サゲてく? アゲてく? オーテックがカスタムした2台のノート、どっちが好み!?【東京オートサロン2022】

オーテック
オーテックブースでは2台のカスタマイズモデルが展示された。
東京オートサロン2022において、オーテックはノート オーテック/ノート オーテック クロスオーバーをベースとしたカスタマイズモデルを出展。かたやスポーティなサゲ系、こなたアクティブなアゲ系と、好対照なアレンジが施された2台を見比べてみよう。

スポーティなサゲ系か、アクティブなアゲ系か?

ノート オーテック カスタマイズド

今回の東京オートサロンで、日産ブースに展示されていたオーテックブランドのカスタマイズモデルは2台。まずは、ノート オーテックをベースとした「ノート オーテック カスタマイズド」だ。

ノート オーテック カスタマイズド
ノート オーテック カスタマイズド

ノート オーテックは、ドットパターンのフロントグリルや、アンダー部のメタル調フィニッシャーによって特別感を高めたモデルだ。フロントバンパーにはブルーに輝くシグネチャーLEDを採用することによって、オーテックのモデルであることを主張する。

ノート オーテック カスタマイズド
ノート オーテック カスタマイズド

カスタマイズモデルのポイントは、1インチアップとなる17インチホイール。このホイール、じつはセレナ オーテック スポーツスペックが採用しているものだが、ただ履かせただけではない。ノートのハブは4穴、セレナは5穴という違いがあるので、ノートを5穴化する必要があったのだ。

ノート オーテック カスタマイズド
ノート オーテック カスタマイズド

さらにローダウンスプリングを装着することにより、車高を20mmローダウン。ノート オーテックのスポーティさがさらに際立つ仕様となっている。

ノート オーテック カスタマイズド
ノート オーテック カスタマイズド

ノート オーテック クロスオーバー カスタマイズド

もう1台は、ノート オーテック クロスオーバーをベースとしたカスタマイズモデルだ。

ノート オーテック クロスオーバー カスタマイズド
ノート オーテック クロスオーバー カスタマイズド

ノート オーテック クロスオーバーは2021年10月に発表。ドットパターンのフロントグリルやシグネチャーLEDの装着に加えて、専用サスペンションやタイヤの大径化により地上高を25mmアップしている。

ノート オーテック クロスオーバー カスタマイズド
ノート オーテック クロスオーバー カスタマイズド

今回のカスタマイズではさらに45mmほどリフトアップ。ノーマルのノートと比べると、じつに70mmも高くなっている。が、サイドビューを眺めてみると、この車高がアウトドアっぽい雰囲気を高めており、「これがノート オーテック クロスオーバーの標準でいいのでは?」と思えるほどマッチしているのがわかる。

ちなみに、ボディサイドを前後に走るストライプも今回の特別装備だ。

ノート オーテック クロスオーバー カスタマイズド
ノート オーテック クロスオーバー カスタマイズド

フロントバンパーの下部には専用デザインのスキッドプレートプロテクターを装着するほか、ホイールアーチガーニッシュにシルバーのアクセントをあしらうことで、アクティブな雰囲気を演出しているのも見逃せない。

ノート オーテック クロスオーバー カスタマイズド
ノート オーテック クロスオーバー カスタマイズド

ちなみに17インチホイールはノート オーテック カスタマイズドと同様、セレナ オーテック スポーツスペックのものだが、こちらはブラックアウトすることで足元が引き締められている。

ノート オーテック クロスオーバー カスタマイズド
ノート オーテック クロスオーバー カスタマイズド

スポーティなサゲ系か、アクティブなアゲ系か? 好対照のカスタマイズが施されたノート オーテック/ノート オーテック クロスオーバーに注目だ。

著者プロフィール

長野 達郎 近影

長野 達郎

1975年生まれ。小学生の頃、兄が購入していた『カーグラフィック』誌の影響により、クルマへの興味が芽生…