MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2019/03/12
  • 阿部哲也

【110に白、50に緑を追加!】ホンダ・クロスカブ50/110がカラバリを一新!

このエントリーをはてなブックマークに追加
HONDA CROSS CUB 110
ホンダは、クロスカブ50および110のカラーバリエーションを変更し、7月19日に発売する。価格は50が29万1600円、110が33万4800円。

ホンダ・クロスカブ50……29万1600円

ホンダ・クロスカブ110……33万4800円

 クロスカブシリーズに新色を追加。従来は「カムフラージュグリーン」と「クラシカルホワイト」が各モデル専用カラーであったが、今回の変更では両カラーを共通で設定する。これにより、50は「カムフラージュグリーン」と「クラシカルホワイト」の2色、110は同2色に加え「パールシャイニングイエロー」と合わせて3色展開となる。

 

クロスカブ110 クラシカルホワイト
クロスカブ50 カムフラージュグリーン

クロスカブの特徴

 クロスカブは、スーパーカブのバリエーションとして、1世代前のカブより追加されたモデル。そのアウトドア感溢れるスタイルに、遊び心を思えるのはもちろん、かつての「ハンターカブ」を思い起こさせるファンも少なくはない。特に50ccのクロスカブは現行型より新たに設定された。

 現行型は、従来型にあったレッグシールドを排し、よりアウトドアスタイルを強調。視認性の高いLEDヘッドライトや、クラッチ操作のいらない4速ミッションなどの快適装備は維持しつつも、110はオフロードを意識した17インチブロックタイヤ、マットブラック塗装を施した前後スポークホイール、耐久性を高めるためドライブチェーンのサイズアップ、リアマットガード、座面の広い厚手のシートの採用。

 50は取り回しに優れる14インチタイヤの採用、足つき性に配慮した形状のシートの採用など、それぞれ専用の装備が与えられている。

自動車業界の最新情報をお届けします!

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
インターセプトポイント
ターボエンジンで、アクチュエーターやウエイストゲートバルブが開きはじめる回転...
トラクション係数
トラクション係数は駆動係数とも呼ばれ、タイヤと接地面の駆動力伝達容量を示して...
電動チルトテレスコピックステアリング
スイッチを押すだけで、モーターによってステアリングコラムを上下(チルト)および...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る