ディスク仕様の新型スーパーカブ110&クロスカブ110をSP武川がカスタム! 【動画・モトチャンプTV】

新型のロングストローク型エンジンになって排ガス規制をクリアした新型スーパーカブ110&クロスカブ110。フロントにディスクブレーキを装備したことも大きな話題になっている。今、大注目の新型カブをSP武川が早速カスタムしてくれた! モトチャンプTVでカスタム内容を解説しているので、早速チェックしてみよう。

ユーチューブでオリジナル動画を無料配信しているモトチャンプTV。プログラムには「カブ」「新型車研究所」「パーツ紹介」「スクーター」など、モトチャンプが得意としている内容をジャンルごとに用意している。今の話題は何といっても新型スーパーカブ110とクロスカブ110で、先日もディスクブレーキ装備でどう変わったのかを紹介する記事を公開した。公開と同時に多くの反響をいただいたからというわけでもないが、モトチャンプTVにはさらに新型カブ110のカスタムを紹介する記事もアップされている。それが今回紹介する「ディスク仕様の新型カブ、速攻カスタム!」だ。新型のスーパーカブ110とクロスカブ110をスペシャルパーツ武川が早速カスタムしてくれた。新製品には注目のディスクブレーキや新型エンジンに対応させたものも含まれているので、新型カブを買ってカスタムする予定があるなら必見の内容。そこで今回は動画のなかから注目パーツをピックアップしてみた。

新型スーパーカブ110のカスタム

まず紹介したいのが新型スーパーカブ110用のカスタムパーツたち。排ガス規制に対応させるためロングストローク仕様のエンジンになったということは、従来のドラムブレーキ仕様カブ110用マフラーが使えないということ。新製品が待たれているわけだが、早速リリースされたのがキャプトンタイプのP-SHOOTERマフラーだ。もちろん音量や排ガスは基準をクリアしているので、安心して使えるマフラーなのだ。

SP武川の新型スーパーカブ110コンプリート車。
新型エンジンに対応するP-SHOOTERマフラー。
純正キャリパーのまま制動性能を向上できるフローティングディスクローター。
新型カブにジャストフィットするよう開発された専用スクリーンキット。

機能面ではディスクブレーキの性能を向上させてくれるパーツから紹介したい。待望のディスクブレーキ装備では、純正だとソリッドタイプのディスクローターに1ポットキャリパーが採用されている。いきなりキャリパー交換となると敷居が高いが、純正キャリパーのまま制動性能を向上させてくれるディスクローターが開発されたのだ。純正のソリッドは熱による影響で摩耗面の精度が低下してしまうことがある。そこでSP武川ではフローティングタイプのディスクローターを開発して熱歪みによる影響を最小限にすることに成功した。動画制作時は価格未定だったが、現在は2万2000円(税込)で販売されている。またツーリングユーザーから絶大な支持を集めそうな専用スクリーンキットも新開発。こちらはまだ価格未定だが、専用だけあってジャストフィットしている。

ハンドルに取り付けるツーリングバッグ。
両サイドに装着可能なサイドバッグサポートとツーリングバッグS。

積載性を高めるカスタムパーツも数多くリリースされている。定番のセンターキャリアだけでなく、ハンドルカウルに装着できるツーリングバッグは大注目な製品。上面に特殊フィルムを採用することで内部に収納したスマホのタッチパネルを操作することが可能。また取り外したらウエストポーチやショルダーバッグとして使えるような設計になっているので、休憩する時にはバッグを外して持ち運ぶことも可能だ。またリヤキャリアに追加してサイドバッグがタイヤに巻き込まれることを防止するサイドバッグサポートも欲しいところ。スーパーカブ用には左右ともに装着が可能で、片側のみだと写真にあるよう1万3200円(税込)だがLRセットだと2万6400円(税込)になる。またキャリアに載せるピリオンシートやクッションシートカバーを組み合わせてルックスと機能面両方を向上させることができるのだ。

新型クロスカブ110のカスタム

お次はクロスカブ110。クロスカブ110も新型になってロングストローク仕様のエンジンとフロントディスクブレーキを新採用している。エンジンはスーパーカブと全く同じだが、ディスクブレーキに差異がある。クロスカブ110には2ポットタイプのディスクキャリパーが採用されているのだ。とはいえSP武川のフローティングディスクローターはクロスカブ110にも対応しているので、コンプリート車にも装着されている。

SP武川の新型クロスカブ110コンプリート車。
新型エンジンに対応するアップタイプのスクランブラーマフラー。

クロスカブ110のコンプリート車で一番の見どころがアップタイプのマフラーだろう。従来のドラムブレーキ仕様JA44クロスカブにも用意されていたスクランブラーマフラーだが、新型となってエンジンが変わったことに対応させてきてくれた。CL72スタイルのレトロ感あるスタイルは変わらず、新型エンジンに装着可能なように開発されたのだ。動画制作時には近日発売予定だったが、すでに発売されていて価格は5万4780円(税込)となっている。

大柄に見せると同時に防風効果の高いレッグバンパー&シールドセット。
レッグバンパーに装着可能なLEDフォグランプキット3.0。

スタイル上で最も効果的なアイテムはレッグバンパー&シールドセットだろう。スーパーカブ一族らしくレッグシールドのような効果とルックスを演出してくれるアイテムで、より大柄に見えることからも発売が待ち遠しい逸品。レッグバンパーにはLEDフォグランプキットが装着可能で、純正ヘッドライトだけでは頼りない場面で大活躍してくれるはず。またレッグバンパーに取り付けるシールドは写真のグリーンのほかブラック、グレー、迷彩柄が用意されている。好みのスタイルに合わせて選びたいポイントだ。

スクランブラーマフラー装着を前提に車体左サイドだけ開発されたサイドバッグサポートとツーリングバッグS。

コンプリート車にはフロントキャリアキット(1万780円・税込)やアルミセンターキャリアキット(1万5180円・税込)なども装着されているが、やはり注目はリヤキャリアに追加するサイドバッグサポートだろう。こちらはスーパーカブ110用と同じ製品で価格も1万3200円(税込)と変わらない。ただ、アップタイプのスクランブラーマフラーを装着すると車体右側面に取り付けることができなくなるため、クロスカブ用としては左側面のみのラインナップとなっている。またツーリングバッグSもスーパーカブに装着してあるものを同製品だ。このほかスモークレンズのテールランプやウインカーなども装着したことで、リヤのルックスを大きく変えている。新型カブ110を購入予定の人も、すでに納車されている人も、大注目の製品群なのだ。

著者プロフィール

増田満 近影

増田満

小学生時代にスーパーカーブームが巻き起こり後楽園球場へ足を運んだ世代。大学卒業後は自動車雑誌編集部…