MotorFan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • MotorFan[モーターファン]
  • モーターファンテック
  1. TOP
  2. バイク
  3. ニュース・トピック

メッキと刺繍のゴージャス仕様、モト・グッツィ V7III SPECIAL を発売

  • 2020/03/28
  • MotorFan編集部
このエントリーをはてなブックマークに追加
モト・グッツィV7III SPECIAL

ピアッジオグループジャパン株式会社は、モト・グッツィの主力モデルであるV7IIIシリーズに、多くのクロームパーツと艶やかなペイントやグラフィックによるクラシックでエレガントな外観を持つ『モト・グッツィV7III SPECIAL(ブイセブンスリー スペシャル:メーカー希望小売価格 1,177,000円消費税10%込)』を2020年3月27日(金)より全国のモト・グッツィ正規販売店にて受注を開始し、5 月中旬より出荷を開始する。

V7III Specialはかつてのモデルの精神に最も近い雰囲気を持ち、グロスペイントの外装や、クローム仕上げの各種パーツ、そしてスポークホイールなどクラシカルでエレガントなスタイリングをさらに際立たせる。

モト・グッツィ V7III SPECIAL……1,177,000円(消費税10%含む)

モト・グッツィV7III SPECIALの概要

メーカー希望小売価格:1,177,000円(消費税10%込)
カラー:オニスブラック、クリスタルグレー
受注開始日:2020年3月27日(金)
出荷開始時期:2020年5月中旬

 V7III Specialは、1975年のV750 S3をイメージさせるサイドカバーのストライプと、燃料タンクのグラフィックがクラシカルな印象を与える。 スポークホイールのアルミ製リムはポリッシュ仕上げで、ハブにはブラックに塗装されている。インスツルメントパネルは、タコメータを備えた二眼メーターを採用し、クロームメッキのパッセンジャーグラブレールが標準装備されている。 ダークブラウンの表皮を採用したシートは、MOTO GUZZIロゴの刺繍が施され、タックロール加工が70年代スタイルを強調している。

V7シリーズ概要

 V7はモト・グッツィのラインアップの中でも最も基幹となるモデルである。1967年にイタリアで最初に発売されて以来、V7はラインアップの中核となり、イタリアンモーターサイクルの代表格へと成長。傑出した性能とデザインで、幅広いユーザー層から高い人気を集めている。モト・グッツィはそれから50年の節目となる昨年 2017年に第三世代となるV7IIIを導入した。V7は2009年以来、モト・グッツィの最量販であり、モト・グッツィへのエントリーモデルの役割を担い、男女を問わず若い世代にも所有することを誇りに思わせる、マンデッロ・デル・ラリオで生産される、モーターサイクルを象徴する1台だ。

 初代V7に対してV7IIがそうであったように、V7IIIの改良にはローマ数字がひとつ増えることに相応しい価値を十分に考慮した。それは、高い人気でロングセラーを続けたモト・グッツィのル・マンやカリフォルニアを常に意識した。V7IIIは、ベストセラーを続ける可能性と能力があり、時代を超えて愛されるために欠かすことのできない2つの価値、変わることのないキャラクターと真正性を維持している。

 新しいエンジンを採用したV7IIIシリーズは、最高出力が10%向上したが、単なるパフォーマンスの向上はV7の改良の主目的ではなかった。マンデッロから送り出される第三世代の「750」は、カテゴリーの中でもサイズと重量が抑えられて乗りやすい、モト・グッツィのエントリーモデルであり続ける。それと同時に、他に類を見ない縦置きVツインエンジンによって引き立てられる、モト・グッツィ特有のキャラクターを備えている。スチール製フレームは、フロント部分が完全に改良、強化され、コーナーにおけるダイナミックな走り、より良いハンドリングと安定性を発揮する新しいステアリングジオメトリーを実現。現代のライダーのライディングニーズを満たす。最高出力は52HP/6,200rpmまで引き上げられました。最大トルクは60Nm/4,900rpmを発揮し、モト・グッツィのエンジンらしいキャラクターと俊敏なレスポンスに扱いやすさを融合させた、極めてフラットなトルクカーブを持つ。

 V7IIIは、ABSシステムと、無効にもできる新しい調整式 MGCT(モト・グッツィ・トラクション・コントロール)システムを装備している。前者は急ブレーキング時にホイールロックを防ぐ2チャンネルのContinental製システムで、後者は加速時にリアホイールのスピンを防ぐシステムだ。
 新しいMGCTシステムは、感度レベルを2段階に調整可能。ひとつは、濡れているあるいは滑りやすいアスファルトのようなグリップの低い状況で、控えめかつ理想的に作動するように。もうひとつはドライ路面で安全にスリリングな走りを楽しめるように設定されている。MGCTシステムのもうひとつの特徴は、トラクションコントロールシステムが常に正確に作動するよう、タイヤの摩耗や純正とは異なるプロファイルのタイヤの使用による、リアタイヤの外周長の変化を補正することだ。

主要諸元

エンジン:4ストローク 空冷 90°V 型 2気筒 OHV 2バルブ
総排気量:744cc
ボア×ストローク:80mm×74mm
最大出力:38kW(52HP)/6,200rpm
最大トルク:60Nm/4,900rpm
燃料供給方式:マレリ製電子制御燃料噴射システム
始動方式:セルフ式
トランスミッション:6速リターン
クラッチ:乾式単板
フレーム:高張力鋼管モジュラーダブルクレードル
フロントサスペンション:Φ40mm油圧式テレスコピックフォーク
リア サスペンション:油圧式ツインショックアブソーバー、スプリングプリロードアジャスタブル
フロントブレーキ:320mmステンレスシングルディスク、ブレンボ製異径対向4ピストンキャリパー
リアブレーキ:260mmステンレスディスク、フローティング2ピストンキャリパー
フロントホイール:2.5x18アルミリム、スポークホイール
リアホイール:3.5x17アルミリム、スポークホイール
フロントタイヤ:100/90-18"
リアタイヤ:130/80-17"
全長/全幅:2,185mm/740mm
シート高:770mm
ホイールベース:1,463mm
燃料タンク:容量21l
車両重量:213kg※走行可能状態(燃料は90%搭載時)
セーフティシステム:MGCTトラクションコントロール、ABS
製造国:イタリア

新型コロナウイルスと自動車産業

新型コロナウイルスと自動車産業 一覧へ

バイク|令和元年(2019年)のトピックおさらい!

バイク|令和元年(2019年)のトピックおさらい! 一覧へ

解決します! 交通ルールの素朴なギモン

解決します! 交通ルールの素朴なギモン 一覧へ

3分でわかる! クルマとバイクのテクノロジー超簡単解説

3分でわかる! クルマとバイクのテクノロジー超簡単解説 一覧へ