MotorFan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • MotorFan[モーターファン]
  • モーターファンテック
  1. TOP
  2. バイク
  3. ニューモデル

ホンダCBRの150ccバージョン! CBR150Rは最高のライトウエイトスポーツだ

  • 2020/05/03
  • 後藤武
このエントリーをはてなブックマークに追加

タイで生産されているホンダCBR150Rは、魅力的なスポーツバイクだ。軽量スリムでありながら本格的な作りが特徴。ライトウエイトスポーツとしての軽快な走りを楽しむことができる。
PHOTO●渡辺昌彦(WATANABE Masahiko)
問い合わせ●バイク館SOX(https://bs-sox.com)

ホンダCBR 150R…… 42万9000円

 CBR150Rを最初に見て感じたのは車体が非常にスリムだということ。これがこのマシンの性格を物語っている。150ccという排気量に合わせて車体をギリギリまで小さく軽くして運動性を追求しているのである。

 エンジンは軽量な車体に対して十分なトルクを発生。低回転でクラッチをつないでも回転が落ちることなく車体が飛び出していくし、流れの速い幹線道路でも中速までを使っていれば十分すぎるくらいの力強さがあるから、パワー不足によるストレスはまったく感じない。

 エンジンの回り方はスムーズ。かすかにシングルの鼓動感をライダーに伝えながら心地よく加速していく。メカノイズも少ない。回していくと回転に比例してパワーが出てきて、そのままレブリミットに飛び込んでいく。
 フラットな性格でエンジン特性に特徴的なキャラクターが与えられているわけではない。しかしその代わり、とても扱いやすい。これが重要なところ。

 トルクフルで扱いやすいエンジンが、CBR150R最大の魅力であるコーナーリング性能引き立てている。装着されているバイアスタイヤは細く、ラジアルほどのグリップや安定感を持っていない為、安心してスロットルを開けられ、どんな回転でも安定したトルクを生み出すエンジン特性が必須なのだ。

ライトウエイトならではの刺激的なハンドリング

 今回はストリートのみの試乗だった為、コーナーといっても交差点くらいしか走っていない。ところがこのマシン、交差点を曲がるだけで相当に面白い。

 ただし、ライディングではビックバイクと違った軽量マシンなりの扱い方が重要になる。タイヤのグリップに過度な期待はできないしフォークの剛性も決して高くないから、フルブレーキングしながら同時にバンクさせるような乗り方はするべきではない。
 進入でブレーキをかけてフォークを沈め、体を軽くオフセット。ステップワークでマシンを曲げる準備をしておき、バンクするタイミングでブレーキをリリースすれば、フォークが沈んで運動性が高くなっているマシンはスッと自然にバンクしてくれる。

 町中を走っているくらいのスピードならスロットルを開けたときも適度なトラクションがかかるからパワーでマシンの姿勢を安定させて立ち上がることが可能だ。高速のワインディングや登りなどになったら、パワー不足で苦しいだろうが、この排気量にそこまで求めるのは酷というもの。

 ちなみに最高速度は130km/h程度なので、高速道路で法定速度の巡航も問題なくこなすことができる。6速で100km/h程度なら振動もほとんどなく安定性も問題ない。ただ、8000rpmを越えたくらいからタンクとステップには細かい振動が出てニーグリップしているとくすぐったくなる。長時間高回転キープで走るとちょっと疲れるかもしれないが、その他は特に気になる点もなし。パワーに余裕はないけれど高速道路を使った移動もこなせるのはありがたい。

ライトウエイシングル本当の楽しさを感じさせてくれるマシン

 このマシン、初心者でも乗りやすいのだが、本当の素晴らしさが分かるのは、ライトウエイトシングルのことを理解したエキスパートライダーだろう。コーナーリングの楽しさ、奥深さを感じられるスポーツバイクである。

バイク|令和元年(2019年)のトピックおさらい!

バイク|令和元年(2019年)のトピックおさらい! 一覧へ

解決します! 交通ルールの素朴なギモン

解決します! 交通ルールの素朴なギモン 一覧へ

3分でわかる! クルマとバイクのテクノロジー超簡単解説

3分でわかる! クルマとバイクのテクノロジー超簡単解説 一覧へ