MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2019/02/22
  • MotorFan編集部

オシャレ系125ccスクーター、プジョー「ジャンゴ 125」2019年モデルを発表

プジョーのネオレトロスクーター

このエントリーをはてなブックマークに追加
ADIVA株式会社は、ネオレトロなスタイルで人気を博しているプジョー・ジャンゴシリーズの 2019年モデルとして、125ccのニューモデル3機種を発表する。
2019年2月22日より、全国のプジョーモトシクル正規ディーラーにて発売開始する。

プジョー・ジャンゴ 125……375,840円~386,640円

 ジャンゴは、1950年代の「プジョー S55」を現代に復刻させたネオレトロスクーター。豊かで流麗なボディラインによるクラシカルなスタイルながらも、ABS、スマートフォン用電源、LED テールランプなど最新の装備を採用し、新しい世代のライダーたちを満足させる。広く厚みがあり、座り心地の良い前後セパレートシートは、フランス車ならではの装備。シート下には充分な収納力を備え、タンデムでの小旅行も楽々こなす。
 エンジンは空冷単気筒125ccエンジンを搭載し、心地よいエンジンフィーリングを演出している。

1. ジャンゴ125ABS

 ジャンゴシリーズで、最もシンプルなモデル。オリジナリティあふれるスタイルとカラーリングで、街中の注目を集めます。自分らしさを大切にする、フランスならではの国民性が生んだ個性的な一台。
■メーカー希望小売価格:
375,840円(本体価格:348,000円消費税:27,840円)

マッドグレー
ディープピンク

2. ジャンゴ125 エバージョンABS

 クリームとビビッドな色によるツートンカラーで、男女を問わず人気のモデル。タックロール&ホワイトパイピングを施したシートも特長だ。2019年モデルでは、新色のキャロットオレンジが登場。
■メーカー希望小売価格:
386,640円(本体価格:358,000円消費税:28,640円)

キャロットオレンジ
ディープオーシャンブルー

3. ジャンゴ125スポーツABS

 プジョーのレーシングスピリットを表すモデル。ホワイトのセンターストライプとレーシングゼッケン、さらにはブラックアウトされたシート&足回りが、スポーティなイメージを演出する。
■メーカー希望小売価格:
386,640円(本体価格:358,000円消費税:28,640円)

ディープオーシャンブルー
サテンチェリーレッド

全長×全幅×全高:1,925mm×710mm×1,190mm
ホイールベース:1,350mm
シート高:770mm
乾燥重量:129kg
エンジン:空冷4ストローク・SOHC2・バルブ単気筒
排気量:124.6㎤
内径×行程:52.4mm×57.8mm
最高出力:7.5kW<10.2PS>/8,500rpm
最大トルク:8.9N・m<0.9kgf・m>/7,000rpm
燃料供給方式:インジェクション
始動方式:セルフ式
燃料タンク容量:8.5L
変速方式:オート
サスペンション:
 フロント…油圧式テレスコピック
 リア…油圧式ショックアブソーバー(5段階調整可)
タイヤ:フロント…120/70-12"、リア…120/70-12"
ブレーキ:フロント…ディスク(ABS)、リア…ディスク
保証:新車登録時から2年間/走行距離無制限

自動車業界の最新情報をお届けします!

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
ラダーフレーム
フレーム型式のなかでトラック、バス用としてもっとも代表的なもので、左右2本のサ...
電動チルトテレスコピックステアリング
スイッチを押すだけで、モーターによってステアリングコラムを上下(チルト)および...
回頭性
クルマが車体の向きを変える速さや、そのコントロール性をいう。物理量としては、...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る