MotorFan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • MotorFan[モーターファン]
  • モーターファンテック
  1. TOP
  2. モーターサイクル
  3. ニューモデル

正体不明なKTMのフラッグシップをサーキットまで自走し徹底検証!! バイクの“GT=グランツーリスモ”は何がすごい!? 今さら聞けないので乗ってみた【KTM 1290 SUPER DUKE GT 試乗インプレ】[1/3]

  • 2019/05/17
  • 青木タカオ
このエントリーをはてなブックマークに追加

KTMのネイキッドスポーツが「DUKE(デューク)」シリーズです。外国車メーカーとしては珍しく、手軽な原付2種=125ccの「125 DUKE」から設定され、普通2輪免許で乗れるアンダー400の「250 DUKE」や「390 DUKE」、そして大型2輪枠の「790 DUKE」をラインナップ。さらにフラッグシップモデルの「1290 Super Duke R」には「1290 Super Duke GT」というバリエーションモデルがあり、いったいどんなモデルなのか気になります。

REPORT●青木タカオ(AOKI Takao)

“REDY TO RACE”の哲学を持つKTMのスポーツツアラー

 KTMのホームページを見てみると、最新モデルたちは各ジャンル毎にカテゴライズされて“Naked(ネイキッド)”に「125 DUKE」「250 DUKE」「390 DUKE」「790 DUKE」「1290 Super Duke R」があります。

 他には“MX(モトクロス)”であったり“Enduro(エンデューロ)”、アドベンチャー系の“Travel(トラベル)”、モタード系の“Supermoto(スーパーモト)”、フルカウルの“Supersport(スーパースポーツ)”、フィールドを選ばない“Freeride(フリーライド)”など、KTMがオンオフを問わないメーカーであることが一目瞭然です。

 さらに“Sports Tourer(スポーツツアラー)”というセグメントがあるのでクリックしてみると、「1290 Super Duke GT」というモデルがあるではありませんか。おやおや……!? 毛色が少し異なるのかもしれません。

 ネーミング末尾の“GT”は英語ならグランドツーリング、イタリア語ならグランツーリスモを意味しているのだと思いますが、イメージ写真のライダーはレーシングツナギで、しかも二人乗りをしてアグレシッブなライディングをしているから、いったいどんなバイクなのか気になって仕方がありません。

 そこで今回乗ってみることにしましたが、イメージ画像のような世界観を味わうには自走でサーキット走行会へ行けばいいと考えました。袖ヶ浦フォレストレースウェイ(千葉県袖ケ浦市)で乗り込みます。

KTM 1290 Super Duke GT…2,249,000円

 実車を目の当たりにするとものすごい迫力で、その独創的で堂々たる姿に圧倒されてしまいます。デュークではなく、スーパーデュークとネーミングされることも納得で、ボリューム感のあるタンクスポイラーやナックルガードの装着など、既成概念を打ち破るスタイルです。

 フロントにはインナーチューブ径48mmの倒立式フォークとモノブロック式のラジアルマウントキャリパー、リヤは片持ちスイングアーム。足まわりが強化された本格派ロードスポーツであることも、誰の目にも明かではないでしょうか。

ステージごとにみっちり計測! これが本当の実燃費

ステージごとにみっちり計測! これが本当の実燃費 一覧へ

3分でわかる! クルマとバイクのテクノロジー超簡単解説

3分でわかる! クルマとバイクのテクノロジー超簡単解説 一覧へ

酷道を奔り、険道を往く

酷道を奔り、険道を往く 一覧へ

オービス対策‼ 交通取締情報局

オービス対策‼ 交通取締情報局 一覧へ