MotorFan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • MotorFan[モーターファン]
  • モーターファンテック
  1. TOP
  2. バイク
  3. ニューモデル

ライポジ・タンデム・取り回しetc. 一般道での使い勝手を入念チェック‼|CBR1000RR-R SP 1000kmガチ試乗③

このエントリーをはてなブックマークに追加

CBR1000RR-Rの解説と言ったら、MotoGPレーサーRC213V譲りのメカニズム……という話がメインになりがちだが、ここで検証するのは一般公道における使い勝手。サーキットが前提の市販レーサーではなく、ストリートを走るスポーツバイクという視点で、各部を評価してみたい。

REPORT●中村友彦(NAKAMURA Tomohiko)
PHOTO●富樫秀明(TOGASHI Hideaki)

ホンダCBR1000RR-R SP……278万3000円

今回試乗したのは上級仕様のSPだが、ホンダはニッシン製フロントキャリパー/マスターとショーワ製前後ショックを採用する、CBR1000RR-Rのベーシックモデルを242万円で販売。ちなみにライバル勢の価格設定は各社各様で、YZF-R1/Mは236万50000/319万円、ZX-10R/RRは210万10000/270万6000/298万1000円。GSX-R1000のベーシックモデルは海外仕様のみで、日本では上位機種のRが215万6000円で販売されている。

ライディングポジション ★★★☆☆

サーキットではベストと感じるはずだし、ワインディングロードの印象もなかなか良好。でもRR-Rのライディングポジションは、日常的に使うにはかなりキツい。と言っても現代のリッターSSの基準で考えれば、830mmのシート高は平均的で、ステップだって極端な位置ではないのだが、とにかくハンドルグリップが低いのである。なおアフターマーケットパーツを用いて、ハンドルグリップを数cmほど高くすると、カウルとフロントブレーキマスターシリンダーのリザーバータンクが干渉しそうだが、その問題はステーの見直しでどうとでもなりそう。

タンデムライディング ★★☆☆☆

リッターSSでタンデムなんてするものじゃない。そう思っていただけに、ビックリした。シャシーが絶大な安定感を備えているからか、RR-Rのタンデムはそれなりにイケるのだ。とはいえ、タンデムライダーのつかみどころは、格納式にして簡素なベルトしかないので、実際の走行中はかなりの不安を感じるらしい。もちろん、メインライダーの腰に手を回せば、その不安は解消されるはずだが、そうすると今度は操安性に問題が出て来るだろう。

取り回し ★★☆☆☆

先代より数kg重くなっても、RR-Rの装備重量は201kg。だから押し引きは楽勝かと思っていたのだが、低くてタレ角が強いハンドルに力が入れづらいうえに、太くてグリップがいいタイヤを履いているからか、決して軽々ではなかった。ウインカー内臓式のバックミラーは、格納状態と通常の2ポジション式で(微調整は鏡面で行う)、車庫入れや駐車時にはその機構がありがたかった。

ハンドル/メーターまわり ★★★★★

高級感が希薄という意見があるようだが、ブラックで統一されたコクピットは個人的には好感触。ヒカリモノや余計な色が存在しないことで、スポーツライディングに集中できる。TFTフルカラーメーターには5種類のレイアウトが存在し、どのパターンも非常に見やすく、どのパターンにも立つ瀬があった。バックミラーの視認性は、可もなく不可もなくという印象。

左右スイッチ/レバー ★★★★★

左スイッチボックスは新規開発。MODE/上下ボタンと左右レバーを介して行う、ライディングモードやセミアクティブサスの設定変更は非常にわかりやすかった。ただし、慣れないうちは中途半端な位置のウインカーを探すことが何度かあった。
フロントブレーキマスターはブレンボのセミラジアル。グリップラバーは1990年代以降のホンダ製スポーツモデルの定番品で、かつてホンダワークスに在籍したバレンティーノ・ロッシは、ドゥカティ/ヤマハでもこのグリップラバーを愛用。

燃料タンク/シート/ステップまわり ★★★★☆

ガソリンタンクは先代より後端の角が立っているようで、減速時に身体のストッパーとして使いやすかった。コーナリング時の外足のフィット感も良好。フレームカバーは熱気の遮断に貢献しているようだ。
ステップの踏み応えも抜群で、クイックシフターはダウン時のブリッピングが絶妙(先代より控え目な印象)。シートの座り心地は、残念ながらいまひとつ……。

積載性 ★☆☆☆☆

リアまわりに荷掛フックやループの類は一切ナシ。試しに手持ちシートバッグ×3を試してみたが、どうにも落ち着きが悪い。こうなってくると、アフターマーケットで販売されている、タンデムシートを外すタイプのシートバッグを使うしかない……と思ったら、なんとホンダ自身がアクセサリーパーツとして、そういう製品を販売していた。しかもタンクバックもアリ!

ブレーキ ★★★★★

ブレンボの前後ブレーキは近年のリッターSSの定番で、従来の常識だったφ320mm+10mmとなるフロントのφ330mmディスクも(リアはφ250mm)、すでにパニガーレV4やRSV4が採用しているのだが、それらを上回ると言いたくなるほど、RR-Rのブレーキは素晴らしかった。単に制動力が高いだけではなく、多種多様な電子制御が実にいい仕事をしてくれるので、急激な車体姿勢の変化やロックを微塵も恐れることなく、どんな場面でも自信を持ってブレーキがかけられるのだ。

サスペンション ★★★★★

前後ショックは、セミアクティブ式にして電子調整式のオーリンズNPX30/TTX36。基本的にはサーキット重視の特性だが、アジャスト次第で一般公道にも対応でき、乗り心地は決して悪くなかった。ちなみに、SPの減衰力の基本モードはTRACK/SPORTS/RAINの3種類だが(任意で調整することも可能)、ベーシックモデル用としてホンダが製作したサスペンションセッティングガイドには、標準/コンフォート(乗り心地重視)/スポーツに加えて、2人乗りの推奨設定も記されている。

車載工具 ★☆☆☆☆

テールカウル内に収まる車載工具は、2本のL型六角棒レンチのみ。太いほうはメインシート、細いほうはカウルの脱着で使用。他機種と共用の収納袋が、何だか物悲しく思える。もっとも、車載工具が充実していたとしても、このバイクのトラブルに出先で対応するのは難しいだろう。

燃費 ★★★☆☆

指定ガソリンは無鉛プレミアムで、燃費は今どきのリッターSSとしては平均的。後半の数値が徐々に良好になっているのは、僕自身の慣れの問題かもしれない(序盤はやたらとアクセルを開けていたような……)。ガソリンタンク容量は16Lで、④を基準とする航続可能距離は294.4km/Lだが、現実的には200kmを超えた時点で給油を考えるべきだろう。ただし燃料残量が3.5L以下のリザーブモードになると、RR-R走行可能距離を正確に表示してくれるので、つい無理をしたくなる。

レーダーチャートでキャラクターを分析

評価項目は、上3つがスポーツ性能で、他5つがツーリング性能。現代のリッターSSはいずれも同様の図形になりそうだけれど、RR-Rはエンジンとハンドリングに、ツアラーとしても通用しそうな資質が感じられる。とはいえ、燃費や航続距離、乗り心地、積載性などを考えると、やっぱりロングランに適したバイクではない。

バイク|令和元年(2019年)のトピックおさらい!

バイク|令和元年(2019年)のトピックおさらい! 一覧へ

解決します! 交通ルールの素朴なギモン

解決します! 交通ルールの素朴なギモン 一覧へ

3分でわかる! クルマとバイクのテクノロジー超簡単解説

3分でわかる! クルマとバイクのテクノロジー超簡単解説 一覧へ