125ccじゃ物足りないから。インドネシア仕様のホンダCRF150Lに乗ってみたら、なかなか楽しめた!

トレールバイクのラインナップが少ないと嘆いているオフロードファンは多いと思います。でも輸入車に目を向ければ気になるモデルが存在しています。そんな1台がインドネシアで製造されているホンダCRF150Lです。さいたま市にあるサイクルロードイトー指扇店ではCRF150Lの輸入販売をしていて、レンタル試乗も可能です。

PHOTO●山田俊輔(YAMADA Shunsuke)

ホンダCRF150L……419,000円(消費税込み)

サイクルロードイトー指扇店 参考乗り出し価格……500,000円

抜群の取り回し性が街中から林道走行まで安心感を与えてくれる

『CRF』はホンダのオフロードモデルシリーズの名称で、CRF50FからCRF1100Lアフリカツインまで豊富なラインナップを揃えています。ところがよくよく見ると、公道走行できる一般市販車は、大型アドベンチャーモデルのCRF1100Lアフリカツインシリーズと、CRF250ラリー、CRF250Lだけなのです。排気量区分でいったら、1100と250からしか選択できない状況なのです。普段使いからツーリングまでといった一般的な使用状況でいえば、CRF250ラリーもしくはCRF250Lしかないといってもあながちまちがいじゃないでしょう。なんとも寂しい現状ですね。

 しかし諦めるのは早いです。国内市場を見渡せばたしかにちょうどいいサイズのオフロードモデルはないのですが、輸入車も選択肢に入れて探せば初心者からベテランまで走りを楽しめるモデルはあります。インドネシアで生産されているホンダCRF150Lもそうした中の1台です。

 スタイリングデザインは兄貴分に当たるCRF250Lによく似ています。車格はひと回り小さめでだれにでも親しめるサイズだと感じます。250だとちょっと大きいなあと及び腰だったライダーには、以前なら125という選択肢があったのですが、それらが消滅した現在では、この150はジャストな大きさじゃないでしょうか。もちろん普通二輪免許以上を所持しているのが前提ですが。

CRF250Lよりひと回り小さいボディは、車重も122㎏と軽量なので、体格の大小に関係なく不安感なく接することができる。このようにボディはスリムでコンパクトだが、ポジションに窮屈なところは一切なく、上体もアップライトでヒザの曲がりもきつくない。シートが細身なのでお尻は痛くなるが、このポジションならツーリングも楽しめそうだ。シート高は869㎜となかなかの高さだ。しかしシートがスリムで、腰を下ろしたときに前後サスペンションが程よく沈むので、数値から想像するよりはるかに足つき性は悪くない。身長178㎝のボクが跨った場合、両足がちゃんと地面に着き、さらにヒザにゆとりができた。これなら街乗りでもまったく問題ない。林道など路面が荒れていて足場の悪いところで足を着く際にも、この足つき性ならバイクを倒してしまう危険性は低いはずだ

 外観からはコンパクトに見えるCRF150Lですが、車高自体は250とそれほど大きな差はありません。285㎜という最低地上高も250と同じです。さらにシート高も869㎜あります。乗り降りする感覚は250と変わりありません。ところが、シートに腰を下ろすと前後のサスペンションが程よく沈み込み、両足が着けられるほどになりました。178㎝と長身のボクがいっても説得力がないかもしれませんが、スリムなボディもあって足つき性は決して悪くありません。ポジションは250とほぼ同じで窮屈さは微塵もない一方で、足は着けやすいのですからこれは利点といってもいいでしょう。さらにありがたいのが、車重が122㎏と軽いことです。なので車体の引き起こしにも苦労しませんし、狭い場所で向きを変えるといった一連の取り回し性に関しては、小柄な女性ライダーだけじゃなく、ボクのように体力が落ちた熟年ライダーにも優しくて使い勝手がいいのです。また、エンデューロなどの競技に参加するライダーにもこの軽量マシンは最適な選択になると思います。

低中速型のエンジンは一般道での日常走行からツーリングまで不足のない性能を発揮

 セル一発で目覚めるエンジンは149.15cc空冷SOHC2バルブ単気筒で、吸入にはPGM-FIを採用しています。最高出力は12.91ps/8000rpm、最大トルク12.43 Nm/6.500 rpmという性能です。このスペックからもわかるとおりパワフルなエンジン特性を目指したのではなく、あくまでも日常での使い勝手を優先させています。ミッションも5速としています。

 国内のラインナップを改めて見てみると、CRF150Rというモデルがあります。こちらは競技専用のいわゆるコンペモデルなのですが、Rの公道モデルがLという位置づけにはなっていません。なにしろCRF150RのエンジンはFCRキャブを装備した水冷SOHC4バルブ単気筒ですし、ボア×ストロークもまったく異なります。したがってコンペモデルのCRF150Rとインドネシア製のCRF150Lはまったく別のモデルなのです。

 発進加速にとくに不足は感じません。強烈なパワーはありませんがいかにも低中速トルク型だなといった頼れるパワーフィーリングを実現しています。5000から6000回転あたりを目安にシフトアップしていく感じがもっとも気持ちよくて、一般道での走りならそんなエンジン回転の領域で事が足ります。この空冷シングルは8000回転でピークパワーを発生するのですが、そこまではフラットに伸びていきます。レスポンス自体は決して俊敏じゃありませんが、操作性が良いエンジン特性だと思いました。ただしがんばって高回転まで回しても頭打ちの感じになりますし、スピードも伴いません。なのでムダに回すよりも低中速トルクを生かした走り方がストレスにならない最良の方法です。

 CRF150Lは軽二輪なので当然、高速道路を走行することができます。性能的には100㎞/h巡航は可能です。でも高回転を維持し続けることになって、そうなるとハンドルから伝わる振動も気になりますし、なにより精神的に安定しません。基本的には一般道を使ったツーリングを楽しむのが最適なモデルです。遠くまで足を延ばしたいとか時間に余裕がないなどやむを得ない事情があるときだけ高速道路を利用するのがこのモデルには合っていると思いました。

 122㎏の軽量でスリムなボディが見せる走りは軽快そのもの。足が長くて重心が高いトレールバイクならではの車体構成は、低中速域での走行でクイックなハンドリングを見せます。しかもCRF150Lは250㏄クラスと比較してひと回り小ぶりなので、混雑する市街地ではとくに抜群の機動性を発揮してくれるのです。

 トレールバイクだと未舗装の林道を走りに行くこともあると思いますが、そんなツーリングにも最適なボディだと感じました。今回もフラットな砂利道を走行してみましたが、無茶なことさえしなければある程度スピードを上げても恐怖心は芽生えませんでした。舗装の一般道でもそうですが、ストロークの大きな倒立フロントフォークにプロリンクリアサスが衝撃をちゃんと吸収してくれ、車体に不安定な挙動を伝えることがありませんでした。フロント21、リア18インチのスポークホイール、そしてそこに装着されたIRC製のGP-21/GP-22オンオフタイヤも舗装路でのグリップ性とクセのないハンドリングを実現していますし、ダートにおいても不足のないトラクション性を発揮しています。本格的なエンデューロに参加するのであればもちろん、タイヤ交換は必要ですし、サスペンションのモディファイもすることになるでしょう。しかし、街中の移動や休日のツーリングに利用するといった一般的な使用なら、スタンダードで十分な性能を有していると思います。

 荷物の積載性など工夫しなくちゃいけないところもいくつかありますが、ビギナーからベテランまで気軽に走りだせる魅力がCRF150Lにはあります。さまざまな要素を考えると、日本市場でたくさんの需要を生む可能性があるのではないかと思いました。

ディテール解説

装備されたバーハンドルは高さ、幅ともに自然で快適なポジションを実現してくれる。燃料タンクは7.2L容量
現在のオフロードモデルでは標準的となったコンパクトなデジタルメーター。燃料計があるのはツーリングで心強い
左手には上からヘッドライト上下切り替え、ホーン、ウインカーの各スイッチが並ぶ
右手スイッチにはセルスイッチとキルスイッチが配置
バイザーにビルトインされたヘッドライト。ハロゲンバルブを採用している。またウインカーはホワイトレンズとしている
リアフェンダーに一体化して装備されたテールランプ。高い位置にあるので被視認性はいい
タンク上まで伸びたシートがオフロードモデルらしい。体重移動もしやすい。ただし細身で硬めなのでツーリングでは疲労する
右側に取りまわされたアップマフラー。音量は控えめなので早朝の出発も気兼ねなくできる
セミダブルクレードルフレームに搭載された149.15㏄空冷SOHC2バルブ単気筒エンジン。吸入にはPGM-FIを採用している。始動方式はセル・キック併用としている。低中速トルク型のエンジン特性は、一般道や林道走行に最適。高速道路の走行も可能だが、長距離移動にはちょっとつらい面もある

フロントタイヤは2.75-21サイズを装備。シングルディスクブレーキは2ポットキャリパーを採用している
リアタイヤは4.10-18サイズ。ブレーキにはシングルピストンキャリパーのディスクを装備。制動力に不足はない
倒立フロントフォークを装備したフロントサスペンション。ストローク量が大きくダート走行で強い味方になってくれる
リアサスペンションには定評あるプロリンクを採用。十分なストローク量が確保されていて、ダート走行をサポートする

主要諸元

全長×全幅×全高:2119×793 ×1153 mm
シート高:869mm
軸間距離:1375mm
最低地上高:285mm
車両重量:122kg
原動機種類:4ストロークSOHC単気筒
総排気量:149.15 cm3
燃料供給方式:PGM-FI (Programmed Fuel Injection)
内径×行程:57.3 x 57.8 mm
圧縮比:9.5:1
最高出力:9,51 kW(12,91 PS)/8.000 rpm
最大トルク:12,43 Nm(1,27 kgf.m)/6.500 rpm
始動方式:セル式
クラッチ形式:湿式, 多板
変速装置/変速方式:常時噛合式5速/リターン式
燃料タンク容量:7.2L
エンジンオイル容量:1L
点火方式:トランジスタ式
バッテリー容量/型式:MF Wet 12V 3.5Ah
フレーム形式:セミダブルクレードル
サスペンション(前/後):テレスコピック(ストローク225mm)/モノショック
タイヤサイズ(前/後):2.75 – 21 45P/14.1 – 18 59P
制動装置形式(前/後):油圧式シングルディスクブレーキ(240mm)/油圧式シングルディスクブレーキ(220mm)

著者プロフィール

栗栖国安 近影

栗栖国安

TV局や新聞社のプレスライダー、メーカー広告のモデルライダー経験を持つバイクジャーナリスト。およそ40…