スーパースポーツ好きがクルーザーに乗りたくなったときのモトグッツィV9ローマーという選択肢【試乗:MOTO GUZZI V9 ROAMER】

ハーレーダビッドソンに代表され、アメリカンとも呼ばれることの多い「クルーザー」というカテゴリー。屹立したハンドルと低いシート、そして足を前へ投げ出すようなライディングポジションが生み出すワイルドな佇まいには、バイク乗りなら誰もが憧れを抱いたことがあるに違いない。だが乗ってみると、いわゆるスポーツバイクとのあまりの違いに戸惑いを覚える人も多いわけで……。

REPORT/PHOTO●小泉建治(KOIZUMI Kenji)

※2019年12月11日に掲載した記事を再編集したものです。
価格や諸元、カラーバリエーションが現在とは異なる場合があります。
モトグッツィV9ローマー
モトグッツィV9ローマー

ワイルドなのに繊細───絶妙なマカロニウエスタン

 一般的にはアメリカンとも呼ばれる、いわゆるクルーザー型のバイクには記者も憧れを持っている。とりわけハーレーダビッドソンの世界観には、子供の頃から憧憬の念を抱いていた。

 しかし実際に乗ってみると……バンク角が少なくてすぐにステップを擦ってしまうのはしかたないとしても、前方に投げ出した足、低いシート、高すぎるハンドルなど、あまりに一般的なスポーツバイクと異なり、心の底からライディングを楽しめない。

 ちなみに記者は普段は四輪を担当しているから、二輪ジャーナリストのように常日頃から様々なバイクに接しているわけではなく、自ずと試乗時のモノサシは自分が所有しているバイクになる。そういう意味では一般的な読者のみなさんに近い。で、私はどんな二輪を好んで乗っているかというと、スーパースポーツが中心だ。

 だったらおとなしくスポーツバイクに乗っていればいいのだが、だからといって興味の対象からクルーザーを切り捨てることができない。

「もう速くなくてもいい。ワイルドなクルーザーに乗り換えたい」

「スーパースポーツは所有しつつ、のんびり楽しめるクルーザーも欲しい」

 そう考えている人は実は少なくないはずだ。

 そんなみなさんにオススメしたいのがモトグッツィV9ローマーである。バンク角90度のVツインエンジンを縦に搭載するイタリア製アメリカン、いわゆるマカロニウエスタンだ。

モトグッツィV9ローマー
エッジの効いたティアドロップ型タンクが美しい。小ぶりに見えるが15Lの容量を確保している。
モトグッツィV9ローマー
メーターはごくシンプルなデザインで、タコメーターは備わらない。液晶にはシフトポジションやトリップメーター、燃費計などが表示される。

 マッチョなイメージの強いクルーザー型バイクだが、V9ローマーはイタリア車らしい繊細さも併せ持つ。とりわけ目を惹くのがエッジの効いたティアドロップ型タンクで、光の当たり方によっては陰影がくっきり浮かび上がる。とても小ぶりに見えるのに15Lとまずまずの容量が確保されているのはありがたい。

 シート高は785mmとクルーザー型にしては高めだが、前方が絞り込まれており、身長174cmの記者だと両足がべったりと地面について膝も曲がる。

 サイドスタンドを上げて車体を起こすと……軽い! V9ローマーの車重は199kgとクルーザー型にしては異例に軽く、前述の足つきもあって、小柄な女性でも取り回しに不安を覚えることはないだろう。

モトグッツィV9ローマー
左右に張り出した縦置きのV型2気筒エンジンはモトグッツィのアイデンティティだ。

 スターターボタンを押すと、ドゥルルッという身震いとともに853ccのVツインは目覚めた。軽くアクセルグリップをひねると、縦型エンジンらしくクランクシャフトの反力で車体が右に傾く。記者は20世紀のモトグッツィに乗ったことがないが、諸先輩方によれば、一昔前と比べたらこの癖はだいぶ抑えられているらしい。

 いずれにせよ神経質になるほどではなく、ちょっとした「個性」としてむしろ楽しめる類のものだ。

モトグッツィV9ローマー
V9ローマーの隠れた長所がこのシート。座り心地は抜群で、サポート性も高い。前方は絞り込まれ、足つきにも配慮されている。

 ステップは膝の真下にあるような感覚で、多くのクルーザー型モデルのように足を前に投げ出すタイプではない。好みや相性の問題だが、記者にはV9ローマーのポジションはしっくりきた。足を前方に投げ出すと、どうしても猫背気味になって腰に力が入らず、コーナリング時にしっかり荷重をかけられない。ステップワークにも難がある。「クルーザーはそうやって乗るバイクではない」と言われればそれまでだが、せっかくバイクに乗るのだからコーナリングもちゃんと楽しみたいと思うのはスーパーカブに乗っているときでさえ同じである。

 そしてステップに立って腰をシートから浮かせられるのもロングツーリング時にはありがたい。

 ちなみに2017年にV9ローマーが日本に導入された当初はステップの位置はもう少し前だったが、長身のライダーの膝がエンジンに当たる可能性があるとのことで年次改良の際に僅かに後ろに下げられている。

 そしてシートが秀逸だ。こちらも導入当初にはもっと細身の形状だったものが年次改良時に現行タイプに変更されているのだが、後方にいくに従ってワイドになり、その後端の辺りの収まりがとてもいい。コシがあって座り心地がいいうえにサポート性も高く、高速巡航でゆったり乗るときも、ワインディングで積極的に操りたいときも、いずれも後方に座ると具合がよかった。

著者プロフィール

小泉 建治 近影

小泉 建治

 小学2年生の頃から自動車専門誌を読み始め、4年生からは近所の書店にカー アンド ドライバーを毎号取り…