「MAZDA 3」と「CX-30」が一部商品改良。予約受け付けを開始

MAZDA3 FASTBACK 20S Proactive Touring Selection(2WD車)
マツダは、コンパクトカー「MAZDA3」およびクロスオーバーSUV「MAZDA CX-30」を一部商品改良し、全国のマツダの販売店を通じて8月4日より予約受付を開始した。発売は「MAZDA3」が9月下旬以降、「CX-30」は8月下旬以降を予定している。

今回の商品改良では、直噴ガソリンエンジン「SKYACTIV-G 2.0」が「e-SKYACTIV G 2.0」に変更されている。独自のマイルドハイブリッドシステム「M ハイブリッド」を組み合わせた「e-SKYACTIV G 2.0」は、減速エネルギー回生の活用による環境性能の向上だけでなく、モーターによるエンジンアシストで、始動、発進時により静かで上質な加速を実現。電動化技術により環境性能とドライビングフィールをさらにグレードアップしている。

また、機種体系の見直しがなされている。上級グレードを「Proactive Touring Selection(プロアクティブ・ツーリング・セレクション)」に集約し、上級インテリア加飾や装備を取り入れることで内装質感をさらに向上。また多彩な本革内装がオプション設定され、好みによってバリエーションを選択することができる。

「MAZDA 3」 「CX-30」の商品改良の概要

MAZDA CX-30 XD
Proactive Touring Selection(2WD車)

(1)マイルドハイブリッドシステム「M ハイブリッド」を組み合わせた「e-SKYACTIV G 2.0」搭載車を設定

・直噴ガソリンエンジン「SKYACTIV-G 2.0」を「e-SKYACTIV G 2.0」に変更。

・これによってパワートレインのラインアップが、「MAZDA3」は「SKYACTIV-G 1.5」、「e-SKYACTIV G 2.0」、「SKYACTIV-D 1.8」、「e-SKYACTIV X」の4つ、「CX-30」は「e-SKYACTIV G 2.0」、「SKYACTIV-D 1.8」、「e-SKYACTIV X」の3つとなった。

・独自のマイルドハイブリッドシステム「M ハイブリッド」を組み合わせた「e-SKYACTIV G 2.0」は減速エネルギーを回生して電力として活用するほか、発進時のモーターによるアシストなどによって、環境性能と走りの質向上を両立。現行モデル対比WLTCモード燃料消費率(国土交通省審査値)を約0.6km/L改善。

・始動や発進時にモーターがエンジンをアシストすることで、音や振動を低減。乗り心地や運転操作の質を高め、ドライビングフィールを進化させている。

(2)機種体系の見直し

・「e-SKYACTIV G 2.0」、「SKYACTIV-D 1.8」搭載車の上級グレードを「Proactive Touring Selection」に集約し、上級インテリア加飾や自動防眩ルームミラー(フレームレス)を採用。内装の質感をさらに向上させている。

・「Proactive Touring Selection」に本革内装をメーカーオプション設定。「MAZDA3」ではバーガンディレザーパッケージ、ブラックレザーパッケージの2種類、「CX-30」ではホワイトレザーパッケージ、ブラックレザーパッケージの2種類をラインナップ。

■メーカー希望小売価格帯(消費税込み)
MAZDA 3:228万円~384万円
CX-30:245万円~391万円

著者プロフィール

MotorFan編集部 近影

MotorFan編集部