セローに似てる? 似てない? 新型CRF250Lに試乗、市街地も林道もやっぱりストレスフリーでした。|新車試乗記

2021年にフルモデルチェンジしたばかりのホンダ・CRF250LとCRF250ラリーが、2023年モデルで仕様を一部変更し令和2年排出ガス規制に適合した。スタンダードなCRF250Lと、シート座面が50mm高いCRF250L〈s〉はナックルガードが標準装備となり、前者の車体色は都会的なイメージのスウィフトグレーに。さっそくシート高が低い方のCRF250Lに試乗したので、そのインプレッションをお届けしよう。

REPORT●大屋雄一(OYA Yuichi)
PHOTO●山田俊輔(YAMADA Shunsuke)

ディテール解説

249ccの水冷DOHC4バルブ単気筒は、最高出力24ps/9000rpm、最大トルク2.3kgf・m/6500rpmとも前年モデルから変更はなく、燃費に関して定地燃費値が微増、WMTCモード値が微減した程度だ。2021年モデルよりアシストスリッパークラッチが採用されており、レバーの操作力が非常に軽い。
2021年モデルで3室から2室構造となったサイレンサー。新排出ガス規制の適合によるものか、2023年モデルは部品番号が変わっているが、見た目にはほとんど変化なし。
φ43mm倒立式フロントフォークは、右側にスプリング、左側にダンパーを内蔵したショーワ製のセパレートファンクションタイプで、ストローク量は235mm。フロントディスクはφ256mmウェーブタイプで、これにニッシン製のピンスライド片押し式2ピストンキャリパーを組み合わせる。
スイングアームはアルミ一体鋳造製で、シリンダー径φ40mmのショーワ製ショックユニットを組み合わせる。ホイールトラベル量は230mmだ。ホイールリムはアルミ製で、ブラックアルマイト+ポリッシュ仕上げ。タイヤは前後ともチューブ入りだ。リヤのブレーキディスク径はφ220mm。
2023年モデルにおける外観上の大きな変更点が、ハンドルバーにナックルガードが追加されたことだ。純正アクセサリーとして5500円で販売されていたもので、新色のスウィフトグレーはブラックを、ハイシートの〈s〉はレッドを採用する。
2021年モデルでギヤポジションインジケーターと平均燃費計が追加されたモノクロLCDメーター。右側にある白いボタンはリヤのABSをキャンセルするためのスイッチだ。
灯火類はテール&ブレーキランプのみフィラメント球を採用。LEDウインカーは転倒時のダメージを軽減するフレキシブルラバーマウントや、急制動時に左右同時に高速点滅するエマージェンシーストップシグナルを採用する。
新色のスウィフトグレーのシートはブラックのシート表皮を採用。シートはフックボルト2本を緩めると取り外せる仕組みだ。左サイドカバーの周辺にはキー付きツールボックスとプッシュ式ヘルメットホルダーがある。

ホンダ・CRF250L(2023年モデル) 主要諸元

車名・型式 ホンダ・8BK-MD47
全長(mm) 2,210〔2,230〕
全幅(mm) 900〔900〕
全高(mm) 1,165〔1,205〕
軸距(mm) 1,440〔1,455〕
最低地上高(mm) 245〔285〕
シート高(mm) 830〔880〕
車両重量(kg) 141
乗車定員(人) 2
燃料消費率(km/L)
 国土交通省届出値:定地燃費値(km/h) 47.5(60)〈2名乗車時〉
 WMTCモード値(クラス) 33.7(クラス 2-2)〈1名乗車時〉
最小回転半径(m) 2.3
エンジン型式 MD47E
エンジン種類 水冷4ストロークDOHC4バルブ単気筒
総排気量(cm3) 249
内径×行程(mm) 76.0×55.0
圧縮比 10.7:1
最高出力(kW[PS]/rpm) 18[24]/9,000
最大トルク(N・m[kgf・m]/rpm) 23[2.3]/6,500
燃料供給装置形式 電子式〈電子制御燃料噴射装置(PGM-FI)〉
始動方式 セルフ式
点火装置形式 フルトランジスタ式バッテリー点火
潤滑方式 圧送飛沫併用式
燃料タンク容量(L) 7.8
クラッチ形式 湿式多板コイルスプリング式
変速機形式 常時噛合式6段リターン
変速比
 1速 3.538
 2速 2.250
 3速 1.650
 4速 1.346
 5速 1.115
 6速 0.925
減速比(1次/2次) 2.807/2.857
キャスター角(度) 27° 30′
トレール量(mm) 109
タイヤ
 前 80/100-21M/C 51P
 後 120/80-18M/C 62P
ブレーキ形式
 前 油圧式ディスク(ABS)
 後 油圧式ディスク(ABS リアキャンセル機能付き)
懸架方式
 前 テレスコピック式(倒立サス)
 後 スイングアーム式(プロリンク)
フレーム形式 セミダブルクレードル
製造国 タイ
※〔 〕内は〈s〉

キーワードで検索する

著者プロフィール

大屋雄一 近影

大屋雄一