テクノロジーがわかるとクルマはもっと面白い。未来を予見する自動車技術情報サイト

TOP > 自動車業界の求人 > 検索結果一覧 > EV・PHEVの電池開発

EV・PHEVの電池開発

求人企業名:三菱自動車工業株式会社

年収 880万円〜1100万円
勤務地 愛知県岡崎市橋目町字中新切1番地
職務内容 ■EV・PHEVの電池開発として以下の業務をご担当していただきます。

<具体的には>
■MMC車両に搭載可能な電池サプライヤとの情報共有及び電池戦略の策定等
■各車両に最適な電池を搭載するためサプライヤの選定・戦略の構築
■各プロジェクトをマネジメント
※部下のマネジメントよりもプロジェクトマネジメントが主な業務になります。
出張場所・頻度 基本的になし。(ご経験と場合により発生する可能性もございます。)
必要な経験・資格 【必須要件】※下記すべてに該当する方
■自動車用リチウムイオン電池の開発経験
■TOEIC600点以上のスコアをお持ちの方
■現在課長級以上の職位に就いている方
※管理職採用の為には上記スコアが必要になります。
雇用条件
  • 雇用形態: 正社員
  • 転勤の有無: 場合により有
  • 就業時間: 8:15〜17:15
  • 給与形態: 月給制
福利厚生 寮・社宅、財形貯蓄、社員持株、保養所、三菱車社員販売制度、ボランティア休業制度、カフェテリアプラン 等
※開発拠点に関しては自動車通勤可能(入社後、半年間以降は三菱自動車で通勤頂きます。)
教育・研修制度 導入研修(年2回)、社長講話、オンライン英会話、TOEIC講座(500点突破講座/700点突破講座)、エンジニア研修、海外派遣前研修、海外業務研修、OJT 等
企業情報 【日系完成車メーカー(東証一部)】
1970年設立。同社は、SUV(スポーツ用多目的車)や4WD(四輪駆動車)、EV(電気自動車)の領域に強みを持つ完成車メーカーです。中でも、2009年には業界で初めて電気自動車(i-MiEV)の量産化に成功しました。また、売上の約8割は海外マーケットによるもので、中でもタイ、フィリピン、インドネシア等のアセアン地域に強みを持っています。これらの国々では”MITSUBISHI”は大きな信頼を集めるブランドとなっていおり、街中を走るほとんどのクルマは同社の車種になっています。

【今後の事業展開】
同社は2019年までに16年度比40%増の130万台の販売台数と2.5兆円企業を目標とし、戦略としては商品の刷新と中核市場への注力を掲げています。商品の刷新に関しては「エクスパンダー」「エクリプス クロス」を含む合計6車種を新たに市場に投入予定で、今後は元来強みを持っているアセアン地域に注力していく予定です。また設備投資も積極的に行う方針で2019年まで設備投資額1,370億円にまで増額する予定です。

【働き方】
完全フレックスタイム制が導入されています。なお月の最低労働時間が定められており、尚且つ1日最低4時間労働さえ満たせば、個人の裁量で労働時間を選択できる環境です。また、日産同様の評価体制である「コミット&ターゲット」をすべての職位に対して導入予定です(2019年4月までに完全移行予定。)コメット&ターゲットとは、決定した目標を達成するとその分のインセンティブが出る制度で、より個人の実績や結果にフォーカスした人事制度です。またキャリア採用においても入社後、3年間で主任クラスから部長に昇格した事例がある等、新卒、中途は関係なく、入社後の貢献度で公平に評価がされる風土です。
おすすめポイント 今回の募集では新たな価値観や文化を作りあげるリーダーとして手腕を発揮することが期待されます。これまでのビジネス経験を活かして幅広くご活躍いただけます。ほかにも多くの魅力がありますので、まずはお気軽にお問い合わせ下さい。
お問い合わせ番号 203442

関連求人情報

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
エバポレーター
エアコンの室内ユニットを構成する一要素で、コンプレッサーで圧縮され、コンデン...
スロットルチャンバー
電子制御式燃料噴射装置において、吸気マニホールドのコレクターに取り付けられ、...
メインシャフト
FR用MTにおいて、アウトプットシャフト(出力軸)をメインシャフト(主軸)と呼んでい...

カーライフに関するサービス