万1000円〜

進化したエアロフォルム

 GT-Airは、空力を考慮したデザインの採用のほか、インナーサンバイザーを装備するなど、快適性や利便性を追求したモデル。新型となるGT-AirⅡは、モデルの象徴とも言えるデザインをさらに進化させ、ツーリングなどでの利便性もさらに向上させている。

SHOEI GT-AirⅡ
SHOEI GT-AirⅡ
SHOEI GT-AirⅡ 上部
SHOEI GT-AirⅡ サイド

 デザインについては、前モデルの側頭部の形状を受け継ぎつつも、GT-AirⅡではよりエッジを効かせたアグレッシブなフォルムを採用。ベンチレーションパーツと一体となり、洗練されたデザインが際立っている。

 カラーについては、ルミナスホワイト、ブラック、マットブラック、マットディープグレー、アンスラサイトメタリック、マットブルーメタリックの計6色を用意。サイズはS(55cm)、M(57cm)、L(59cm)、XL(61cm)、XXL(63)の5サイズの用意があり、老若男女問わずあらゆるライダーにフィットするだろう。

SHOEI GT-AirⅡ アンスラサイトメタリック
SHOEI GT-AirⅡ ブラック
SHOEI GT-AirⅡ ルミナスホワイト
SHOEI GT-AirⅡ マットブラック
SHOEI GT-AirⅡ マットブルーメタリック
SHOEI GT-AirⅡ マットディープグレー

SENA製の専用インカム「SRL2」を装着可能

 GT-AirⅡの最大のトピックと言えるのが、専用インカムを取り付けられる点だ。帽体の左下にマウントが設けられていて、SENA製の専用インカム「SRL2」が装着可能。専用設計とあって装着はスムーズで、あたかも帽体と一体化しているかのようにコンパクト。“出っ張り”がない分空力的にも有利で、損傷も防げそうである。

帽体左下部に専用インカム「SENA SLR2」の取り付け部がある(専用インカムはSENAより発売)。
チンガードの裏側には、インカムのマイクを埋め込める機構が見て取れる。

インナーサンバイザーがより使いやすく

 GT-AirⅡは、機能性も従来よりも進化した。まずはインナーサンバイザーのサイズが拡大。従来よりも長さを5mm拡大しており、サンバイザーの下端やアイポートの隙間からの日光の侵入を軽減。また、サンバイザーと鼻との干渉を防ぐため、サンバイザーの鼻の部分は従来よりも5mm短縮。インナーサンバイザーの使い勝手がより向上した。

インナーサンバイザーの長さが拡大したことで、より遮光性能が向上。
アイポートの両端にあるレバーを操作すれば、サンバイザーの着脱がスムーズに行える。

ライダーに優しい内装

そして内装にもひと工夫が。GT-AirⅡの内装素材には、汗をかきやすい頬や顎の部分には「HYGRA」素材を採用。吸湿速乾性に優れた素材で、汗によるベタつきを防止。また、被り口に近い部分には、ヘルメット着脱時に肌とのこすれを和らげる起毛生地を採用。ライダーに優しい設計がありがたい。

チークパッド上部には柔らかいウレタンを部分的に配置。メガネが装着しやすい。
HYGRAを採用した内装。被り口に近い部分には起毛素地を採用。

 洗練されたデザインに加えて、仲間とのツーリングにはマストアイテムとなったインカムが専用設計になるなど、先進性もプラスしたGT-AirⅡは、ツーリング用ヘルメットのあらたなベンチマークとなるだろう。

バイク|令和元年(2019年)のトピックおさらい!

バイク|令和元年(2019年)のトピックおさらい! 一覧へ

解決します! 交通ルールの素朴なギモン

解決します! 交通ルールの素朴なギモン 一覧へ

3分でわかる! クルマとバイクのテクノロジー超簡単解説

3分でわかる! クルマとバイクのテクノロジー超簡単解説 一覧へ