MotorFan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • MotorFan[モーターファン]
  • モーターファンテック
  1. TOP
  2. モーターサイクル
  3. モトチャンプチャンネル

第22回カフェカブミーティング in 青山 スーパーカブを改造するのって、なんだかとっても楽しそうだ。

  • 2019/04/21
  • モト・チャンプ編集部
このエントリーをはてなブックマークに追加
MACHIDE:スーパーカブ90DX OWNER:ヨーさん

2018年11月3日、4日に行われた「カフェカブミーティンin青山」で大量のカスタムマシンを劇撮! カブ愛が溢れるオーナー達による個性的なメイク術をとくとご覧あれ!(月刊モトチャンプ 2019年2月号より)

PHOTO:星野耕作、井上誠
REPORT:モルツ

爽快ヨーロピアンメイク/スーパーカブ90DX

フレーム加工や塗装はプロによるものでみごとな仕上がり。色味を抑え、メッキを多用することでクリーンな印象。

明確なコンセプトをシンプルに落とし込む

 35年ぶりにバイクにカムバックしたというオーナーは、前後フェンダーをスポイルし、ウイルズウィン製のソロシートや小型テールライトでコンパクトにまとめた。これにキタコ製のミニキャブトンマフラーを組み合わせて欧州とアジアンテイストをミックス。

 フロント周りもキタコ製のバーハン&ベーツライト、これにバーエンドミラーを組み合わせてカジュアルにアレンジ。ボディの淡いミントグリーンも相まってどことなく懐かしさを感じさせる。機関部やタイヤサイズは日常使いを考えて変更はしていないが、今後はより使い勝手を高めるためミッションの4速化も視野に入れているそうだ。

一文字バーにキタコ製のミニメーターをセットしたシンプルなハンドル周り。タル型グリップもレトロ感満点だ!
ウイルズウィン製のソロシートはスムージングタイプのロングノーズをチョイス。全長370mmでゆったりとした姿勢が取れる。
小振りな真円テールがマシンの雰囲気にマッチ! SP武川製リヤショックは他パーツとのバランスを考えてメッキをセレクト。

昭和ロマンを愉しむ/スーパーカブ50

OWNER:桃内さん

C100ルック+αで、旧さと快速を両立!

 古き良き“行灯カブ”をベースに、C100タイプのライトカバー&レッグシールドに変更し、フィッシュテールマフラー、スワローハンドル、フロントフェンダーの“風切り板”などでレトロに味付け。これは『古いアメ車』をイメージしたという。カブカスタムで知られるガンズガレージによって彩られたブラウンパープルのボディやホイールカバーもクラシカルさに拍車をかけている。

 オーナーは通勤でかなりの距離を走る(時には100㎞以上!?)ことから、12V化し、キタコ製キットで75㏄にボアアップ。さらにハイカムや強化クラッチ、ビッグキャブも投入してロングランも快適にこなせるマシンに仕上げている。

ボリューム感のある行灯カブのフロントフェンダーにC100ルックのフロント周りが良く似合う! アメリカンの流用サイレンサーも注目だ。
大きくプルバックしたハンドルは、じつはママチャリ用だ! スズキ車の純正を移植したメーターは大きめなので速度がわかりやすい。
ナンバープレート(風切り板)やフェンダー先端のメッキガーニッシュ、エンブレムカバーが良いアクセトになっている。
木目ペイントでアピール度の高いサイドカバー。これにアメリカン風のフォントで車名やブラント名をマーキング。

ザ・クラシック/スーパーカブ90カスタム

OWNER:しょーじさん

有名ショップのコンプ改正統カスタムを自分流に!

カブ専門店、アトリカ521のカスタムコンプリート「EUREKA」 にオーナー独自のセンスを採り入れてシックな色合いにアレンジ。つや消しブラック×アイボリーのボディとライトブラウンのシートで絶妙なカラーバランスを実現している。電装系は4.5インチベーツライト、ルーカステール、砲弾型ウインカーとヨーロピアンを意識しつつ、 エンジンをバフ掛けして鈍い輝きを持たせるなど、シルバーを上手に使っているのもグッド!

 前後足周りはフロントフォークやフレームを広げてワイドリムをセット。小振りなリトルカブ用レッグシールドを移植し、モナカ菅やベトナムキャリアといった王道アイテムでカブらしさをしっかり残している。

純正からかけ離れたカラーリングとはせず、落ち着いた配色でオトナな一台をメイク! グリップなどの茶系も効果的だ。
高張力鋼板を2枚重ね(12mm厚)にした屈強なステムキットにローハンドルを組む。シンプルな汎用メッキスイッチですっきりと!
幅2.15Jのリムにアメリカン向けのダンロップkabuki‌D404 (120/80-17)を装着。ファットな足周りもパワフルな90ベースなので問題ナシ!
スイッチ類の変更に伴ってチョークレバーを外してしまうことも多いが、こちらはキャリアステーを利用して車体横に移設している。

優等生じゃツマラナイ/スーパーカブ50

OWNER:TOMMYさん

若さ溢れるスタンス系!ワルさを出すパーツも注目

 地面すれすれの超ロー&ロングマシンで現れたオーナーは10代のヤング。「中途ハンパはダサいから!」と、 イジっていく内にだんだん低く長くなっていったという。フロントは当然ノーサス、リヤ周りは15cmロンスイ化し、これにキャンディピンクに塗装したリトルカブの14インチホイールを装着してこのスタイルを実現。若いからこそ許されるカスタムである(笑)。

 これだけに留まらず、ダイスノブのジョッキーシフトやナックルキックペダル、スポンジのみのフラットシートなど、ハードなアイテムを投入して個性を演出。その反面、エンジンは近代的なFI仕様で燃費や堅実さを追求しているギャップがおもしろい!

カッティングステッカーを使って大胆にステッカーチューン。逆側にはピンク&イエローの細かなものを散りばめて車体全体のアクセントに!
PCX用の可変ハンドルを使用し、最大まで絞って直角に!これもハンパを嫌うオーナーらしいが、操作性については推して知るべし...... 。
ワンオフステーでズーマー用の純正ヘッドライトを移植。このデュアル仕様も他と一線を画すスタイル作りに一役買っている。
LEDテープをシートの間に仕込んでテールランプが完成。シートはほぼ板状なのでクッション性はないが気合でカバーするそうだ。

ファッションモンスター/スーパーカブ50スーパーカスタム

OWNER:みさきさん

OWNER:みさきさん

「街乗りに便利です!」

親子で来場したみさきさん。麗しい娘さんのお願いならお父さんも腕が鳴るってもんですね。カブ乗り女子が増えることを切に願います!

娘のためにお父さんが奮闘目指したのは渋谷系!?

 『渋谷に乗っていけるバイクが欲しい』という愛娘のお願いにお父さんが一念発起! 外装を取り外し、 エアブラシでピンクカラーに自家塗装。サイドポーチ用のステーなども自らの手で作り上げた。

 さらに、タイカブ系のキャストホイールやウイルズウィン製のロッドダウンショートマフラーに変更してストリート風にアレンジ! エンジンは4速化と排気量アップが一遍に叶う海外製の125ccを搭載する。

 中々に手が掛けられてオシャレに仕上げられているが、ベース車が角目のスーパーカスタムというのがなんともシブい! 180km (カタログ値)という驚異の燃費で、何十回でも無給油で渋谷まで繰り出すことができちゃうのだ!

WAVEシリーズの17インチキャストホイールを移植。引き締まった黒色もマル。これだけでビジネス要素を払拭できる会心のアイテムだ。
買い物に便利な前カゴは必須条件! これに自作ステーを介して2連フォグをセット。所々にお父さんのセンスが見え隠れしている。
ストリート改の大定番、キャッツアイテールをチョイス。スリムなLEDウインカーや自賠責ステッカーブラケットなど流行も押さえ済み。

ワイルドに行こう!/スーパーカブ50

OWNER:あっきーさん

質感が高いメッキの数々! 他ジャンルのテイストを注入

 アメリカン系のパーツをふんだんに採り入れて独自のエッセンスを注入。フロント足周りはベンリィ用に変更してテレスコ化し、アタックバーを装着。リヤは305mmショックで程よくローダウンしている。

 注目なのはシートからテールにかけてのリヤ周り。スプリング付きの ソロシートやコーンカスタムサイクルスのキャリア、FRP材のスムージングリヤフェンダーなどでシャープなスタイルを獲得している。

 また、パワーユニットには、シフトアップ製88ccキットやデイトナ製ハイカム、強化バルブスプリング、CF ポッシュ製CDIなどを、ブレーキにはレーシングパッドを奢り、ポテンシャルアップにも余念がない!

バックサイドアップのソロシートがこのスタイルを引き立たせる。小振りなアーリーテールはガラスレンズで高級感に溢れる。
アタックバーに砲弾型ヘッドライト、革のボトルホルダーなどアメリカンさながらのハンドル周り。メッキモールを巻いたメーターも見どころ!
イージーライダース製シートは自作ステーを使ってスプリング仕様に。これにソリッドなリヤキャリアがベストマッチ!
バランスの良い88ccに設定し、SP武川製のオイルクーラーを装備。PCφ20キャブには全天候型のエアクリを備えてマルチに対応。

モトチャンプ 2019年2月号

50-250ccオールカタログ2019

世界16か国の日本で買えるバイクを網羅

完全保存版 収録数280台OVER
カブからスーパースポーツまで勢ぞろい
見たことのない海外モデルも登場

SUPER CUB
旧カブからC125までカスタムマシンが大集合

MONKEY 125
待望の第二弾が登場! ヨシムラのアップタイプをTEST

OLD SCHOOL
ストロボから―のGT80発見! カワサキのレプリカマニア直撃

伝説のアニメーター 大塚康生がバイク愛を語る!

3分でわかる! クルマとバイクのテクノロジー超簡単解説

3分でわかる! クルマとバイクのテクノロジー超簡単解説 一覧へ

酷道を奔り、険道を往く

酷道を奔り、険道を往く 一覧へ

解決します! 交通ルールの素朴なギモン

解決します! 交通ルールの素朴なギモン 一覧へ

オービス対策‼ 交通取締情報局

オービス対策‼ 交通取締情報局 一覧へ