Motor-Fan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. 自動車カタログ
  3. レクサス
  4. LC

レクサス LC 新型自動車カタログ|新車価格1300~1650万円[試乗インプレ/燃費/技術開発]

  • 2020/12/28

LSに先行する形でGA-Lプラットフォームを採用し、16年にデビューを果たした新型のラグジュアリークーペ。レクサス・クーペのフラッグシップモデルである。コンセプトカー「LF-LC」のデザインを継承した、美しくもアグレッシブなスタイリングが持ち味である。また、今後レクサスのFRモデルの基礎となるGA-Lプラットフォームは、慣性諸元の作り込みや高剛性、軽量化を徹底して開発されている。LCはボディ骨格やルーフにカーボンが採用され、軽量なアルミ材も積極的に使うことで重心高を下げ、優れた回頭性を追求した。17年3月には日本でも発売。LSと同じ3.5ℓV6マルチステージハイブリッドを搭載した「LC500h」、5.0ℓV8に10速ATを組み合わせる「LC500」をラインアップする。2020年6月にはコンバーチブルクーペモデルの「LC500 Convertible」が追加された。

魅力的な外観と一新の内容。期待高まる! 総合評価:8点

まさか、こんな美意識を持った日本のクーペに出会える日が来るとは夢にも思わなかった。妖艶な雰囲気、さすがのクオリティも、見ているだけで満たされるほど。注目すべきは外観だけじゃない。LCはレクサスの新開発FRプラットフォーム採用第一弾でもあるのだ。フロントミッドに積まれるパワートレインはLC500がV型8気筒5ℓ自然吸気エンジン+10速AT、LC500hがV型6気筒3・5ℓエンジンと2基の電気モーター、そして出力軸に接続された4段トランスミッションを組み合わせ、仮想10段変速を実現した、新開発のマルチステージハイブリッドとなる。試乗はこれからだが、フットワークにもパワーフィールにも期待が高まる。
(島下泰久著『2017年版間違いだらけのクルマ選び』〔草思社刊〕より)

最新刊『2018年版間違いだらけのクルマ選び』島下泰久著〔草思社刊〕

レクサスLC 2020年7月発売モデル

LC500 コンバーチブル

価格 1,500万円
排気量 5000cc
駆動方式 FR
最高出力 477 ps(351 kW)/7100rpm
最大トルク kg・m(540 Nm)/4800rpm
乗員 4名
燃費 -

レクサスLCの歴代モデル

Motor-Fan厳選中古車物件情報

中古車TOPへ

レクサス LC バックナンバー

  • 2017/05/05
  • Motor Fan illustrated編集部