マツダがコネクティッドサービスの「安心・安全」機能の無料期間を10年間に延長! 「快適・楽しむ」機能は新サービスを導入

マツダは6月30日、好評中のコネクティッドサービス全体の料金体系を見直し、「安心・安全」に関わる機能は無料期間を3年間から10年間に延長するとともに、「快適・楽しむ」に関わる機能も気軽に利用いただけるよう新プランを導入すると発表した。

現在マツダのコネクティッドサービスを利用中で、当初の無料期間(初度登録から3年間)を経過した方も、「安心・安全」に関わる機能は初度登録後10年間、引き続き無料で利用可能

マツダでは、商品・技術だけでなくサービスにおいても「お客さまの人生が輝く」ことを目的にサービス商品開発を行っており、コネクティッドサービスについても2019年9月より「安心・安全」「快適・楽しむ」のふたつの機能群を軸にサービスを開始している。現在では対象車種の新車販売のうち約90%の方が契約しており、既にコネクティッドサービスを利用している方からは、「事故や故障などの非常時に適切なサポートをしてもらえた」「MyMazdaアプリからの情報提供が有益だった」「次に乗る車もコネクティッドサービスがなければダメだ!」など、高い評価を得ている。マツダでは、このようなユーザーの声やコネクティッドサービスにより得られたデータを、さらなる品質の向上や、乗っているクルマへの入庫時アドバイス、ソフトウェアアップデートの段階的な導入など、保有体験の質の向上にも活かしていく予定だ。

なおこのサービスは、より多くのマツダユーザーに、さらに安心・安全なカーライフを送ってもらうために、対象車種を新規に購入した方のほか、既に対象車種に乗っている方も加入できる。このたびの発表でマツダは、ユーザーが長きにわたり高い安心感をもってカーライフを愉しめるよう、「安心・安全」に関わる機能を初度登録後10年間無料とすることにした。コネクティッドサービスを活用することで、急病や車両故障など、いざという時にはオペレーターが救急や警察、販売会社と連携してサポート。また、現在コネクティッドサービスを利用しており、当初の無料期間(初度登録から3年間)を経過した方も、「安心・安全」に関わる機能は初度登録後10年間、引き続き無料で利用できる。あわせて「快適・楽しむ」機能は、無料期間を終了した後も、ユーザーの使い方に応じて、必要なプラン(有料)を必要なときに利用できる。

マツダ・コネクティッドサービス新プランの概要

【「安心・安全」機能 (初度登録後10年間無料)】
・マツダエマージェンシーコール:重大事故や急病など万一の場合、車載通信機から緊急通報と位置情報を発信し、オペレーターがユーザーに代わって救急・警察などを手配する。
・マツダアドバイスコール:重大な故障が発生した場合もオペレーターがサポートし、ロードサービスや修理の手配・相談ができる。
・コンディションモニター:「MyMazda」アプリでメンテナンス情報などを確認できる。
・バッテリーケア(EV&PHEV専用):バッテリーに優しい使い方を「MyMazda」アプリへの通知や入庫の際の待ち時間を活用し、アドバイスする。
・バーグラアラーム通知:車両に対して不審な動きを感知し、バーグラアラームが作動すると、作動要因とともに「MyMazda」アプリへお知らせが通知される。

これらの「安心・安全」機能により、例えば警告灯が点灯し不安になった時も、「MyMazda」アプリで情報を得ることができ、販売会社に相談もできます。いざという時もユーザーの不安軽減をサポートする。また今年9月に発売予定の新型SUV「CX-60」向けには、ドライバー異常時対応システムとの連携機能が追加され、ドライバーが意識を失うような緊急事態の時に自動で緊急通報「マツダエマージェンシーコール」を行えるようになる。

【「快適・楽しむ」機能 (初度登録後4年間無料、4年目からは『コンフォートプラン』として有償提供)】
・目的地送信:目的地をスマートフォン経由で車両に送信することができる。
・カーファインダー:「MyMazda」アプリを使用することで、クルマの駐車位置を確認できる。
・リモートモニター:「MyMazda」アプリで燃料残量や走行距離などクルマの状態を確認できる。
・リモートコントロール:「MyMazda」アプリで離れた場所から、ハザードランプの消灯やドアロックができる。
・うっかり通知:ドアロック忘れなどが起こっても「MyMazda」アプリに通知が届く。
・EVサポート(EV&PHEV専用):離れたところから、エアコンのON/OFF操作が可能なリモートエアコンや、充電残量を「MyMazda」アプリで確認できるリモートモニター等、EV専用の機能が利用可能。

例えば事前に調べておいたドライブの目的地を自宅に居ながらマツダの専用カーナビゲーションシステム(マツダコネクトの一機能)に設定「目的地送信」することができ、ドライブ当日はスムーズに出発することができるようになる。また、クルマを駐車した場所を思い出せないときには、「MyMazda」アプリを通じて駐車位置を確認「カーファインダー」することができる。

【「CX-60」向け機能】
・マツダマイカーケア:車両へのいたずらや盗難が発生した時に、警備会社からガードマンを派遣、車両の状態確認・監視を行う。
・ドライバーケア:任意でクルマの速度や運転時間、走行エリアを「MyMazda」アプリに設定しておくことで、設定した条件になると「MyMazda」アプリにアラートを届けることができる。
・リモートエンジンスタート(※):クルマの空調システムと連携し、走行開始時の視界確保および快適な車内温度の確保に貢献する。
※PHEVの設定はないが、EVサポート(初度登録後3年無料)の「リモートエアコン」が同等の機能となっている。4年目以降はコンフォートプランとして提供される。


マツダマイカーケアおよびドライバーケアは月額330円(税込)で、CX-60向けの「見守りプラン」として提供。リモートエンジンスタートは月額220円(税込)で、必要なときに必要な期間だけ利用できる。例えば、ドライバーケアを利用することで、家族のクルマが外出先から自宅近くに戻ってきていることを把握できるようになる。クルマでの帰宅に合わせて、夕食を準備・家族団らんが愉しめるというわけだ。

●対象車種
コネクティッドサービスが利用できる以下車種すべて
・MAZDA3(2.0ℓガソリンエンジン&SKYACTIV-Xおよびディーゼルエンジン搭載車 ※2019年5月発売)
・CX-30(全車 ※2019年10月発売)
・MX-30(全車 ※2020年10月発売)
・CX-5(2020年12月の商品改良以降の全車)
・CX-8(2020年12月の商品改良以降の全車)
・CX-60(2022年9月発売予定)

●マツダ公式サイト「コネクティッドサービス」

著者プロフィール

MotorFan編集部 近影

MotorFan編集部