【このキャンピングカーが欲しい!】全高アップでさらに使いやすく! バンクベッドを装備した「H」に注目

AtoZ アルファH
AtoZ アルファH(車両本体価格:570万9000円/展示車価格:576万1800円)
実力派ビルダーのAtoZの中でも、使いやすさとスタイリッシュさの好バランスで人気を集めているのがアルファ・シリーズ。新たにラインナップに加わった「アルファH(ハイ)」は、全高を拡大することでバンクベッドの装備を可能とするなど、居住性能をさらに向上させた注目の1台だ。

TEXT●山崎友貴(YAMAZAKI Tomotaka)
PHOTO●Motor-Fan.jp

ユーザーフレンドリーなキャブコンは広いダイネットが特徴|AtoZ アルファH

AtoZのキャブコンといえば、「アレン」や「アミティ」といった名車揃いだが、充実装備な上にユーザーフレンドリーな価格が特徴だ。休日ともなれば、アレンやアミティを路上で見ないことはない。さらにNV200をベースにした「アルファ」は、キャブコンにスタイリッシュなフォルムもプラスし、そのラインナップを盤石なものにしている。

そして昨年末には、「アルファH(ハイ)」が加わった。アルファHは、その名の通り、従来のアルファの車高をアップさせたモデルだ。アルファをエアロフォルムを実現するために全高を2400mmに抑えていたが、アルファHは2580mmに拡大。快適な居住空間を実現している。

AtoZ アルファH
アルファHのベースは日産NV200。1.6Lのガソリンエンジンを搭載する。

今回紹介するモデルは既存のタイプ2に加えて、新たにラインナップされた「タイプ1」で、ダイネットが対面シート+ソファタイプになっているのが特徴だ。通常だと対面シートだけの場合が多いダイネットだが、横向きに座るソファがプラスされていることで、テーブルとソファーが両用できるメリットがある。

AtoZ アルファH
対面シートとソファ(ベンチシート)の組み合わせとなるタイプ1。ソファ下は収納スペースとなっている。

後部座席の走行中の定員は3名だが、ダイネットとして使う場合は4名がゆったりとくつろぐことができる。またテーブルでPCなどを広げた状態で、ソファでゴロ寝するといった使い方も可能だ。

AtoZ アルファH
展示車はコーディネーターが提案するインテリア「シフク(至福)」を採用。ピンクが明るい雰囲気を演出する。

ベッド展開も非常に簡単で、マットを並べるだけ。バタフライタイプのシートのように、コツも力も必要ないので、女性でも簡単に使えるだろう。就寝スペースは1220×1840mm。さらに運転席上のバンクも就寝が可能で、こちらは1550×1800mmとさらに広い面積が確保されている。

AtoZ アルファH
全高を拡大することによって、前席上部にはバンクベッドが備わるようになったのも「アルファH」の特徴だ。

キャンパー装備はエントラントがある車両後部にまとめられている。車内に入ると、まず右手にギャレーを設置。スリムなタイプだが、実用性は十分にある。蛇口はシャワーヘッドタイプで、ホースを引き出してアクリル窓から出すと、車両後部でレジャーシャワーとして使うこともができるのはうれしい。

AtoZ アルファH
キッチンにはシャワーヘッドタイプの蛇口を装備。

左手には下駄箱を装備。天板は作業台として使えるので、調理スペースになる。入って正面にはマルチスペースが設けられている。床が防水タイプなので、収納だけでなくトイレとしても使うことができる。その左手には冷蔵庫が設置されており、容量49Lと1日分の食料を入れるには十分だ。

AtoZ アルファH
エントランスドア横に下駄箱を配置。上部は引き出し式のテーブルになっているのが便利。
AtoZ アルファH
マルチスペースの床は防水仕様になっている。
AtoZ アルファH
冷蔵庫は49Lサイズ。

収納スペースもしっかりと設けられており、冷蔵庫下、ソファー下、さらにダイネットの頭上にも左右にキャビネットが設置されている。

AtoZ アルファH
扉付きのキャビネットをルーフサイドの左右に装備するなど、収納スペースが充実している。

その他、キャンパーで一般的な装備はすべて備えている。サブバッテリーや走行充電システム、外部電源は標準装備だが、追加のサブバッテリーやソーラー充電などのオプションも充実している。

走行性能のアップグレードも怠っておらず、後輪軸への荷重増加でも操縦安定性が低下しないように、リア強化サスペンションが標準装備となっている。

ちなみに、全高は18cmアップしているが、スタリッシュなエアロフォルムは健在だ。フロント回りからサイドまで、車両下部にエロアパーツががっちり奢られており、さらにルーフ形状も空力を考えた形状になっている。一見すると、欧州製のキャンパーを彷彿させるデザインは、ユーザー心をかなりくすぐるはずだ。

AtoZ アルファH
スタイリッシュなフォルムもアルファHの魅力だ。

カッコいいデザインと快適な空間の両方が欲しい!という欲張りユーザーは、ぜひこのアルファHをチェックしてみてほしい。

AtoZ アルファH

■車両本体価格:570万9000円/展示車価格:576万1800円
■ベース車両:日産NV200
■乗車定員/就寝定員:6人/大人2人+小人2人
■主要装備:マルチルーム/シンクシャワーヘッド(伸縮タイプ)/49L12V冷蔵庫/アクリル二重窓/清水タンク(10L)/サブバッテリー(105A)/調理器具(カセット式)排水タンク(10L)
■展示車のオプション装備:バッテリーチャージャー 5万2800円

FAFパーフェクトマット

寝心地最高! 車中泊の悩みを解消する“極楽系”専用マットに注目【東京オートサロン2022】

最近のアウトドアブームの高まりにより、車中泊を楽しむ人も増えている。快適に車内で寝るためには…

著者プロフィール

山崎友貴 近影

山崎友貴

SUV生活研究家、フリーエディター。スキー専門誌、四輪駆動車誌編集部を経て独立し、多ジャンルの雑誌・書…