MotorFan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • MotorFan[モーターファン]
  • モーターファンテック
  1. TOP
  2. バイク
  3. ニュース・トピック

バイク用に専用開発されたNGKスパークプラグ新登場! 【加速力&燃費が向上するってホント?】NGKのバイク用新作スパークプラグが気になる。 /東京モーターサイクルショー2019・Moto DX

  • 2019/03/28
  • MotorFan編集部 近田 茂
このエントリーをはてなブックマークに追加

少しメカに詳しい人なら誰もが知っているNGK。日本特殊陶業株式会社の古くから知られるスパークプラグ・ブランドだ。エンジン(内燃機関)が動く3大要素の一つである着火を担う重要部品である。シリンダーヘッド部に設置され、高圧電流を利用する放電によって火花を発生する。既にプレミアムな商品としてイリジウムIXプラグも知られているが、今回19年振の新商品を投入。MCショー会場ブースでその高性能ぶりが詳細にアピールされた。

性能向上で耐久性もアップ。こだわり派ライダーには見逃せない逸品。

 スパークプラグはバイクにとって地味な存在だ。しかし、無くてはならない重要部品のひとつであることは間違いない。

 僅か1mm弱の隙間で起こる高圧電流を活用した放電の火花が、シリンダー内に吸気・圧縮された燃焼ガスに火をつけ、大きな爆発エネルギーを得ることでエンジンが動く。求められる機能性はシンプルで古くからか変わらないのだが、NGKはじつに19年振り、しかも初の2輪専用新開発としてmotoDXスパークプラグを発表したとあって、かなり気になる存在となりそうだ。
 
 バイクのエンジンは車のそれと比較すると遥かに高回転で使われるケースが多い。当然着火回数は断然多く、発熱に対するストレスも大きいだけに、耐久性に対する要求レベルも高くなる。
 
 NGK MotoDXは、そんな厳しいニーズを踏まえ、これまで積み重ねられたノウハウと最先端技術を投入して開発されたのである。希望小売価格はサイズによって多少の差はあるが、中心は2,200円。
 既にプレミアム・スパークプラグとして定着しているイリジウム・プラグの実勢価格よりおよそ1,000円高いが、耐久性もグンと向上しているから、割高感はそれほど大きくは感じられない。
 
 むしろ、同じバイクでの装着比較テストで得られた性能向上ぶりに驚かされる。追い越し加速でコンマ2秒、アイドリング燃費で2〜3%の向上は侮れない。
 
 当MFjpでも厳密かつ多彩な場面想定でスパークプラグの付け替えテストをしてみたいと思えたのが正直な感想。機会あれば、バイク専用「motoDX」のポテンシャルを改めてレポートしたい。乞うご期待である。

外側電極の断面にD型形状を採用。中心電極にはルテニウム配合が新しい。
左側は既にプレミアム商品として定着しているイリジウムプラグ。右がmotoDX、外(アース)側電極の断面形状違いが新鮮。
燃焼室内へ吸気される新気の気流を邪魔しない設計。着火後の火炎伝播も効率アップが図られたと言う。
スパークプラグ3種類の比較映像。着火直後の燃料具合を可視化した映像である。燃焼の促進具合が良く理解できる。

motoDXプロモーションムービー

DOHC250ccツインスポーツ車での比較。30〜80km/hまでの追い越し加速性能で、なんと0.2秒もの性能向上を実現。
同じくアイドリング時の燃費テストでは、スタンダードプラグに対して2.3%の消費削減効果が認められた。
小売価格は2,200円が中心。ロングライフ性も向上していると言う。
MCショー会場ブースではトークショーも開催された。あちこちで引っ張りだこの宮城光さんも参加。

バイク|令和元年(2019年)のトピックおさらい!

バイク|令和元年(2019年)のトピックおさらい! 一覧へ

解決します! 交通ルールの素朴なギモン

解決します! 交通ルールの素朴なギモン 一覧へ

3分でわかる! クルマとバイクのテクノロジー超簡単解説

3分でわかる! クルマとバイクのテクノロジー超簡単解説 一覧へ