MotorFan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • MotorFan[モーターファン]
  • モーターファンテック
  1. TOP
  2. モーターサイクル
  3. ニュース・トピック

出展のオフロードスポーツカー ジムニー+S660+スーパーカブ、これは夢の共演だ。|東京オートサロン2020/埼玉自動車学校

  • 2020/01/14
  • 近田 茂
このエントリーをはてなブックマークに追加

CT125より人気が出るかもしれない。思わず注目してしまったCub-Rock ! をヒッチキャリヤに搭載したカスタムカー。大胆なアイデアと黒/グリーンのカラーリングにも目が釘付けに。

PHOTO&REPORT⚫️近田 茂(CHIKATA Shigeru)

手頃なサイズ感と軽快なデザインがなかなか魅力的。オフロード散策に持ってこいである。
小径ホイールを採用しながらロングスイングアームを制作してホイールベースは大胆に延長されていた。

 鮮やかなグリーンとシュッツ仕上げの黒ペイントを採用。岩場を走破するオフロード・ビークルをコンセプトに開発されたS-ROCK & Cub-Rock。
 見るからに大胆なビッグフットと大きなロードクリアランスに圧倒されてしまう。しかしそれを上回るインパクトは、なんとジムニーとS660の合わせ技であった事。
 スチールで制作されたバンパーやパイプドアの採用で見事なまでの変身ぶり。こうした企画提案を実現して披露してくれた所に学生パワーの真髄を見せつけられる思いがした。

 ヒッチキャリアに搭載展示のCub-Rockも奇抜なアイデアとデザインセンスが秀逸。
 S-ROCKとは逆パターンにあしらわれたカラーリングを始め、リトルカブの小径ホイールを採用しながら、ロングホイールベースに改造。2本のスイングームを異なる位置で切断し、長い方同士で溶接。さらにモノショック・サスペンションへとオリジナルの改造が施されていた。ヘッドランプやハンドル周りもオリジナル・デザイン。
 商品力としてはCT125に勝るとも劣らない魅力を覚えたのである。

 学生生活の中でこのようなモデル開発を手がけてオートサロンに出展。多くの人の目に触れる機会が与えられる経験は羨ましい限り。後の業界を背負う人材育成にはとても大切。
 近い将来、社会へ巣立つこうした若き学生パワーの存在は侮れないのである。

ド迫力のビッグフット・オフローダー。ボディがS660であることに、すぐには気づけないかも。
助手席側にもグリップを装備。ご覧のシフトノブは本物の石から削り出したこだわりようである。
外径約880mmのビッグフットを装着。足回りは3インチもリフトアップしたツインショックを採用。
シャシーはスズキ・ジムニー、ボディはホンダ・S660という大胆な発想に強烈なインパクトがある。

埼玉自動車大学校

バイク|令和元年(2019年)のトピックおさらい!

バイク|令和元年(2019年)のトピックおさらい! 一覧へ

3分でわかる! クルマとバイクのテクノロジー超簡単解説

3分でわかる! クルマとバイクのテクノロジー超簡単解説 一覧へ

解決します! 交通ルールの素朴なギモン

解決します! 交通ルールの素朴なギモン 一覧へ