充実した足まわりといい、ライバル不在の独創性が魅力!!

こんな200ccバイクが欲しかった。ロケットカウル付きのこのカフェレーサー、GPXジェントルマン レーサー200

ロケットカウル風のフェアリングにセパレートハンドル、そしてシングルシート風のタンデムシートカバー。カフェレーサースタイルにまとめあげられた“ネオクラシック”モデルは、タイGPXの上級モデルですが、価格はアンダー40万円(税抜き)です。「Gentleman Racer(ジェントルマン レーサー)200」、注目せずにはいられません!!

REPORT●青木タカオ(AOKI Takao) 
PHOTO●山田俊輔(YAMADA Shunsuke)
取材協力●GPX 千葉 クロニクル(https://chronicle521.com)

※2020年01月05日に掲載した記事を再編集したものです。現在このモデルは販売を終了しています。

Gentleman Racer(ジェントルマン レーサー)200

GPX・Gentleman Racer200……42万9000円(販売終了モデル)

Gentleman Racer(ジェントルマン レーサー)200

 スチール製ダイヤモンドフレームに空冷単気筒SOHC2バルブエンジンを搭載する車体構成は、「Gentleman(ジェントルマン)」を踏襲しますが、独創的なシルエットのフェアリングやセパレートハンドル、バーエンドミラーで独創的なカフェレーサースタイルとしています。

Gentleman Racer(ジェントルマン レーサー)200
 側面をレイヤー構造とするなど、手の込んだ形状としたフェアリング。リング状のLEDポジションランプを持つヘッドライトと絶妙なマッチングを見せ、第一印象では違和感がありましたが、見慣れていくうちにどんどんカッコイイと思えてくるではありませんか。不思議な魅力を持ったスタイルです。
Gentleman Racer(ジェントルマン レーサー)200
 ステンレス製スリップオン・メガホンサイレンサーは、GPX JAPANの母体となるツキギレーシングがプロデュースするオプションパーツ「TRエキゾーストシステム」です。レーシーなジェントルマンのスタイルをよりスポーティなものへと昇華させました。
Gentleman Racer(ジェントルマン レーサー)200
 アンダースポイラーやスネの内側で押さえ込む部分にある丸い形状のカバーなど、独創的なスタイルを決定づけるエクステリアパーツは、ベースとなる「ジェントルマン」譲りの装備。前後17インチの足まわりなども変更ありません。
Gentleman Racer(ジェントルマン レーサー)200
 ホイールはリムをブラック仕上げにしたクロススポーク仕様。トラディショナルな足もとにラジアルマウント式4ピストンキャリパーや倒立式フロントフォーク、ピレリ製のバイアスタイヤ「ANGEL CITY」がセットされ、新旧の要素が融合したレトロモダンなモデルであることを強調しています。
 セパレートハンドルによって、上半身が前傾となるライディングポジション。車体はコンパクトですが、窮屈ではなくゆったりとした感覚もあります。ニーグリップがしやすいよう、大きなラバーが燃料タンクに貼られているのもありがたいところです。
Gentleman Racer(ジェントルマン レーサー)200
Gentleman Racer(ジェントルマン レーサー)200
Gentleman Racer(ジェントルマン レーサー)200
 シート高は800mmと低く、身長175cmの筆者だと両足カカトまで地面に届きます。車両重量は160kgで、公式スペックではカウルなしの「ジェントルマン」と変わりません。軽量・コンパクトで押し引きも容易い印象です。
Gentleman Racer(ジェントルマン レーサー)200
 上はベースモデルで、フラットバー装備のジェントルマン。セパレートハンドルのジェントルマン レーサー200の方が上半身は若干前傾となることがわかります。

著者プロフィール

青木タカオ 近影

青木タカオ

バイク専門誌編集部員を経て、二輪ジャーナリストに転身。最新バイク情報をビギナーの目線に絶えず立ち返…