MotorFan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • MotorFan[モーターファン]
  • モーターファンテック
  1. TOP
  2. バイク
  3. ニューモデル

【普通二輪免許で乗れるドゥカティ】400ccだけど800ccと同等の存在感。ドゥカティ スクランブラーSixty2試乗

  • 2020/01/28
  • 青木タカオ
このエントリーをはてなブックマークに追加

アンダー400、つまり普通二輪免許で乗れる数少ない外国車のうちの1つが、ドゥカティ「スクランブラーSixty2」です。同社ラインナップでは唯一100万円を切る価格設定で、エントリーユーザーにも比較的手軽に乗れるモデルと言えるでしょう。2016年のデビューから4年が経ちますが、その魅力を再検証いたしましょう。

ドゥカティ・スクランブラーSixty2……92万円

 そのネーミングは、初代“Scrambler”(250〜350cc)が登場した1962年に由来するものです。輸出先となったアメリカ西海岸では、スケートボードやサーフィン、ポップミュージックといった若者たちによるカルチャーが生まれた頃で、「スクランブラーSixty2」ではそうした時代背景からインスパイアされたポップなデザインを採用しています。

 丸くて大きいヘッドライトに曲線を描くティアドロップ型のフューエルタンク、厚みのあるシート、見るからにカジュアルで、ストリートがよく似合います。

 スチール製トレリスフレームに懸架されるのは、ボア72mmxストローク49mmの空冷Lツインエンジン。スロットルボディ径50mmの電子制御式燃料噴射システムが組み合わされ、最高出力40PS/8750rpm、最大トルク3.5kg-m/8000rpmを発揮します。

 フロントブレーキはブレンボ製2ピストンキャリパーと320mm径フローティングディスクという組み合わせ。ボッシュ製ABSを標準装備し、軽快感のあるアルミ製10本スポークホイールには、アグレッシブなオフロードライディングを想起させるデザインのピレリ製ラジアルタイヤを履きます。

 フロントサスペンションはショーワ製41mm正立フォーク、リヤサスペンションはKYB製プリロードアジャスター付きモノショック。ホイールトラベルは前後とも150mmを確保しました。

 スクランブラーの中核を担う800ccモデルとフレームを共通とするため、車体サイズは変わりません。スペックを見ても全長2150mm×全幅860mm×全高1165mm、ホイールベース1460mmで、800モデル(アイコン=全長2100mm×全幅855mm×全高1150mm、ホイールベース1445mm)とほぼ同じです。

 なので、400であることはパッと見ではわかりません。ライディングポジションもゆったりとしたもので、ライダー側へかなり引き寄せるように曲げられたハンドルによって、アップライトな乗車姿勢となります。

 視線が高く、街乗りがしやすい。シート高は790mm(標準)で、足着き性も良好です。身長175cmの筆者の場合、両足をおろしてもカカトまでベッタリ地面に届きます。車両重量は183kgで、アイコンより6kg軽く取り回しも軽快でした。

バイク|令和元年(2019年)のトピックおさらい!

バイク|令和元年(2019年)のトピックおさらい! 一覧へ

解決します! 交通ルールの素朴なギモン

解決します! 交通ルールの素朴なギモン 一覧へ