MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2019/04/26
  • 阿部哲也

ヨシムラレッドが登場!【 加賀山レプリカ/SHOEI X-Fourteen】

このエントリーをはてなブックマークに追加
SHOEI X-Fourteen KAGAYAMA5 TC-1
SHOEI(ショウエイ)は、加賀山就臣選手のレプリカモデル「X-Fourteen KAGAYAMA5」(カガヤマ5)に新色を追加し、7月に発売する。価格は7万6000円。

SHOEI X-Fourteen KAGAYAMA5……7万6000円

 X-Fourteeen KAGAYAMA5は、その名の通り加賀山選手オリジナルのグラフィックを反映したモデル。帽体の前から後ろにかけてホワイトのレーシングストライプを走らせているが、両サイドには有機的な模様が描かれているという二面性を持つグラフィックだ。

 加賀山選手モデルはこれまで、ブルー/ブラック(TC-2)とグレー/ブラック(TC-5)の2色を展開してきたが、今回、新たにレッド/ブラック(TC-1)を追加。今年の加賀山選手は、ヨシムラスズキMOTULレーシングから全日本ロードレースJSB1000クラスに参戦しており、そのチームカラーを加賀山選手モデルに反映。レーシングモデルではあるのだが、もともとのデザインが優れているせいか、高いファッション性も持ち合わせている。

 加賀山選手といえば、15歳(1990年)からレース活動を開始し18歳でスズキワークスに入り、マシンの開発を担当。以降は全日本選手権、ロードレース世界選手権へのスポット、ブリティッシュスーパーバイク選手権、スーパーバイク世界選手権、鈴鹿8耐と国内外の様々なレースに参戦。40歳半ばに差し掛かった現在も現役を続ける日本を代表するレーシングライダーの一人だ。

SHOEI X-Fourteen KAGAYAMA5 TC-1
SHOEI X-Fourteen KAGAYAMA5 TC-1

世界最高峰を極めた性能

 X-Fourteeenは、MotoGPをはじめとした世界最高峰の現場からのフィードバックをもとに開発されたショウエイ最高峰のスポーツモデル。軽量ながらもライダーの頭部を確実に保護する強靭な帽体は、高いスピード域でのライダーの姿勢や空力特性も考慮されたフォルムを採用。その機能性あふれる外観は無二の存在感を放つ。

 また、不意のシールドの解放を防ぐロック機構をはじめ、前傾姿勢時のヘルメットの被り角を調整できる新開発の内装の採用、高いベンチレーションシステムなど、スポーツライディング時の機能性や快適性も高められているのが特徴だ。

自動車業界の最新情報をお届けします!

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
電動チルトテレスコピックステアリング
スイッチを押すだけで、モーターによってステアリングコラムを上下(チルト)および...
FF
エンジンを前部へ車載して、前輪を駆動するクルマ。FF車はFR車に比べ、滑りやすい...
FIA
国際自動車連盟。JAFやADACなど各国の自動車協会が加盟する国際連盟で、いわば自動...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る