MotorFan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • MotorFan[モーターファン]
  • モーターファンテック
  1. TOP
  2. バイク
  3. ニューモデル

【238万9000円】世界750台限定の特別なトライアンフ、Bobber TFCを発表

  • 2019/11/05
  • MotorFan編集部 北 秀昭
このエントリーをはてなブックマークに追加
標準の「Bobber」「Bobber Black」よりも、10馬力のパワーアップ(13%アップ)を実現。

「トライアンフモーターサイクルズジャパン」は、新型の『Bobber TFC』を発表。新しいBobber TFCは、3代目になるまったく新しいTriumph Factoryカスタムモデル。プレミアムでユニークなTFC、最新テクノロジーによる高性能な1200ccハイトルクエンジン、より軽量でハイスペックなシャーシを、独自の高品質カスタム仕上げとディテールで実現しているのがポイントだ。

カスタムモード全開!この“激シブ”なフォルムに注目!!

トライアンフ Bobber TFC……238万9000円(税込) 2020年3月発売予定

 2017年に発売されたTriumphの美しく革新的なBobberは、まったく新しいクラッシクサブカテゴリを創造し、比類のない信頼性とハンドクラフトカスタムスタイル、見事なエンジニアリングで、新たな熱狂的ファン層を開拓した。

 2019年3月に発売予定の新型「Bobber TFC」は、3代目になるまったく新しいTriumph Factoryカスタムモデルで、プレミアムでユニークなTFCと最新テクノロジーによる、高性能な1200ccのハイトルクエンジンを搭載。また、より軽量でハイスペックなシャーシを、独自の美しいディテールで仕上げている。

限定仕様

・全世界の生産量750台
・それぞれに番号が付いたエディションプラークとユニークなバッジ
・Bobber TFC特別ハンドオーバーパック

ハイパフォーマンス

・BobberおよびBobber Blackよりも10PS大きいピークパワーと4Nm大きいピークトルク
・全回転域でのより高いパワーとトルク
・エンジンの慣性を39%減らした結果、500rpmの高い最大回転数
・Bobberより約5kg軽量(2020年1月の最終認証対象の重量)
・独自のプレミアム機器による驚異的ハイスペック:
  - オーリンズの完全に調整可能なフロントフォークと調整可能なリアサスペンション
  - カーボンファイバー製エンドキャップ付きアローブラッシュサイレンサー
  - Brembo製M50ダブルモノブロックブレーキキャリパー
  - Brembo製MCSラジアルマスターシリンダー
  - 3つのライディングモード(ロード、レイン、スポーツ)
  - 多機能LED背面インジケータ(一部の市場限定)

美しいデザイン

・専用のクリップオンハンドルバーを備えた最も純粋なBobberシルエット
・以下のプレミアムカスタム仕上げとディテール:
 -ユニークなプレミアムカーボンファイバーのボディワーク
 - 番号付きプラークの付いたビレット上部と下部ヨーク
 - リアルレザーステートメントシート
  - ユニークなTFCバッジと機器フェイス
  - 独自のプレミアムTFCペイントスキーム
  - ‘bobber’ショートフロントマッドガード
  - 美しい質感のブラックパウダーコーティングされたフレームとスイングアーム、ブラックアルマイト加工ホイールリム

リミテッドエディション

 世界中で販売されるのは、わずか750台。Bobber TFCは、Triumphの最も比類ないモダンクラシックのひとつ。ゴールドのディテールが施された、プレミアムTFCバッジとディスプレイフェイス、トップヨークの個別に番号が付けられた、美しいプラークが特徴的。

 すべてのBobber TFCオーナーには、TriumphのCEO「Nick Bloor」が手書きの番号を付けた、バイク固有の特別TFCハンドオーバーパック、パーソナライズされたカスタムビルドブック、美しいBobber TFCバイクカバー、TFCドキュメントウォレット、プレミアムレザー製TFCブランドリュックサックが提供されるのもポイントだ。

大幅なエンジンアップグレードによるハイパワーとトルク

 新型のBobber TFCは、標準のBobberおよびBobber Blackよりも、10PSのパワーアップ(13%アップ)を実現。これは、低慣性クランクシャフト、クラッチ、バランスシャフト、デッドシャフト、オルタネーター、マグネシウムカムカバー、薄壁エンジンカバー、ヘッダーパイプなど、軽量エンジンコンポーネントを含む大幅なエンジンのアップグレードによって実現。

 Bobber TFCは、ハイパワーに加えて、低トルクで全回転域に渡って高いトルクパンチを提供。ピークは110Nmで、標準のBobberおよびBobber Blackよりも4Nm高くなっている。

 大幅に改良されたHTエンジンも、回転が500rpm高くなり、回転リミッターは7,500rpm。また、Bobber TFC専用の排気システムを搭載し、Arrow製チタンサイレンサーとカーボンファイバーエンドキャップにより、ユニークでリッチ&ローなブリティッシュツインサウンドトラックを実現している。

より軽く、より高いスペックを獲得

 エンジンコンポーネントの改良、カーボンファイバーボディワーク、テールライトのカスタムなど、モーターサイクル全体の大幅な軽量化により、Bobber TFCはBobberよりも約5キロ軽くなり、ダイナミックな乗り心地を実現。

 新しいBobber TFCの車両重量、レイク、トレイル、シート高のスペック、および標準のTriumph BobberおよびBobber Blackとの違いは、2020年1月の認証後にリリースされる。

 軽量化に加えて、Bobber TFCはオーリンズのアジャスタブル倒立フロントフォーク、アジャスタブルリアサスペンションユニットを備え、カテゴリーをリードするより高いレベルのスペックとパーツを装備している。

 Bobber TFCのポイントは、ハイスペックのBrembo製4ピストンM50ラジアルモノブロックキャリパーとツインフローティングBrembo製フロントディスクにより、優れた制動力を発揮すること。Brembo製ラジアルマスターシリンダー、MCSスパンおよびレシオ調整可能なブレーキレバー、さらにそれに適合するクラッチレバーも備えている。

史上最高レベルの機能

 ライダーに焦点を合わせたテクノロジーのレベルを上げるスポーツライディングモードが追加され、Bobber TFC固有の合計3つのライディングモード(レイン、ロード、スポーツ)を実現。ライディング条件やライダーの好みに合わせ、スロットルマップ、ABS、トラクションコントロール設定を調整。これにより、乗り心地、安全性、制御性を向上させた。

 Bobber TFCは、視認性を高め、エネルギー消費を抑え、耐久性を高めるために、シグネチャプロファイルのデイタイムランニングライト付きLEDヘッドライト(一部の市場限定)、多機能リアインジケーター(一部の市場限定)、コンパクトなフロントインジケーター、ナンバープレートライトを装備。

 「Bobber Triumph Factory Custom」は、美しくユニークなTFCブランドの文字盤と新しいTriumphバッジを持つ、ディスプレイベゼルを装備。ライダーに重要な情報を表示し、スイッチギアでアクセスできるデジタルメニューシステムも組み込まれている。

 「ABS」と「トラクション制御」も、最大限の安全性と制御のために装備。どちらもコンパクトで反応が早く、目立たないよう、視覚的影響を最小限に抑えて実装されている。

 ライダーのレバー操作を減らすように最適化された「トルクアシストクラッチ」は、長距離走行やストップスタートライディングでのライディングをさらに快適にする。また、新しい高価なゴールドバッジキーに組み込まれたトランスポンダーを備えた「エンジンイモビライザー」も、標準で装備されている。

プレミアムカスタム仕上げとディテール

 新型のBobber TFCでは、独特のクリップオンハンドルバーとユニークで美しく設計された軽量カーボンファイバーボディワークによって強調された、端正なBobberシルエットを獲得。

 カーボンファイバーボディワークには、TFCブランドの高価な電鋳バッジ付きの美しいカーボンファイバーサイドパネルや、カーボンファイバー製マッドガードサポートの付いたショートフロントマッドガードが含まれている。

 さらに精巧なディテールとして、ローレットハンドルグリップ、ユニークでスポーティな魅力的なライディングポジションと人間工学、TFCブランドの最先端のビレット加工アルミニウム製トップおよびボトムヨーク、Bobberの革新的な調整可能シート位置を提供するプレミアムリアルレザーステートメントシート、最小のBobber後端、およびビレット加工されたアルミニウムオイルフィラーキャップを採用。

 これらはすべて、プレミアムブラックアルマイト加工マルチスポークホイール、ブラックオーリンズリアサスペンションスプリングとオーリンズフォーク、ブラックエンジンカバー、ブラックフレームとスイングアームなど、美しいブラックアウト仕上げ。

 ブラックのテーマとリアルなカーボンファイバーがお互いを引き立て、独特のカーボンブラックとマットカーボンブラック、シルバーフォイルのユニオンジャックフラグの付いたニーパッド、磨かれたBobberデカール、タンクのTriumphトライアングルロゴデカールと、特徴的なプレミアムツインペイントスキームで仕上げられている。

 燃料タンクにもゴールドピンストライプが採用され、バッジや計器面のゴールドディテールから、ゴールドディテールのあるユニークなキーやスタイリッシュなカスタムゴールドチェーンまで、プレミアムゴールドのディテールがオートバイ全体に使われている。

 Bobber TFCは、伝統にインスピレーションを受けたステンレススチールストラップ付きバッテリーカバー、クラシックなリア「ドラムブレーキ」インスピレーションハブ、リアマッドガードループ、右サイドパネルの前にある点火バレル、バーエンドミラー、ブランドのついたロック式燃料キャップなど、独特なコアボバーデザインの特徴をすべて持ち合わせている。

Triumphのファクトリーカスタムオファー

 新しいTriumphのファクトリーカスタムオファーは、カスタムシーンにおけるTriumphの比べるもののない衝撃と、設計チームやエンジニアリングチーム内にあるユニークな情熱や専門知識を反映。

 これは、専用の工場設計ワークショップで作成された多くのユニークなオートバイで何度も実証されてきた熱い思い。個々のカスタムアンバサダーバイクから、映画用バイク、複数のレーシングバイク、オフロードからトラックレーシングとドラッグレーシングバイクまで、ツーリング用のすべて、そして多くがレース用に、それぞれがデザインとTriumph工場のカスタムチームのハンドクラフトカスタムアートの国際的レベルの能力を見せている。

 2014年のTriumph TFC Bobberと、Scramblerから始まったTFCオファー、Thruxton TFCとRocket 3 TFCが生み出した信じ難い世界的なプレスのヘッドラインや顧客の予約急増で、3代目のTFCモデルの発売は、これまでに作られた中で最も美しく、比類ないオートバイをさらに多くのTFCモデルとして作り続けるというTriumphの約束を表している。

●新型BOBBER TFC 主要スペック

エンジンタイプ:水冷SOHC並列2気筒8バルブ 270°クランク
排気量:1200 cc
ボア×ストローク:97.6mm x 80mm
圧縮比:11:01
最高出力:87PS/6,250rpm
最大トルク:110 Nm/4,500rpm
システム:マルチポイントシーケンシャル電子燃料噴射
エキゾーストシステム:ブラシ仕上げステンレス製 2-INTO-2 シングルスキンエキゾーストシステム、ブラシ仕上げステンレス製サイレンサー付き
駆動方式:チェーン
クラッチ:湿式多板式 アシスト付
トランスミッション:6速
フレーム:鋼管製クレードル
インストルメント:LCDマルチファンクションインストルメントパック(アナログ式スピードメーター、オドメーター、ギアポジションインジケーター、燃料計、推定走行可能距離表示、時計、トリップメーター2つ、平均燃費&瞬間燃費表示、トラクションコントロール状態表示、グリップヒーター状態表示可)、ハンドルバーのスクロールボタンで操作
スイングアーム:鋼管製両持ちタイプ
フロントホイール:32本ワイヤースポーク、19 x 2.5インチ
リアホイール:32本ワイヤースポーク、16 x 3.5インチ
フロントタイヤ:100/90 R19
リアタイヤ:150/80 R16
フロントサスペンション:Öhlins製 43mm USD フルアジャスタブル NIX30
リアサスペンション:Öhlins製 RSU、リバウンド・プリロード調整式
フロントブレーキ:310mm径ダブルディスク、Brembo製M50 4ピストンラジアルモノブロックキャリパー、ABS
シート高:未公開 (2020年1月の認証後にリリース)
レイク角:未公開 (2020年1月の認証後にリリース)
トレール:未公開 (2020年1月の認証後にリリース)
車両重量:未公開 (2020年1月の認証後にリリース)
燃料タンク容量:9 L

トライアンフ モーターサイクルズ ジャパン
http://www.triumphmotorcycles.jp/

バイク|令和元年(2019年)のトピックおさらい!

バイク|令和元年(2019年)のトピックおさらい! 一覧へ

解決します! 交通ルールの素朴なギモン

解決します! 交通ルールの素朴なギモン 一覧へ

3分でわかる! クルマとバイクのテクノロジー超簡単解説

3分でわかる! クルマとバイクのテクノロジー超簡単解説 一覧へ