「レクサス RZ」一部改良とFWDモデル追加「電池急速昇温システム導入」

フル電動専用クロスオーバー「レクサス RZ」に待望のFWDモデル「RZ300e」がラインナップ

フル電動専用クロスオーバー「レクサス RZ」のラインアップに、前輪駆動モデル「RZ300e」が登場した。
フル電動専用クロスオーバー「レクサス RZ」のラインアップに、前輪駆動モデル「RZ300e」が登場した。
レクサスは、バッテリーEV(BEV)専用モデル「RZ」のラインアップに、前輪駆動(FWD)モデルの「RZ300e」を追加。また、一部を改良を施し、11月30日から全国のレクサス店を通じて発売を開始した。

LEXUS RZ300e

新たに電池急速昇温システムを採用

前輪駆動の「RZ300e」の追加に合わせて、「電池急速昇温システム」を搭載。低外気温時での急速充電時間を短縮することで、カスタマーの使い勝手が向上した。
前輪駆動の「RZ300e」の追加に合わせて、「電池急速昇温システム」を搭載。低外気温時での急速充電時間を短縮することで、カスタマーの使い勝手の向上を図った。

レクサスは初のBEV専用モデルとして、2023年3月にAWD仕様の「RZ450e」を導入。今回、追加された「RZ300e」は、RZ450eの開発で掲げた走りのコンセプト「The Natural」を継承したFWDモデルとして開発された。

RZ450e同様に、BEV専用プラットフォーム「e-TNGA」を採用し、バッテリーやモーターの最適配置による理想的な慣性モーメント、軽量・高剛性のボディ素性を実現。さらに、新たにリヤサスペンションメンバーをFWD専用開発するなど、RZとしての走りのコンセプトにこだわり、徹底的な作り込みを行った。

さらに、今回の一部改良では、急速充電速度の向上を実現する「電池急速昇温システム」を採用した。空調用ヒーターの発熱を車両フロア下に搭載するバッテリーへと伝達する経路を改良。熱損失を最小限にすることで、冷間時のバッテリーの温度を上げ、充電速度の向上を実現した。低外気温下における急速充電時間を短縮することで、カスタマーの使い勝手が大幅に向上するという。

合わせて、中南米を含む9つの国と地域にRZを追加導入し、より多くのカスタマーにBEVモデルの選択肢を提供する。

FWDモデル専用のサスペンションを開発

AWDモデルよりも100kg軽量化したことに加えて、専用のサスペンションを開発。より自然な乗り味を実現している。
AWDモデルよりも100kg軽量化したことに加えて、専用のサスペンションを開発。より自然な乗り味を実現している。

「RZ300e」は、ドライバーの操作に対して車両が素直に応える乗り味「The Natural」を実現するため、前輪駆動(FWD)専用サスペンションを開発。フル電動パワートレインのエネルギー効率を高めることで航続距離も拡大した。

FWD専用に開発されたリヤサスペンション・メンバーにより、ノイズや不快な振動を抑制し、乗り心地が大幅に向上。さらにコイルスプリング/スタビライザー/ショックアブソーバーの設定をFWD専用に最適化し、RZ450eと比べ約100kg軽量化した車両重量を活かし、軽快でリニアな車両挙動を実現している。

今回、フロントモータを駆動させるインバーターに、電力ロスの少ないSiC素子(シリコンカーバイド)を採用。最大航続距離は599kmが確保されている。

車両本体価格(税込)

RZ450e “version L”(4WD):880万円
RZ300e “version L”(FWD):820万円

【問い合わせ】
レクサス インフォメーションディスク
TEL 0800-500-5577

【関連リンク】
・レクサス公式サイト

特別仕様車「RZ450e First Edition」の専用エクステリア。

「最大航続距離494km」レクサス初のBEV専用モデル「レクサス RZ450e」がデビュー

3月30日、レクサスがブランド初となるバッテリーEV(BEV)専用モデル「RZ」を発売した。…

キーワードで検索する

著者プロフィール

GENROQweb編集部 近影

GENROQweb編集部