MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2019/04/30
  • MotorFan編集部

【ペスパ・プリマベーラ/スプリント】スモールボディーシリーズに2019年モデルが登場

50㏄モデル“新型プリマベーラ50”スポーティーバージョン、プリマベーラS150・発売と新色導入

このエントリーをはてなブックマークに追加
Vespa PrimaveraS150(欧州仕様車)
ピアッジオグループジャパン株式会社は、普通自動車運転免許や原付免許で運転が可能なベスパの50㏄モデル、「プリマベーラ50」の装備を充実させたNew Primavera50及び、プリマベーラ150のスポーティーバージョンであるPrimavera S150(プリマベーラ“エス”150)の出荷を開始する。また角形ヘッドランプのスプリント150とベスパの主力モデルであるプリマベーラ125に新色を導入し、2019年5月より販売する。

■VESPA・Primavera50……378,000円

 1963年から続く伝統のベスパ50ccモデルは、プリマベーラ125/150ccモデルと同一のボディに、4ストローク3バルブエンジンを搭載し、スムーズな加速と環境性能を両立させ、この度の改良によってLEDヘッドランプの採用と、前後12インチ化したアロイホイールによる安全性・快適性の向上を実現している。

■メーカー希望小売価格378,000円(消費税8%込み)
■カラー : イノチェンツァホワイト、パッショーネレッド
■発売日 : 2019年5月7日

プリマベーラ 50/イノチェンツァホワイト

プリマベーラ 50/パッショーネレッド

■VESPA・PrimaveraS150……496,800円

 プリマベーラは、1968年の誕生以来、常に進化し続けてきた歴史がある。今日おいてもその革新は、PrimaveraS150によって継承されている。それはアグレッシブでスポーツマインド溢れる個性を吹き込んでいる。標準仕様ではクロームメッキが施されたレッグシールドモールやフロントフェンダー上のクレスト、ホーン用のルーバーは、“S”バージョンではグレーのメタリック塗装とし、前後の12インチアロイホイールもグレーのメタリック塗装をベースに、リム部分にダイアモンドカットを施したこだわりの仕上がりとなっています。さらにシートはグレーのステッチにブラックの表皮を採用し、スポーティーな印象を与えている。なお、カラーは定番となっている白(イノチェンツァホワイト)と、”S“専用色でマット仕上げのレッド(プロフォンドレッド)をラインアップし個性を際立たせている。

■PrimaveraS150 メーカー希望小売価格496,800円(消費税8%込み)
カラー:イノチェンツァホワイト、プロフォンドレッド、バルカンブラック
■発売日:2019年5月7日

Primavera S150(プリマベーラ“エス”150)/イノチェンツァホワイト

Primavera S150(プリマベーラ“エス”150)/プロフォンドレッド

Primavera S150(プリマベーラ“エス”150)/バルカンブラック

■Vespa・Primavera125ABS……459,000円 

■Vespa・Sprint150ABS……486,000円

■Primavera125ABS
 プリマベーラの2019年モデルには、プリマベーラの持つ柔らかいボディーラインと、歴史に裏付けられた世界観が融合した「エレガンツァベージュ」を追加し、2019年5月より出荷を開始する。

■Sprint150ABS
 1960年代半ばより登場した、角型ヘッドライトデザインによる新世代のスポーツベスパは、今日ではSprint150としてその伝統を受け継いでいる。2019年モデルでは、鮮やかな色彩が目を引く新色「サンイエロー」を追加し、ホイールカラーをシルバーからブラックをベースに、リム部分にダイアモンドカット加工を施した仕様に変更した。

■Primavera125ABS
メーカー希望小売価格:459,000円(消費税8%込み)
■Sprint150ABS
メーカー希望小売価格:486,000円(消費税8%込み)
■発売日:2019年5月7日

Primavera125ABS/エレガンツァベージュ
Sprint150ABS/サンイエロー

■Primavera50主要諸元

エンジン形式:i-get4ストローク、空冷単気筒、SOHC、3バルブ
総排気量:49cc
最高出力:3.2HP(2.4 kW)/7,500rpm
最大トルク:3Nm/7,500rpm
燃料システム:電子制御式燃料噴射システム
トランスミッション:自動無段階変速(CVT)
クラッチ:自動遠心乾式クラッチ

車体
フレーム:スチール製モノコックボディ
フロントサスペンション:片持ちリンクアーム油圧式サスペンション
リアサスペンション:4段階スプリングプリロード調整機構付きモノショックアブソーバー
フロントブレーキ:油圧式200mmステンレススチール製ディスク
リアブレーキ:機械式140mm、ドラムブレーキ
フロントタイヤ:110/70-12“
リアタイヤ:120/70-12“

寸法
全長/全幅:1,860mm/680mm
ホイールベース:1,340mm
シート高:790mm
燃料タンク容量:8L
製造国:イタリア

■PrimaveraS150/Primavera125ABS/Sprint 150ABS主要諸元

[ ]内は125ccエンジン搭載車

エンジン形式:i-get4ストローク、空冷単気筒、SOHC、3バルブ
総排気量:155cc[124cc]
ボア×ストローク:58 mm×58.6mm[52mm×58.6mm]
最高出力:12.9HP(9.5kW)/7,750rpm[10.7HP(7.9kW)/7,770rpm]
最大トルク:12.8Nm/6,500rpm[10.4Nm/6,000rpm]
燃料システム:電子制御式燃料噴射システム
トランスミッション:自動無段階変速(CVT)
クラッチ:自動遠心乾式クラッチ

車体
フレーム:スチール製モノコックボディ
フロントサスペンション:片持ちリンクアーム油圧式サスペンション
リアサスペンション:4段階スプリングプリロード調整機構付きモノショックアブソーバー
フロントブレーキ:油圧式200mmステンレススチール製ディスクABS
リアブレーキ:機械式140mmドラムブレーキ
フロントタイヤ:110/70-12“
リアタイヤ:120/70-12“

寸法
全長/全幅:1,852mm/680mm
ホイールベース:1,334mm
シート高:790mm
燃料タンク容量:7L
製造国:ベトナム

自動車業界の最新情報をお届けします!

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
アンダーステア
定常円旋回中、車速を上げたとき、旋回半径が大きくなっていく旋回特性をいう。US...
エバポレーター
エアコンの室内ユニットを構成する一要素で、コンプレッサーで圧縮され、コンデン...
トラクション係数
トラクション係数は駆動係数とも呼ばれ、タイヤと接地面の駆動力伝達容量を示して...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る