3月リリース! 復活したラリーアートが展開するアクセサリーから目が離せない【東京オートサロン2022】

三菱ラリーアート
エクリプスクロス RALLIART Styleとアウトランダー RALLIART Style。
3月から発売が予定されているラリーアートのアクセサリーを装着したカスタムカーが登場した。それがアウトランダーとエクリプスクロス、2台をベースとした「RALLIARTスタイル」だ。スポーティでいながらプレミアム。新生ラリーアートが提案するスタイルをとくとご覧あれ。

エクリプスクロス RALLIART Style & アウトランダー RALLIART Style

ラリーアートから3月にリリースされるアイテムの中で、まず注目したいのは前後左右のガーニッシュとテールゲートスポイラーだ。適度にスポーティでありながら、上質さも感じさせるデザインが目を引く。これまでは機能が優先される傾向があったのだが、新生ラリーアートは落ち着いた大人も満足させるプレミアムな雰囲気も携えている。

三菱ラリーアート
エクリプスクロス RALLIART Style
三菱ラリーアート
アウトランダー RALLIART Style

もちろん、これまでのラリーアートが築いてきたラリーフィールドでのイメージも上手に取り入れている。それが真っ赤なマッドフラップだ。実際にダート路面を走ることのないユーザーにとっても、足元のほどよいアクセントとしてチョイスしたいアイテムである。

三菱ラリーアート
エクリプスクロス RALLIART Style

また、ナンバープレートフレームやナンバーロックボルト、ブラックホイールロックナット&ラグナットセットも用意される。こうした小物も要チェックだ。

インテリア用のアクセサリーとしては、ロゴ入りのフロアマットとエンジンスイッチが用意されている。

三菱ラリーアート
アウトランダー RALLIART Style
三菱ラリーアート
アウトランダー RALLIART Style

コンセプトモデルでは、カラーリングにも注目したい。美しい光沢を放つホワイトダイヤモンドのボディカラーをベースに、フロント/サイド/リヤのガーニッシュとリヤスポイラーにはレッドのアクセントカラーを配置。ボディサイドのデカールと相まって、多くのユーザーがラリーアートに期待するスポーティな雰囲気を表現している。

三菱ラリーアート
エクリプスクロス RALLIART Style

今回ご紹介したラリーアートのアクセサリーは、3月の発売が予定されている。もちろん、ラリーアートの活動がこれだけにとどまることはない。ユーザーの反響次第で、さらなる可能性が広がっていくはずだ。今後のラリーアートに引き続き注目していきたい。

エクリプスクロス RALLIART Style

三菱ラリーアート
フロントアンダーガーニッシュ(参考出品)
三菱ラリーアート
サイドエクステンション(参考出品)/サイドデカール(参考出品)
三菱ラリーアート
リヤアンダーガーニッシュ(参考出品)/テールゲートスポイラー(参考出品)

アウトランダー RALLIART Style

三菱ラリーアート
フロントアンダーガーニッシュ(参考出品)
三菱ラリーアート
サイドエクステンション(参考出品)/サイドデカール(参考出品)
三菱ラリーアート
リヤアンダーガーニッシュ(参考出品)/テールゲートスポイラー(参考出品)
合わせて読みたい
三菱ヴィジョン ラリーアート コンセプト
ラリーアートが復活! 22インチホイール+ブレンボ6ポットブレーキ装備のコンセプトモデルを初お披露目【東京オートサロン2022】
合わせて読みたい
三菱K-EV concept X style
eKクロス⁉︎ いや、三菱が2022年度初頭に発売する軽EVだ! 【東京オートサロン2022】

著者プロフィール

MotorFan編集部 近影

MotorFan編集部