ホンダ(HRC)が、Red Bull Powertrains(レッドブル・パワートレインズ)へのF1パワーユニット支援活動を2025シーズンまで延長!

ホンダ・レーシング(HRC)は、2023年シーズンから2025年シーズンまで、Red Bull Powertrains(レッドブル・パワートレインズ)と、F1用パワーユニットに関する支援について合意し、2025年シーズンまで支援体制を継続することを発表。「ホンダとしてのF1参戦」は終了したが、パワーユニットのサポートという形で、2025年までF1の現場に携わることが決定した。
二輪、スーパーGT、F1のパワートレーン支援他、ホンダのさまざまなモータースポーツを統括する新生HRC。

PUサポート業務の延長を発表!

ホンダ・レーシング(以下HRC)は、Red Bull Powertrains(レッドブル・パワートレインズ、以下RBPT)と、2023年シーズンから2025年シーズンまで、FIA フォーミュラ・ワン世界選手権(以下、F1)参戦用パワーユニットに関する支援について合意し、現状の支援体制を2025年シーズンまで継続することを発表した。

HRCは、レッドブル・グループの要請に基づき、RBPTに対して、2022年シーズンのF1パワーユニットに関する技術的支援を行っており、現在、Scuderia AlphaTauri(スクーデリア・アルファタウリ)とOracle Red Bull Racing(オラクル・レッドブル・レーシング)はこのパワーユニットを搭載してマシンでF1に参戦中だ。翌年以降、2025年までの3シーズンについても、レッドブル・グループの支援要請があり、両社による協議・検討の上で、今回の合意に至った。

世界中のサーキットと専用のネットワーク回線で繋ぎ(国際映像以上に高速)、リアルタイムで走行データを監視し、レース現場とその戦略をコントロールし合う「Saku Mission Room」。

ホンダとしてのF1参戦活動は2021年シーズンで終了し、F1パワーユニットの開発に投じていたリソースは、将来のカーボンニュートラル実現に向けた活動にすでにシフトしているが、上記の支援内容に、パワーユニットの開発が伴わないことから、現在のHRCのリソースでの対応が可能だと判断したという。

第13戦、ハンガリーグランプリ終了時点でマックス・フェルスタッペンがドライバーズランキングトップ、オラクル・レッドブル・レーシングがコンストラクターズトップを快走していることもあり、2023年以降も、HRCが支援するレッドブル・レーシングの活躍に大いに期待が掛かる。

ホンダ・レーシング(HRC)渡辺康治代表取締役社長のコメント

本田技研工業 執行職 コーポレートコミュニケーション統括部長 兼 ホンダ・レーシング(HRC)代表取締役社長 渡辺康治氏

「今回、レッドブル・グループから支援延長の要請を受けて2025年シーズンまでRBPTに対してHRCを通じてF1パワートレーンに関する技術的な支援を継続することになりました。現行のレギュレーション下では2025年シーズンまでのPUを開発するためのリソースは不要ですので、現在のHRCの体制でもそのリクエストに応えられると判断しました。四輪モータースポーツの世界最高峰カテゴリーにおけるレッドブル・グループのチャレンジをサポートするこの機会を通じて、HRCの人と技術を一層磨き上げて参ります」


発表メディアブリーフィングでは、実際にスーパーGT車両開発に使われている実車風洞、ドライビングシミュレーターなどもお披露目された。

ムービングベルトによる1/1実車風洞。ベルトはステンレス製で厚さは1mmある。写真の「オープンジェット」使用時で、最大200km/hまで再現できる。
コントロールルームから見た風洞エリア。「アダプティブウオール」に仕様を変更すると、288km/hの高速テストが可能だ。
実車風洞の場合、風を送る部分は超巨大な扇風機といったボリュームだ。
ドライビングシミュレーターは、シビック タイプRなど、一部市販車開発サポートにも使用されている。

著者プロフィール

MotorFan編集部 近影

MotorFan編集部