過給機だけじゃない! 曲がる・止まるも優秀だった「ニンジャH2 SX」試乗レポ|カワサキ

今回のNinja H2 SXは、ほんの2時間程度のプチ試乗。のっけから言い訳してしまうと、あまり多くの情報を集めることはできなかった。……というよりも、あまりのポテンシャルの高さに、都心での試乗ではその実力の鱗片程度しか味わうことができない。正直、試乗車を奪い去ってこのまま2~3日どこか遠くまで突っ走りたい! 思わずそんな衝動に駆られるほどの逸材だった。
REPORT●近田茂(CHIKATA Shigeru)
PHOTO●山田俊輔(YAMADA Shunsuke)

※2018年05月26日に掲載した記事を再編集したものです。
価格や諸元、カラーバリエーションが現在とは異なる場合があります。
カワサキ・Ninja H2 SX

カワサキ Ninja H2 SX……1,998,000円

カワサキ・Ninja H2 SX
カワサキ・Ninja H2 SX
カワサキ・Ninja H2 SX
カワサキ・Ninja H2 SX

 Ninja H2 SX は2018年3月に新発売された最新バージョン。バイク歴の長い筆者にとって、H2と言えば古き2 ストローク3気筒のナナハンを思い出してしまうが、それ以上に216㎏の車体に最大で326ps を発揮するエンジンで超弩級の高性能を披露したH2R の存在が見逃せない。クローズドコース専用モデルとして600 万円近いお値段も驚きだが、YouTube映像によると最高速度は400km/hを超える。まさに世界最強最速のバイクなのだ。

 もちろん200万円を切るプライスが与えられたNinja H2 SXがそれとは別物であることは百も承知だが、それでも200psを発揮するスーパーチャージドエンジンを搭載し、実力的にはゆうに300㎞/hを超える超高性能マシンであることに変わりはない。まぎれもなくカワサキのフラッグシップモデルなのだ。

 世界にその名を轟かせたZ1を始めNinja 、そしてZZRと続いて来た同社の旗艦モデルに相応しい存在感。川崎重工業が誇るトップモデル開発に掛けられたスタッフの熱き想いの丈が実感できる乗り味に感銘を受けた。ルーツも含めてこれまで同社が辿ってきた道のりまで思い出されてしまうのだ。

激し過ぎず、フレンドリーさを感じる加給システム

 跨がるとドッシリとした重量感を覚える。ちなみに車重は256㎏。とは言え押し引きも含めてその手応えは1400ccまで拡大されたZZR よりは親しみやすい。車幅は775mm 。スリムに決まるハンドル幅はツアラーとして相応しいライディングポジションが与えられている。フロントのスクリーンは上級モデルのH2 SX SEよりは低くスポーティな印象。低い位置から前方を睨むフロントマスクのデザインは個性的でかつ迫力がある。
 トレリスフレームに搭載された注目のエンジンは水冷DOHC16バルブの直列4 気筒。バランス型スーパーチャージドエンジンである。基本構造こそH2Rのそれと同じだが、過給器を始め吸排気系等、ほとんどを変更し専用チューニングされている。

カワサキ・Ninja H2 SX

 その乗り味に荒々しさは無い。凄まじいパワーを秘めていることは十分に伝わってくるがスロットル操作に対して常に大人のレスポンスを披露する。決して遅いわけではない。加速度の変化に対する調教具合が実にジェントル。クラッチを繋げた直後から、1万rpmを超える領域までそれはもう強烈な加速度を披露するのだが、そのなかにも常に落ち着いた雰囲気が伴っているのだ。つまり加速度の変化に対する調教具合が、乱暴ではなく常にしっとりと穏やかであり、ライダーはそこに安心感を覚える。同時の過給音の高まりにはワクワクさせられてしまうだろう。

重い、だが自然に曲がれる

カワサキ・Ninja H2 SX

 しかもその穏やかな安心感は、エンジンの出力特性だけでなく、S 字コーナーを右へ左へと切り返すクイックな身のこなしの中にも感じられ、急激なブレーキ操作でもまた同様。つまり、エンジン特性、操縦性、制動特性の全てにバランス良く一貫性のある落ち着いた乗り味が達成されているのだ。
 例えばタイトなコーナーへと倒し込んで行くとバイクの動きは決して軽快ではないのに素直に思い通りの旋回ができる。バイクが傾く時、そして元に戻る時はあくまでシットリと落ち着いた挙動に終始する。直進時はもちろんかなり深くバンクさせた旋回中でも車体の安定性は抜群のものがある。

 ブレーキも効力に大きなゆとりが感じられ、それもガツンと効くのではなく優しい効き味の中で強力な制動力が発揮されてしまうのだ。日本の道路事情では許されない超高速でタンデムツーリングする様な世界でも常に安心して走れる快適性がそこにある。カワサキ旗艦モデルの開発ステージは、欧州のアウトバーンも含まれ、実際の交通環境の中で徹底的に走らせる。そこで追求される高性能がどうあるべきなのか、ジェントルな乗り味に帰結させるところにカワサキらしさとH2SXならではの魅力があるのだ。

 正直、欧州で突っ走りたい。歴史に残る逸材として開発ストーリーも含めてジックリと取材してみたいと思えたのが今回の感想だ。

著者プロフィール

近田 茂 近影

近田 茂

1953年東京生まれ。1976年日本大学法学部卒業、株式会社三栄書房(現・三栄)に入社しモト・ライダー誌の…