ロータス製トラックバイクをイングランド代表チームが使用

ロータスは自動車だけ造っているわけではない? ロータス トラックバイク、2022年の「コモンウェルスゲーム」の自転車競技でメダルを獲得

ロータス・エンジニアリングとホープ・テクノロジーが共同開発した「ロータス トラックバイク」。
ロータス・エンジニアリングとホープ・テクノロジーが共同開発した「ロータス トラックバイク」。
ロータス・エンジニアリングが開発したロータス トラックバイクを、2022年のコモンウェルスゲームにおいてイングランド代表チームが使用。様々なトラック競技でメダルを獲得し、昨年の東京オリンピックに続き、ロータスの技術力への注目が集まっている。

英連邦競技会で高い技術力をアピール

現在、バーミンガムで開催中のコモンウェルスゲームにおいて、イングランド代表チームがロータス トラックバイクを使用。ロータス・エンジニアリングのマーク・ストリンガー(写真)は、幅広い分野に対応可能な高い技術力がロータスの強みだとアピールする。
現在、バーミンガムで開催中のコモンウェルスゲームにおいて、イングランド代表チームがロータス トラックバイクを使用。ロータス・エンジニアリングのマーク・ストリンガー(写真)は、幅広い分野に対応可能な高い技術力がロータスの強みだとアピールする。

コモンウェルスゲームは、英連邦に所属する国・地域が参加し、4年ごとに開催されるスポーツ競技大会。第22回コモンウェルスゲームズは、2022年7月28日から8月8日にかけて、イングランド・バーミンガムで開催されている。

ロータスは、今回もイングランドの自転車代表チームをサポートしており、多くのライダーが、英国の名門自転車部品メーカーのホープ・テクノロジー社とロータスが共同開発したロータス トラックバイクを使用している。今回、昨年の東京オリンピックに続き、世界的なスポーツ競技において、ロータスのコンサルタンティング部門が提供する高い技術力をアピールすることになった。

ロータス・エンジニアリングのコマーシャルディレクターを務めるマーク・ストリンガーは、コモンウェルスゲームでの活躍について、次のようにコメントした。

「ロータス・エンジニアリングが持つ専門知識とパフォーマンスは、プラットフォーム開発、コントロールシステム開発、そして幅広いテクニカルサービスの提供という3本の柱を展開しています。今回の競技用自転車の開発のように、幅広い分野に対応できる多様性がその特徴と言えるでしょう」

様々なプラットフォームを他メーカーに提供

ロータスは、現在電自動車用プラットフォームを3種、エミーラなどで導入されている内燃機関用プラットフォームを1種展開。これらのプラットフォームを活用した車両開発を、ロータス・エンジニアリングはサポートしている。
ロータスは、現在電自動車用プラットフォームを3種、エミーラなどで導入されている内燃機関用プラットフォームを1種展開。これらのプラットフォームを活用した車両開発を、ロータス・エンジニアリングはサポートしている。

ひとつ目の柱、ロータス・エンジニアリングのプラットフォーム開発部門の目的は、ロータスが保有する自動車用アーキテクチャー(プラットフォーム)を商業化することにある。つまり、ロータス製プラットフォームを活用し、他の企業に向けた車両開発をサポートしている。

現在、ロータスは3種類のフルEV用プラットフォーム、エミーラで使用されている内燃機関用プラットフォームという、4種類の車両用プラットフォームを展開。さらに、ロータス・エンジニアリングが「レガシーアーキテクチャー」と呼ぶ、昨年までエリーゼ、エキシージ、エヴォーラに活用されてきた、内燃機関用プラットフォームも活用することができる。

「これらのプラットフォームは、サイズ、パワートレイン、レイアウト、性能の面で大きな柔軟性を備えています。ロータスとしてはすでに開発作業を終えているため、新たな車両開発を迅速なスケジュールと少ない投資で実現することが可能です。また、ロータス・デザインと生産ラインへのアクセスも可能なため、最初のスケッチから本格的な製造まで、車両全体の一括プログラムも提供することができます」と、ストリンガーは説明する。

テクニカルサービス部門によるバイク開発

今回、コモンウェルスゲームでイングランドチームが使用したバイクは、ロータス・エンジニアリングのテクニカルサービス部門が、ホープと共同開発した。
今回、コモンウェルスゲームでイングランドチームが使用したバイクは、ロータスエンジニアリングのテクニカルサービス部門が、ホープ・テクノロジーと共同開発した。

2本目の柱となるコントロールシステム開発部門は、プラットフォーム技術に付随する技術を様々な企業に販売。エンジンコントロールシステム、ロータス・アクティブバルブトレイン、アクティブノイズコントロールなどを展開している。

ロータスのエンジンコントロールユニット(ECU)は、30年以上にわたって継続的に開発が続けられてきた。これまでロータスの様々な内燃機関モデル、ハイブリッドや電気自動車のデモカー、そして最近ではロータス・エンジニアリングのカスタマーに向けたハイパーカー開発でも使用されている。

3本目の柱、テクニカルサービス部門はロータス・エンジニアリングが提供できるすべての技術が含まれている。車両やコンポーネントの設計、製品コンセプトの開発から、コンセプトの実証・検証作業など、その分野や作業は多岐にわたる。

今回、ホープ・テクノロジーと共同開発されたトラックバイクは、このテクニカルサービス部門が担当。軽量化、先進マテリアルの導入、優れたエアロダイナミクスなどの技術革新が、今回のコモンウェルスゲームにおけるメダル獲得を後押しすることになった。

ロータス・エンジニアリング、世界的な技術賞「ビークル・ダイナミクス・インターナショナル・アワード2021」を受賞

ロータス・エンジニアリング、世界的な技術賞「ビークル・ダイナミクス・インターナショナル・アワード2021」を受賞

ロータスの研究開発・コンサルティング部門である「ロータス・エンジニアリング」が、ビークル・ダ…

著者プロフィール

GENROQweb編集部 近影

GENROQweb編集部